作例メニューへ戻る

レンズテスト
右側の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。

→ レンズテスト【レンズ別分類へ】
Go to in order of lens

ここに掲載してあります画像は全てテスト済みの三脚を使用しミラーアップの後、リモート
コントロールあるいはケーブルレリーズを使ってシャッターを切っています。

画像はすべて TIFF で出力した後に繋ぎ合わせてありますので JPEG による再圧縮は掛
かっておりません。

ただ、レンズの性能には個体差もあり、オートフォーカスで撮影しておりますので、一部の
レンズでは、本来の性能が出ていない場合もありますので、あくまでも参考としてください。

なお、2005年4月以降はオートフォーカスではなく、2.5倍の拡大率を持つアングルファイン
ダーを使用してのマニュアルフォーカスで撮影したものとオートフォーカスで撮影したもの
の中から最良のものを選択しています。

All picture of this page is taken with reliable tripod, and shutter released by remote
controler or cable release after mirror lock up, except the test of OS.

All connected images are exported by TIFF on the beginning, not recompressed by JPEG.

However the lenses have individual differences, and all picture by SIGMA lens is taken
by Auto-Focus. So that, some lenses do not show you the best. These are just references.

After April of 2005, pictures are taken with magnified manual focus too.

カメラ、レンズ等のレビュー Photo Zone

最新のアップロード (New Upload)
30mm 未満 (shorter than 30mm)
30mm 〜 60mm (between 30mm and 60mm)
70mm 〜 110mm (between 70mm and 110mm)
120mm 〜 200mm (between 120mm and 200mm)
210mm 以上 (longer than 210mm)
その他のテスト (other)

最新のアップロード (New Upload)

2013
June-9
space

SD1画像 No.886 Σ SD1画像 No.886

 『17-70mm C 70mm f:7.1』  6,570,962

SD1 による SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary の 70mm f:7.1 です。ほぼ完璧です。 撮影日:2013/04/14
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -0.5、色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5

space space

2013
June-9
space

SD1画像 No.885 Σ SD1画像 No.885

 『17-70mm C 70mm f:4.0』  6,284,633

SD1 による SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary の 70mm f:4.0 絞り開放です。やはり周辺部にわずかな甘さがありますが、イヤな甘さではありません。非常に良い描写で、完璧一歩手前と言えます。 撮影日:2013/04/14
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -0.5、色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5

space space

2013
June-9
space

SD1画像 No.884 Σ SD1画像 No.884

 『17-70mm C 50mm f:6.3』  7,149,702

SD1 による SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary の 50mm f:6.3 です。ほぼ完璧。 撮影日:2013/04/14
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -0.5、色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5

space space

2013
June-9
space

SD1画像 No.883 Σ SD1画像 No.883

 『17-70mm C 50mm f:4.0』  6,753,487

SD1 による SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary の 50mm f:4.0 絞り開放です。周辺部にごくわずかな甘さがありますが、気になるレベルではありません。非常に良い描写で、完璧一歩手前です。 撮影日:2013/04/14
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -0.5、色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5

space space

2013
June-9
space

SD1画像 No.882 Σ SD1画像 No.882

 『17-70mm C 30mm f:6.3』  6,753,487

SD1 による SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary の 30mm f:6.3 です。周辺にごくわずかな甘さがありますが、不快な甘さではありません。実用上は全く問題なし。 撮影日:2013/04/14
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -0.5、色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5

space space

2013
June-9
space

SD1画像 No.881 Σ SD1画像 No.881

 『17-70mm C 30mm f:3.5』  5,946,260

SD1 による SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary の 30mm f:3.5 絞り開放です。周辺部に柔らかい甘さがありますが、像の乱れは少なくとても良い描写です。実用的には十分で全く問題ありません。 撮影日:2013/04/14
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -0.5、色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5

space space

2013
June-9
space

SD1画像 No.880 Σ SD1画像 No.880

 『17-70mm C 19mm f:5.6』  7,301,359

SD1 による SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary の 19mm f:5.6 です。非常に良い描写。ほとんど問題がないと言って良いでしょう。 撮影日:2013/04/14
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -0.5、色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5

space space

2013
June-9
space

SD1画像 No.879 Σ SD1画像 No.879

 『17-70mm C 19mm f:2.8』  6,633,058

SD1 による SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary の 19mm f:2.8 です。17mm ほど四隅は甘くなく、意外と良くて、少し驚きました。A4 サイズでも気になるほど甘くはなりません。中心部も十分に良い描写をしています。実用的には十分です。 撮影日:2013/04/14
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -0.5、色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5

space space

2013
June-9
space

SD1画像 No.878 Σ SD1画像 No.878

 『17-70mm C 17mm f:5.6』  6,925,899

SD1 による SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary の 17mm f:5.6 です。四隅の描写は大分良くなります。が、まだわずかに甘い感じ。A4 サイズ以下であれば、全く問題ない描写でしょう。 撮影日:2013/04/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -0.5、色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5

space space

2013
June-9
space

SD1画像 No.877 Σ SD1画像 No.877

 『17-70mm C 17mm f:2.8』  6,864,888

SD1 による SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM Contemporary の 17mm f:2.8 です。中心部は絞り開放でも十分に良い描写をしています。が、最周辺部は A4 サイズでも多少の甘さが確認できます。悪くはありませんが特別良くもないと言った印象。 撮影日:2013/04/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -0.5、色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.5

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.788 Σ SD1画像 No.788

 『35mm F1.4 @f:4.0 歪曲』  7,082,435

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:4.0 です。歪曲のテストです。
絞り優先AE、AF、WB「日陰」。SPP 5.4.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0,0,0。

space space

2012
Nov.-24
space

DP2 Merrill 画像 No.158 Σ DP2 Merrill画像 No.158

 『DP2 Merrill @f:5.6』  6,472,527

DP2 Merrill の f:5.6 です。SIGMA 35mm F1.4 DG HSM との比較用に撮りました。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

DP2 Merrill 画像 No.157 Σ DP2 Merrill画像 No.157

 『DP2 Merrill @f:2.8』  6,150,722

DP2 Merrill の f:2.8 です。SIGMA 35mm F1.4 DG HSM との比較用に撮りました。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.787 Σ SD1画像 No.787

 『35mm F1.4 @f:16.0』  5,093,202

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:16.0 です。回折の影響でモケモケです。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.786 Σ SD1画像 No.786

 『35mm F1.4 @f:11.0』  5,918,961

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:11.0 です。回折の影響が見えます。が、全体的には良い描写。実用上は十分。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.785 Σ SD1画像 No.785

 『35mm F1.4 @f:8.0』  6,534,784

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:8.0 です。ごくわずかな回折の影響が見えますが、比較しないとわからない程度。非常に良い描写です。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.784 Σ SD1画像 No.784

 『35mm F1.4 @f:5.6』  6,804,232

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:5.6 です。非常に良い描写です。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.783 Σ SD1画像 No.783

 『35mm F1.4 @f:4.0』  6,584,448

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:4.0 です。かなり良い描写です。四隅もギリギリで許容範囲。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.782 Σ SD1画像 No.782

 『35mm F1.4 @f:2.8』  6,246,412

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:2.8 です。良い描写です。四隅だけがあと一息。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.781 Σ SD1画像 No.781

 『35mm F1.4 @f:2.0』  5,947,700

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:2.0 です。絞り開放よりは良くなっています。が、周辺部はあと一息。実用上は十分。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.780 Σ SD1画像 No.780

 『35mm F1.4 @f:1.4』  5,530,098

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の絞り開放です。中心部は非常に良く解像しています。が、周辺部は少し甘い感じ。実用上は十分。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

DP2 Merrill 画像 No.156 Σ DP2 Merrill画像 No.156

 『DP2 Merrill @f:5.6』  6,472,527

DP2 Merrill の f:5.6 です。SIGMA 35mm F1.4 DG HSM との比較用に撮りました。
絞り優先AE、AF、WB「曇り」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

DP2 Merrill 画像 No.155 Σ DP2 Merrill画像 No.155

 『DP2 Merrill @f:2.8』  6,150,722

DP2 Merrill の f:2.8 です。SIGMA 35mm F1.4 DG HSM との比較用に撮りました。
絞り優先AE、AF、WB「曇り」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.779 Σ SD1画像 No.779

 『35mm F1.4 @f:16.0』  5,093,202

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:16.0 です。回折の影響でモケモケです。
絞り優先AE、AF、WB「曇り」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.778 Σ SD1画像 No.778

 『35mm F1.4 @f:11.0』  5,918,961

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:11.0 です。回折の影響が見えます。が、全体的には良い描写。実用上は十分。
絞り優先AE、AF、WB「曇り」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.777 Σ SD1画像 No.777

 『35mm F1.4 @f:8.0』  6,534,784

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:8.0 です。ごくわずかな回折の影響が見えますが、比較しないとわからない程度。非常に良い描写です。
絞り優先AE、AF、WB「曇り」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.776 Σ SD1画像 No.776

 『35mm F1.4 @f:5.6』  6,804,232

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:5.6 です。非常に良い描写です。
絞り優先AE、AF、WB「曇り」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.775 Σ SD1画像 No.775

 『35mm F1.4 @f:4.0』  6,584,448

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:4.0 です。かなり良い描写です。四隅もギリギリで許容範囲。
絞り優先AE、AF、WB「曇り」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.774 Σ SD1画像 No.774

 『35mm F1.4 @f:2.8』  6,246,412

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:2.8 です。良い描写です。四隅だけがあと一息。
絞り優先AE、AF、WB「曇り」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.773 Σ SD1画像 No.773

 『35mm F1.4 @f:2.0』  5,947,700

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の f:2.0 です。絞り開放よりは良くなっています。が、周辺部はあと一息。実用上は十分。
絞り優先AE、AF、WB「曇り」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space

2012
Nov.-24
space

SD1画像 No.772 Σ SD1画像 No.772

 『35mm F1.4 @f:1.4』  5,530,098

SD1 による SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の絞り開放です。中心部は非常に良く解像しています。が、周辺部は少し甘い感じ。実用上は十分。
絞り優先AE、AF、WB「曇り」。SPP 5.4.1 シャープネス -0.5、ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5。

space space


30mm 未満 (shorter than 30mm)

2012
August-12
space

SD1画像 No.661 Σ SD1画像 No.661

 『18-250mm macro @18mm f:8.0』  6,628,962

SD1 による SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM の 18mm f:8.0 です。高倍率ズームレンズの広角端ですので、例によって樽型の歪曲が確認できます。倍率色収差のせいで、周辺部はかなり甘い描写です。SPP で色収差を修正すれば、もう少し良くなるでしょう。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.3.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0.5,0.5。

space space

2012
August-12
space

SD1画像 No.660 Σ SD1画像 No.660

 『18-250mm macro @18mm f:3.5』  6,029,052

SD1 による SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM の 18mm f:3.5 です。高倍率ズームレンズの広角端、絞り開放ですので良いはずがありません。が、中心部だけは良い描写をしています。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.3.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0.5,0.5。

space space

2012
June-27
space

SD1画像 No.639 Σ SD1画像 No.639

 『10-20mm F4-5.6 @15mm f:8.0』  8,513,636

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 15mm f:8.0 で 8-16mm DC HSM との比較が目的で撮りました。四隅が少し甘いのですが、実用的には十分です。倍率色収差は 8-16mm より少な目。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.2.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-27
space

SD1画像 No.638 Σ SD1画像 No.638

 『10-20mm F4-5.6 @15mm f:5.0』  9,307,801

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 15mm f:5.0 絞り開放で SIGMA 8-16mm DC HSM との比較が目的で撮りました。周辺部がやや甘い描写ですが、絞り開放としてはギリギリで許容範囲でしょう。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.2.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-27
space

SD1画像 No.637 Σ SD1画像 No.637

 『10-20mm F4-5.6 @11mm f:8.0』  8,664,215

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 11mm f:8.0 で 8-16mm DC HSM との比較が目的で撮りました。全体的にやや甘く、特に周辺部は許容範囲外。倍率色収差は 8-16mm より少な目。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.2.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-27
space

SD1画像 No.636 Σ SD1画像 No.636

 『10-20mm F4-5.6 @11mm f:4.5』  6,704,428

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 11mm f:4.5 絞り開放で SIGMA 8-16mm DC HSM との比較が目的で撮りました。中心だけはまぁまぁの描写ですが、周辺部が甘すぎて、許容範囲外です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.2.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-27
space

SD1画像 No.635 Σ SD1画像 No.635

 『8-16mm @16mm f:8.0』  9,055,416

SD1 による SIGMA 8-16mm DC HSM @16mm f:8.0。完璧の一歩手前、非常に良い描写です。四隅のわずかな倍率色収差が惜しい。SPP 5.3.1 が待ち遠しいレンズです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.2.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-27
space

SD1画像 No.634 Σ SD1画像 No.634

 『8-16mm @16mm f:5.6』  6,865,057

SD1 による SIGMA 8-16mm DC HSM @16mm f:5.6 絞り開放です。絞り開放にしてはかなり良いと言えます。左上の倍率色収差が気になります。SPP 5.3.1 が待ち遠しいレンズです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.2.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-27
space

SD1画像 No.633 Σ SD1画像 No.633

 『8-16mm @12mm f:8.0』  9,190,639

SD1 による SIGMA 8-16mm DC HSM @12mm f:8.0。四隅が少し甘くて、周辺部には倍率色収差もありますが、実用的には十分に良い描写です。SPP 5.3.1 が待ち遠しいレンズです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.2.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-27
space

SD1画像 No.632 Σ SD1画像 No.632

 『8-16mm @12mm f:5.0』  6,843,567

SD1 による SIGMA 8-16mm DC HSM @12mm f:5.0 絞り開放です。全体に甘い感じ。ピントが甘かった可能性が有ります。周辺部に倍率色収差が目立ちます。SPP 5.3.1 が待ち遠しいレンズです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.2.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-27
space

SD1画像 No.631 Σ SD1画像 No.631

 『8-16mm @8mm f:8.0』  8,727,843

SD1 による SIGMA 8-16mm DC HSM @8mm f:8.0。全体的にはかなり良い描写です。周辺部も良いのですがやはり倍率色収差が目立ちます。SPP 5.3.1 が待ち遠しいレンズです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.2.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-27
space

SD1画像 No.630 Σ SD1画像 No.630

 『8-16mm @8mm f:4.5』  8,796,188

SD1 による SIGMA 8-16mm DC HSM @8mm f:4.5 絞り開放です。絞り開放にしてはかなり良い描写です。が、周辺部の描写は今ひとつ。倍率色収差が目立ちます。SPP 5.3.1 が待ち遠しいレンズです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.2.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-10
space

SD1画像 No.628 Σ SD1画像 No.628

 『4.5mm @f:9.0』  2,563,016

SD1 による SIGMA 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM @f:9.0 です。周辺部もかなり良くなりますが、最外周は像が流れ気味。倍率色収差が残っています。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-10
space

SD1画像 No.627 Σ SD1画像 No.627

 『4.5mm f:2.8』  2,861,933

SD1 による SIGMA 4.5mm F2.8 EX DC CIRCULAR FISHEYE HSM @f:2.8 絞り開放です。中心部はかなり良いのですが周辺部は甘い描写。色収差が目立ちます。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.259 Σ SD15画像 No.259

 『COSINA 24mm @f:8.0』  3,108,005

SD15 で COSINA 24mm F2.8 の f:8.0 です。やはり、ここまで絞ると色収差が見えてきます。悪くはありません。 撮影日:2011/11/27
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.258 Σ SD15画像 No.258

 『COSINA 24mm @f:5.6』  3,099,180

SD15 で COSINA 24mm F2.8 の f:5.6 です。倍率色収差のせいで絞っても周辺部の甘さが取れません。が、ギリギリの許容範囲。 撮影日:2011/11/27
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.257 Σ SD15画像 No.257

 『COSINA 24mm @f:2.8』  2,539,050

SD15 で COSINA 24mm F2.8 の f:2.8 絞り開放です。周辺部に甘さはありますが、ギリギリで許容範囲でしょう。 撮影日:2011/11/27
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.256 Σ SD15画像 No.256

 『Ai Nikkor 28mm @f:8.0』  3,038,346

SD15 で Ai Nikkor 28mm F2.8 の f:8.0 です。ごくわずかな色収差が惜しい感じですが、十分に許容範囲でしょう。 撮影日:2011/11/27
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.255 Σ SD15画像 No.255

 『Ai Nikkor 28mm @f:5.6』  3,034,314

SD15 で Ai Nikkor 28mm F2.8 の f:5.6 です。実用上は十分。許容範囲です。 撮影日:2011/11/27
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.254 Σ SD15画像 No.254

 『Ai Nikkor 28mm @f:2.8』  2,592,587

SD15 で Ai Nikkor 28mm F2.8 の f:2.8 絞り開放です。周辺に甘さを感じますが、ギリギリで許容範囲。 撮影日:2011/11/27
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.416 Σ SD1画像 No.416

 『COSINA 24mm @f:11.0』  4,915,875

SD1 で COSINA 24mm F2.8 の f:11.0 です。全体的にイマイチ。ダメと言えるほどダメではありませんが、良いとも言えません。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.415 Σ SD1画像 No.415

 『COSINA 24mm @f:8.0』  5,057,969

SD1 で COSINA 24mm F2.8 の f:8.0 です。やはり、色収差のせいで周辺部の描写は良くなりません。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.414 Σ SD1画像 No.414

 『COSINA 24mm @f:5.6』  4,838,452

SD1 で COSINA 24mm F2.8 の f:5.6 です。良い範囲は広がりましたが、周辺部の色収差が目立ってきました。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.413 Σ SD1画像 No.413

 『COSINA 24mm @f:4.0』  4,715,343

SD1 で COSINA 24mm F2.8 の f:4.0 です。絞り開放よりは少し良いですが、許容範囲外です。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.412 Σ SD1画像 No.412

 『COSINA 24mm @f:2.8』  4,212,452

SD1 で COSINA 24mm F2.8 の f:2.8 絞り開放です。中心部はまぁまぁ。周辺部はかなり甘い描写。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.411 Σ SD1画像 No.411

 『Ai Nikkor 28mm @f:11.0』  5,079,897

SD1 で Ai Nikkor 28mm F2.8 の f:11.0 です。やはり、色収差が周辺部の画質を落としています。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.410 Σ SD1画像 No.410

 『Ai Nikkor 28mm @f:8.0』  5,638,178

SD1 で Ai Nikkor 28mm F2.8 の f:8.0 です。色収差が周辺部の画質を落としています。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.409 Σ SD1画像 No.409

 『17-50 vs Nikkor 28mm @f:5.6』  5,943,814

SD1 で SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 28mm を 下の Ai Nikkor 28mm F2.8 と比較するために f:5.6 で撮影しました。わずか5分の時間差ですが、日当たりがかなり違ってしまいました。 撮影日:2011/11/20
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.408 Σ SD1画像 No.408

 『Ai Nikkor 28mm @f:5.6』  5,554,777

SD1 で Ai Nikkor 28mm F2.8 の f:5.6 です。悪くはありませんが、周辺部の描写が今ひとつ。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.407 Σ SD1画像 No.407

 『Ai Nikkor 28mm @f:4.0』  5,240,473

SD1 で Ai Nikkor 28mm F2.8 の f:4.0 です。あまり改善されません。色収差も見えます。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.406 Σ SD1画像 No.406

 『Ai Nikkor 28mm @f:2.8』  4,813,494

SD1 で Ai Nikkor 28mm F2.8 の f:2.8 絞り開放です。中心部は良いのですが、周辺部はかなり甘い描写。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.245 Σ SD15画像 No.245

 『PC Nikkor 28mm @f:11.0』  2,626,206

SD15 で PC Nikkor 28mm F3.5 の f:11.0 です。これもギリギリの許容範囲。 撮影日:2011/10/22
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.244 Σ SD15画像 No.244

 『PC Nikkor 28mm @f:8.0』  2,785,211

SD15 で PC Nikkor 28mm F3.5 の f:8.0 です。ギリギリで許容範囲でしょうか。 撮影日:2011/10/22
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.243 Σ SD15画像 No.243

 『PC Nikkor 28mm @f:5.6』  2,748,103

SD15 で PC Nikkor 28mm F3.5 の f:5.6 です。何となく、イマイチ。 撮影日:2011/10/22
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.242 Σ SD15画像 No.242

 『PC Nikkor 28mm @f:4.0』  2,519,500

SD15 で PC Nikkor 28mm F3.5 の f:4.0 です。周辺部の描写が足りません。 撮影日:2011/10/22
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.241 Σ SD15画像 No.241

 『PC Nikkor 28mm @f:3.5』  2,389,954

SD15 で PC Nikkor 28mm F3.5 の f:3.5 絞り開放です。悪いと言うほどではありませんが、良くもありません。 撮影日:2011/10/22
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.395 Σ SD1画像 No.395

 『PC Nikkor 28mm @f:11.0』  4,983,910

SD1 で PC Nikkor 28mm F3.5 の f:11.0 です。シフトレンズなのに周辺部の描写がこれでは使えません。 撮影日:2011/10/22
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.394 Σ SD1画像 No.394

 『PC Nikkor 28mm @f:8.0』  5,933,015

SD1 で PC Nikkor 28mm F3.5 の f:8.0 です。シフトレンズなのに周辺部の描写がこれでは使えません。 撮影日:2011/10/22
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.393 Σ SD1画像 No.393

 『PC Nikkor 28mm @f:5.6』  5,627,708

SD1 で PC Nikkor 28mm F3.5 の f:5.6 です。シフトレンズなのに周辺部の描写がこれでは使えません。 撮影日:2011/10/22
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.392 Σ SD1画像 No.392

 『PC Nikkor 28mm @f:4.0』  5,176,250

SD1 で PC Nikkor 28mm F3.5 の f:4.0 です。下に同じ。 撮影日:2011/10/22
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.391 Σ SD1画像 No.391

 『PC Nikkor 28mm @f:3.5』  5,086,390

SD1 で PC Nikkor 28mm F3.5 の f:3.5 絞り開放です。真ん中だけはピントが来ています。 撮影日:2011/10/22
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.240 Σ SD15画像 No.240

 『Ai Nikkor 20mm @f:11.0』  3,334,028

SD15 で Ai Nikkor 20mm F3.5 の f:11.0 です。Nikkor にあるまじき描写。個体差でしょうか? 撮影日:2011/10/21
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.239 Σ SD15画像 No.239

 『Ai Nikkor 20mm @f:8.0』  3,335,005

SD15 で Ai Nikkor 20mm F3.5 の f:8.0 です。やはり周辺部はダメです。 撮影日:2011/10/21
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.238 Σ SD15画像 No.238

 『Ai Nikkor 20mm @f:5.6』  3,212,980

SD15 で Ai Nikkor 20mm F3.5 の f:5.6 です。何とか見られる状態ですが、四隅はモケモケ。 撮影日:2011/10/21
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.237 Σ SD15画像 No.237

 『Ai Nikkor 20mm @f:4.0』  2,799,249

SD15 で Ai Nikkor 20mm F3.5 の f:4.0 です。真ん中以外はイマイチ。 撮影日:2011/10/21
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.236 Σ SD15画像 No.236

 『Ai Nikkor 20mm @f:2.8』  2,670,782

SD15 で Ai Nikkor 20mm F3.5 の f:3.5 絞り開放です。中心部のみ使えます。 撮影日:2011/10/21
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.390 Σ SD1画像 No.390

 『Ai Nikkor 20mm @f:11.0』  6,070,778

SD1 で Ai Nikkor 20mm F3.5 の f:11.0 です。ここまで絞っても周辺部はモケモケ。 撮影日:2011/10/21
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.389 Σ SD1画像 No.389

 『Ai Nikkor 20mm @f:8.0』  6,013,816

SD1 で Ai Nikkor 20mm F3.5 の f:8.0 です。真ん中は非常に良い描写ですが、それ以外はダメです。 撮影日:2011/10/21
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.388 Σ SD1画像 No.388

 『Ai Nikkor 20mm @f:5.6』  5,698,847

SD1 で Ai Nikkor 20mm F3.5 の f:5.6 です。中心部のみ、何とかピントが来ています。 撮影日:2011/10/21
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.387 Σ SD1画像 No.387

 『Ai Nikkor 20mm @f:4.0』  5,015,590

SD1 で Ai Nikkor 20mm F3.5 の f:4.0 です。絞り解放とあまり変わりません。 撮影日:2011/10/21
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.386 Σ SD1画像 No.386

 『Ai Nikkor 20mm @f:3.5』  4,971,124

SD1 で Ai Nikkor 20mm F3.5 の f:3.5 絞り開放です。どこにもピントが無い状態。 撮影日:2011/10/21
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.235 Σ SD15画像 No.235

 『18-200mm II OS @24mm f:8.0』  5,813.901

SD15 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 24mm f:8.0 です。かなり良い描写。周辺部にわずかな色収差。許容範囲。 撮影日:2011/11/27
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.234 Σ SD15画像 No.234

 『18-200mm II OS @24mm f:4.0』  2,665,397

SD15 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 24mm f:4.0 絞り開放です。中心付近は良いのですが周辺部がイマイチ。ギリギリで許容範囲外。 撮影日:2011/11/27
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.233 Σ SD15画像 No.233

 『18-200mm II OS @18mm f:5.6』  3,064,416

SD15 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 18mm f:8.0 です。周辺部にわずかな流れと色収差。これもギリギリで許容範囲。 撮影日:2011/11/27
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.232 Σ SD15画像 No.232

 『18-200mm II OS @18mm f:3.5』  2,966,149

SD15 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 18mm f:3.5 絞り開放です。周辺部の描写はイマイチ。色収差も見えます。ギリギリで許容範囲外。 撮影日:2011/11/27
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.231 Σ SD15画像 No.231

 『24mm f:11.0』  2,291,182

SD15 による SIGMA APO MACRO 24mm F1.8 EX DG HSM の f11.0 です。SD15 でも f:11.0 になると回折の影響が少し見られます。 撮影日:2011/10/26
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.230 Σ SD15画像 No.230

 『24mm f:8.0』  3,252,312

SD15 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:8.0 です。許容範囲。周辺部の色収差がチョット気になります。 撮影日:2011/10/26
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

DP2x画像 No. Σ DP2x画像 No.17

 『DP2x f:5.6』  2,859,725

下にある SD15 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:5.6 と比較するために撮影した DP2x の f:5.6です。十分に良い描写です。色収差が少ないのでファイルサイズは 24mm のものより小さくなります。 撮影日:2011/10/26
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.229 Σ SD15画像 No.229

 『24mm f:5.6』  3,270,356

SD15 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:5.6 です。かなり良くなりました。許容範囲。周辺部の描写があと一息か。 撮影日:2011/10/26
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.228 Σ SD15画像 No.228

 『24mm f:4.0』  3,131,708

SD15 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:4.0 です。かなり良くなって来ましたが、周辺部はまだ甘い状態。 撮影日:2011/10/26
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.227 Σ SD15画像 No.227

 『24mm f:2.8』  2,086,503

SD15 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:2.8 です。周辺部が甘過ぎです。。 撮影日:2011/10/26
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.226 Σ SD15画像 No.226

 『24mm f:2.0』  1,731,206

SD15 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:2.0 です。絞り開放とほぼ同じです。 撮影日:2011/10/26
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.225 Σ SD15画像 No.225

 『24mm f:1.8』  1,673,798

SD15 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:1.8 絞り開放です。中心部以外は甘い描写。色収差もやや目立ちます。 撮影日:2011/10/26
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.224 Σ SD15画像 No.224

 『12-24mm II 24mm f:8.0』  3,088,524

SD15 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 24mm f:8.0 です。周辺部が少し甘いのですが、実用上は問題ないでしょう。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「日陰」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.223 Σ SD15画像 No.223

 『12-24mm II 18mm f:8.0』  3,214,624

SD15 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 18mm f:8.0 です。周辺部の描写にわずかな甘さを感じますが、問題はありません。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「日陰」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.222 Σ SD15画像 No.222

 『12-24mm II 12mm f:8.0』  3,419,310

SD15 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 12mm f:8.0 です。周辺部の描写にわずかな甘さを感じますが、十分に使えます。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「日陰」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-25
space

SD1画像 No.359 Σ SD1画像 No.359

 『18-200mm II OS @24mm f:8.0』  5,813.901

SD1 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 24mm f:8.0 です。かなり良い描写。色収差に目をつぶれば許容範囲。 撮影日:2011/11/17
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-25
space

SD1画像 No.358 Σ SD1画像 No.358

 『18-200mm II OS @24mm f:5.6』  5,222,289

SD1 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 24mm f:5.6 です。周辺部が少し良くなります。が、色収差が頂けないので許容範囲外。 撮影日:2011/11/17
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-25
space

SD1画像 No.357 Σ SD1画像 No.357

 『18-200mm II OS @24mm f:4.0』  5,200,956

SD1 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 24mm f:4.0 絞り開放です。良いのは中心部のみ。 撮影日:2011/11/17
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-25
space

SD1画像 No.356 Σ SD1画像 No.356

 『18-200mm II OS @18mm f:8.0』  6,056,613

SD1 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 18mm f:8.0 です。周辺部の流れは少し良くなりますが、色収差は余計に目立ちます。ごくわずかに回折の影響が見られます。SD1 用としてはあまりお薦めしたくはありません。 撮影日:2011/11/17
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-25
space

SD1画像 No.355 Σ SD1画像 No.355

 『18-200mm II OS @18mm f:5.6』  6,280,690

SD1 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 18mm f:5.6 です。周辺部の流れと色収差が目立ちます。高倍率ズームだから許容範囲と言ったら甘過ぎ?SD1 用としてはあまりお薦めしたくはありません。 撮影日:2011/11/17
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-25
space

SD1画像 No.354 Σ SD1画像 No.354

 『18-200mm II OS @18mm f:3.5』  5,732,592

SD1 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 18mm f:3.5 絞り開放です。周辺部の甘さが頂けません。ピーカンなので色収差が余計目立ちます。許容範囲外。 撮影日:2011/11/17
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-23
space

SD1画像 No.342 Σ SD1画像 No.342

 『24mm f:11.0』  6,080,594

SD1 による SIGMA APO MACRO 24mm F1.8 EX DG HSM の f11.0 です。色収差以外の収差は少なくなっていますが、ピクセル単位での解像はどこにもありません。実はこのレンズ、シグマにて調整したレンズです・・・。(^^; 撮影日:2011/10/25
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-23
space

SD1画像 No.341 Σ SD1画像 No.341

 『24mm f:8.0』  6,200,349

SD1 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:8.0 です。かろうじて見られる状態。色収差が大きすぎます。 撮影日:2011/10/25
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-23
space

SD1画像 No.340 Σ SD1画像 No.340

 『24mm f:5.6』  6,189,374

SD1 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:5.6 です。まだ許容範囲外です。ピントがどこにあるのか不明。あとは回折が増えます。 撮影日:2011/10/25
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-23
space

SD1画像 No.339 Σ SD1画像 No.339

 『24mm f:4.0』  5,947,366

SD1 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:4.0 です。f:2.8 と大きく変わりません。色収差のサンプル。 撮影日:2011/10/25
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-23
space

SD1画像 No.338 Σ SD1画像 No.338

 『24mm f:2.8』  5,597,436

SD1 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:2.8 です。中心部だけは何とか絵になってきました。が、色収差が出過ぎです。 撮影日:2011/10/25
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-23
space

SD1画像 No.337 Σ SD1画像 No.337

 『24mm f:2.0』  4,634,680

SD1 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:2.0 です。絞り開放とほぼ同じです。 撮影日:2011/10/25
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-23
space

SD1画像 No.336 Σ SD1画像 No.336

 『24mm f:1.8』  4,478,685

SD1 による SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO の f:1.8 絞り開放です。かなりのソフトフォーカス。芯も弱いです。色収差がいっぱい。SD1 のハロに変な色が着く傾向と混ざって凄いことになっています。 撮影日:2011/10/25
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.297 Σ SD1画像 No.297

 『12-24mm II 24mm f:11.0』  5,969,306

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 24mm f:11.0 です。左下隅がかなりぼけています。片ボケでしょうか。旧タイプもかなり片ボケの多いレンズでした。f:16.0 は割愛します。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.296 Σ SD1画像 No.296

 『12-24mm II 24mm f:8.0』  6,109,322

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 24mm f:8.0 です。周辺部が甘すぎます。これも許容範囲外。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.295 Σ SD1画像 No.295

 『12-24mm II 24mm f:5.6』  5,905,587

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 24mm f:5.6 です。良いのは真ん中だけ。完全に許容範囲外です。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.294 Σ SD1画像 No.294

 『12-24mm II 18mm f:11.0』  6,004,597

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 18mm f:11.0 です。やはり、f:11.0 は甘すぎます。全体的には良いのですが、SD1 の解像度に負けています。f:16.0 も撮影しましたが割愛します。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.293 Σ SD1画像 No.293

 『12-24mm II 18mm f:8.0』  6,340,779

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 18mm f:8.0 です。全体にわずかに甘いのですが、周辺部の描写はかなり良くなります。ギリギリの許容範囲でしょう。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.292 Σ SD1画像 No.292

 『12-24mm II 18mm f:5.6』  6,196,806

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 18mm f:5.6 です。良い描写の範囲が少し広くなっていますが、四隅の流れは大きく変わりません。ギリギリの許容範囲でしょうか。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.291 Σ SD1画像 No.291

 『12-24mm II 18mm f:5.0』  6,190,542

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 18mm f:5.0 絞り開放です。中心部は良いのですが、四隅は頂けません。許容範囲かどうかは難しいところ。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.290 Σ SD1画像 No.290

 『12-24mm II 12mm f:11.0』  6,276,661

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 12mm f:11.0 です。どこにもピントがない感じ。やはり SD1 で f:11 は回折の影響が出てしまいます。f:16 も撮影しましたが、割愛します。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.289 Σ SD1画像 No.289

 『12-24mm II 12mm f:8.0』  6,558,971

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 12mm f:8.0 です。絞ることによって描写が大きく変化するレンズではないようです。悪くはありませんが、周辺部の描写がイマイチなので、とても良いとは言えません。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.288 Σ SD1画像 No.288

 『12-24mm II 12mm f:5.6』  6,546,093

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 12mm f:5.6 です。絞り解放とあまり変わりません。周辺部の流れは少しだけ良くなっています。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-22
space

SD1画像 No.287 Σ SD1画像 No.287

 『12-24mm II 12mm f:4.5』  6,542,357

SD1 による SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM の 12mm f:4.5 絞り開放です。中心部は良好。周辺部が少し流れています。ギリギリで許容範囲でしょう。 撮影日:2011/08/30
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.249 Σ SD1画像 No.249

 『10-20mm 20mm f:11.0』  5,780,284

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 20mm f:11.0 です。やはり f:11 だと収差は少なくなりますが解像感は減少します。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.248 Σ SD1画像 No.248

 『10-20mm 20mm f:8.0』  5,906,941

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 20mm f:8.0 です。f:5.6 の描写と比較するとごくわずかに甘くなっていますが、良い感じです。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.247 Σ SD1画像 No.247

 『10-20mm 20mm f:5.6』  5,963,353

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 20mm f:5.6 絞り開放です。十分に良い描写。合格です。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.246 Σ SD1画像 No.246

 『10-20mm 15mm f:11.0』  6,036,430

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 15mm f:11.0 です。回折の影響がモロに出てます。全体に薄いベールを被った様な感じです。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.245 Σ SD1画像 No.245

 『10-20mm 15mm f:8.0』  6,518,668

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 15mm f:8.0 です。回折の影響があるのですが、収差が少なくなっている分、全体的には良い描写となっています。許容範囲。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.244 Σ SD1画像 No.244

 『10-20mm 15mm f:5.6』  6,409,216

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 15mm f:5.6 です。f:5.0 と同様、かなり良い描写。四隅の甘さが惜しい。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.243 Σ SD1画像 No.243

 『10-20mm 15mm f:5.0』  6,347,591

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 15mm f:5.0 絞り開放です。四隅以外はかなり良い描写で、十分に許容範囲です。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.242 Σ SD1画像 No.242

 『10-20mm 10mm f:11.0』  5,799,974

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 10mm f:11.0 です。収差は少なくなりますが、やはり回折の影響で全体的に甘くなってしまいます。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.241 Σ SD1画像 No.241

 『10-20mm 10mm f:8.0』  6,060,482

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 10mm f:8.0 です。ギリギリの許容範囲。中心部はわずかに甘くなりますが、画面全体を見ると悪いと言わなければならない程ではありません。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.240 Σ SD1画像 No.240

 『10-20mm 10mm f:5.6』  5,786,330

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 10mm f:5.6 です。周辺部の流れはかなり良くなります。が、中心部以外はやはりイマイチです。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.239 Σ SD1画像 No.239

 『10-20mm 10mm f:4.0』  5,628,062

SD1 による SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 10mm f:4.0 解放値です。中心部は悪くはありませんが、それ以外は許容範囲外。特に周辺部には露骨な流れが見えます。 撮影日:2011/06/20
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.212 Σ SD1画像 No.212

 『17-50mm 24mm f:11.0』  7,176,195

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 24mm f:11.0 です。やはり f:11 まで絞ると、周辺部は落ち着きますが、全体に甘くなります。他社のカメラで写したような画像。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.211 Σ SD1画像 No.211

 『17-50mm 24mm f:8.0』  7,556,312

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 24mm f:8.0 です。かろうじて合格です。中心部の描写は f:5.6 のが良いでしょう。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.210 Σ SD1画像 No.210

 『17-50mm 24mm f:5.6』  7,640,053

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 24mm f:5.6 です。周辺部にわずかな甘さと色収差があります。ギリギリの許容範囲でしょうか? 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.209 Σ SD1画像 No.209

 『17-50mm 24mm f:4.0』  7,580,731

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 24mm f:4.0 です。かなり良い描写ですが、周辺部の甘さは頂けません。SD1 なので許容範囲外とします。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.208 Σ SD1画像 No.208

 『17-50mm 24mm f:2.8』  6,944,597

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 24mm f:2.8 です。周辺部の描写はかなり甘い状態です。中心部のみギリギリで許容範囲としてあげましょう。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.207 Σ SD1画像 No.207

 『17-50mm 17mm f:11.0』  7,767,362

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 17mm f:11.0 です。全体に甘くなります。他社のカメラで写したような画像です。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.206 Σ SD1画像 No.206

 『17-50mm 17mm f:8.0』  8,172,357

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 17mm f:8.0 です。全体に少し甘くなります。ギリギリで許容範囲外です。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.205 Σ SD1画像 No.205

 『17-50mm 17mm f:5.6』  8,497,301

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 17mm f:5.6 です。f:5.6 でも周辺部にわずかな流れと色収差があります。やはり SD1 ではイマイチです。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.204 Σ SD1画像 No.204

 『17-50mm 17mm f:4.0』  8,334,712

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 17mm f:4.0 です。周辺部にわずかな流れと色収差があります。やはり SD1 ではイマイチです。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.203 Σ SD1画像 No.203

 『17-50mm 17mm f:2.8』  7,220,766

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 17mm f:2.8 です。周辺部にわずかな像の流れがあります。像面湾曲のため、中心部にピントを合わせると周辺部はもっと流れます。描写も SD1 ではとても苦しいです。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.202 Σ SD1画像 No.202

 『20mm f:16.0』  7,020,308

SD1 による SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:16.0 です。回折による回り込みで、明らかにモケモケ。他社のカメラで撮った様な画像です。 撮影日:2011/06/12
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.0「オールリセット」からシャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.201 Σ SD1画像 No.201

 『20mm f:11.0』  7,655,561

SD1 による SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:11.0 です。わずかに回折の影響が見られます。 撮影日:2011/06/12
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.0「オールリセット」からシャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.200 Σ SD1画像 No.200

 『20mm f:8.0』  7,986,946

SD1 による SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:8.0 です。周辺部の描写は良くなっています。 撮影日:2011/06/12
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.0「オールリセット」からシャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.199-2 Σ SD1画像 No.199-2

 『20mm f:5.6 SPP5.2』  8,612,424

SD1 による SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:5.6 です。下のテスト画像を SPP 5.2 で現像したもの。解像感が少し上がります。【テクニカルにも掲載】 撮影日:2011/06/12
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.2「オールリセット」からシャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.199-1 Σ SD1画像 No.199-1

 『20mm f:5.6 SPP5.0』  8,080,032

SD1 による SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:5.6 です。周辺部のわずかな甘さと色収差が惜しいけど、非常に良い描写。 撮影日:2011/06/12
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.0「オールリセット」からシャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.198 Σ SD1画像 No.198

 『20mm f:4.0』  7,920,754

SD1 による SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:4.0 です。わずかな甘さを感じるレベル。問題ありません。 撮影日:2011/06/12
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.0「オールリセット」からシャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.197 Σ SD1画像 No.197

 『20mm f:2.8』  7,242,573

SD1 による SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:2.8 です。少しだけ甘さが残っていますが、十分に許容範囲。 撮影日:2011/06/12
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.0「オールリセット」からシャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.196 Σ SD1画像 No.196

 『20mm f:2.0』  6,194,880

SD1 による SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:2.0 です。絞り開放とほとんど変わりません。イヤな甘さではないので救われています。 撮影日:2011/06/12
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.0「オールリセット」からシャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.195 Σ SD1画像 No.195

 『20mm f:1.8』  6,104,272

SD1 による SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の絞り開放 f:1.8 です。例によってソフトフォーカスだけど芯はある描写。好きな人にはたまらないかも・・・。 撮影日:2011/06/12
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.0「オールリセット」からシャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2011
May-3
space

SD15画像 No.207 Σ SD15画像 No.207

 『DP1x vs 10-20mm F4-5.6 @f:8.0』  3,887,054

SIGMA DP1x と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を f:8.0 で比較しました。ほとんど差がありませんが 10-20mm のがわずかに良いような感じです。
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像「オート」

space space

2011
May-3
space

SD15画像 No.206 Σ SD15画像 No.206

 『DP1x vs 10-20mm F4-5.6 @f:5.6』  3,978,937

SIGMA DP1x と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を f:5.6 で比較しました。ほとんど差がありませんが 10-20mm のがわずかに良いような感じです。
絞り優先AE、MF、WB「曇り」、現像「オート」

space space

2011
Apr.-3
space

SD15画像 No.164 Σ SD15画像 No.164

 『20mm vs 17-50mm @f:8.0』  2,650,059

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF と 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM を f:8.0 で比較しました。全くと言って良いほど差がありません。全画面の上半分です。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オールリセット」

space space

2011
Apr.-3
space

SD15画像 No.163 Σ SD15画像 No.163

 『20mm vs 17-50mm @f:5.6』  2,704,802

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF と 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM を f:5.6 で比較しました。どちらも非常に良い描写です。ほとんど差がありませんが、20mm のがわずかに良いようです。2002 年に EISA のレンズ部門で賞をもらったのは伊達ではないようです。全画面の上半分です。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オールリセット」

space space

2011
Apr.-3
space

SD15画像 No.163 Σ SD15画像 No.163

 『20mm vs 17-50mm @f:2.8』  2,412,746

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF と 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM を f:2.8 で比較しました。ほとんど差がありません。最新のズームレンズの描写と 10 年前に設計された単焦点レンズの描写が同じと言うことをどう考えるかは皆さん次第です。全画面の上半分です。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オールリセット」

space space

2011
Apr.-3
space

SD15画像 No.162 Σ SD15画像 No.162

 『20mm f:16.0』  2,628,689

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:16.0 です。良い描写ですが、回折により全体が甘くなっています。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オールリセット」

space space

2011
Apr.-3
space

SD15画像 No.161 Σ SD15画像 No.161

 『20mm f:11.0』  2,892,921

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:11.0 です。非常に良い描写ですが、回折のため全体がごくわずかですが甘くなっています。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オールリセット」

space space

2011
Apr.-3
space

SD15画像 No.160 Σ SD15画像 No.160

 『20mm f:8.0』  3,006,449

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:8.0 です。画面最外周の甘さもほとんど無く、非常に良い描写です。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オールリセット」

space space

2011
Apr.-3
space

SD15画像 No.159 Σ SD15画像 No.159

 『20mm f:5.6』  3,015,428

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:5.6 です。画面最外周にごくごくわずかな甘さを感じますが、非常に良い描写です。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オールリセット」

space space

2011
Apr.-3
space

SD15画像 No.158 Σ SD15画像 No.158

 『20mm f:4.0』  2,964,899

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:4.0 です。f:4.0 となると十分に良い描写です。正直これほど良いとは思いませんでした。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オールリセット」

space space

2011
Apr.-3
space

SD15画像 No.157 Σ SD15画像 No.157

 『20mm f:2.8』  2,671,127

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の f:2.8 です。さすが短焦点、f:2.8 にしてはかなり良い描写と言えます。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オールリセット」

space space

2011
Apr.-3
space

SD15画像 No.156 Σ SD15画像 No.156

 『20mm f:1.8』  2,313,416

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF の絞り開放です。ややソフトフォーカスです。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オールリセット」

space space

2010
Sep.-20
space

SD15画像 No.93 Σ SD15画像 No.93

 『17-50/2.8 OS vs DP2 @5.6』  3,372,640

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と DP2s を f:5.6 で比較しました。17-50mm は非常に良い描写をしています。が、DP2s と比べると周辺部の描写でわずかに負けています。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-20
space

SD15画像 No.92 Σ SD15画像 No.92

 『17-50/2.8 OS vs DP2s @f2.8』  3,224,201

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と DP2s を f:2.8 で比較しました。17-50mm F2.8 EX DC OS HSM は開放らしからぬ描写をしていますが DP2s の描写を越えることは出来ないようです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.85 Σ SD15画像 No.85

 『17-50/2.8 OS vs 17-70/2.8 @24/5.6』  3,465,585

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 17-70mm F2.8-4 DC OS HSM を 24mm f:5.6 で比較しました。どちらのレンズも非常に良い描写をしています。周辺部は 17-50mm のが良い描写をします。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.84 Σ SD15画像 No.84

 『17-50/2.8 OS vs 17-70/2.8-4 @24/2.8』  3,247,212

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 17-70mm F2.8-4 DC OS HSM を絞り開放で比較しました。どちらもかなり良い描写をしています。周辺部は 17-50mm のが少し良い描写をします。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.83 Σ SD15画像 No.83

 『17-50/2.8 OS vs 17-70/2.8-4 @17/5.6』  3,668,052

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 17-70mm F2.8-4 DC OS HSM を 17mm f:5.6 で比較しました。17-70mm の描写は悪くはありません。が、17-50mm はその上を行ってます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.82 Σ SD15画像 No.82

 『17-50/2.8 OS vs 17-70/2.8-4 @17/2.8』  3,526,889

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 17-70mm F2.8-4 DC OS HSM を 17mm f:2.8 で比較しました。明らかに 17-50mm のが良い描写をしています。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.79 Σ SD15画像 No.79

 『17-50/2.8 OS vs 18-50/2.8 @24/5.6』  3,496,128

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 24mm f:5.6 で比較しました。どちらのレンズも非常に良い描写をしています。ごくわずかですが 17-50mm のが良いと思います。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.78 Σ SD15画像 No.78

 『17-50/2.8 OS vs 18-50/2.8 @24/2.8』  3,274,505

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 24mm f:2.8 で比較しました。どちらのレンズも絞り開放ですが非常に良い描写をしています。周辺部は明らかに 17-50mm のが良い描写をします。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.76 Σ SD15画像 No.77

 『17-50/2.8 OS vs 18-50/2.8 @18/5.6』  3,750,064

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 18mm f:5.6 で比較しました。どちらのレンズも非常に良い描写をしています。ごくわずかですが 18-50mm のが良いと思います。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.76 Σ SD15画像 No.76

 『17-50/2.8 OS vs 18-50/2.8 @18/2.8』  3,459,418

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 18mm f:2.8 で比較しました。どちらのレンズも広角端、絞り開放であるにもかかわらず非常に良い描写をしています。ごくわずかですが 17-50mm のが良いと思います。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.75 Σ SD15画像 No.75

 『17-50mm F2.8 OS vs DP1s』  3,875,238

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と DP1s を f:5.6 で比較しました。ごくわずかですが最外周部の描写において DP1s のが良いと感じます。が、ここまで DP1s の描写に肉薄した初めてのレンズです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.68 Σ SD15画像 No.68

 『17-50mm F2.8 OS @25mm f:11.0』  2,717,727

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 25mm f:11.0 です。やはり f:11.0 では回折の影響が出ます。それにしても、凄い描写です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.67 Σ SD15画像 No.67

 『17-50mm F2.8 OS @25mm f:5.6』  2,910,366

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 25mm f:5.6 です。単焦点レンズはもう要らない!と言いたくなるほどの卓越した描写。凄いです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.66 Σ SD15画像 No.66

 『17-50mm F2.8 OS @25mm f:2.8』  2,722,407

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 25mm f:2.8 です。絞り開放ですが、ズームレンズとしては限界と言っても良いほどの描写です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.65 Σ SD15画像 No.65

 『17-50mm F2.8 OS @17mm f:11.0』  2,734,150

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 17mm f:11.0 です。これも、文句の付けようがありません。回折の影響で画面全体がごくわずか甘くなっています。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.64 Σ SD15画像 No.64

 『17-50mm F2.8 OS @17mm f:5.6』  2,976,473

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 17mm f:5.6 です。文句の付けようがありません。ズームであることが信じられない描写です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.63 Σ SD15画像 No.63

 『17-50mm F2.8 OS @17mm f:2.8』  2,774,944

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 17mm f:2.8 です。広角端、開放。標準ズームでは最も描写が劣る条件です。が、これだけの描写をします。最外周でごくわずかな甘さがありますが、絞り開放であることを考えますとむしろ驚異的に良い描写であると言えます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
May-1
space

SD14画像 No.1354 Σ SD14画像 No.1354

 『8-16mm vs DP1s @f:8.0』  3,525,282

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM と DP1s を 16mm f:8.0 で比較しました。焦点距離がわずかに違いますがお許しください。ほとんど差はありませんが 8-16mm のが倍率色収差が少なく、描写は DP1s がわずかに良いようです。地平線が画面中央です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」色調のみカスタマイズしています。

space space

2010
May-1
space

SD14画像 No.1353 Σ SD14画像 No.1353

 『8-16mm vs DP1s @f:5.6』  3,557,627

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM と DP1s を 16mm f:5.6 で比較しました。焦点距離がわずかに違いますがお許しください。ほとんど差はありませんが 8-16mm のが倍率色収差が少なく、描写は DP1s がわずかに良いようです。地平線が画面中央です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」色調のみカスタマイズしています。

space space

2010
May-1
space

SD14画像 No.1352 Σ SD14画像 No.1352

 『8-16mm vs 10-20mm @16mm f:8.0』  3,347,383

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 16mm f:8.0 で比較しました。どちらも良い描写です。ほとんど差はありませんが 10-20mm のがわずかに良いようです。地平線が画面中央です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」色調のみカスタマイズしています。

space space

2010
May-1
space

SD14画像 No.1351 Σ SD14画像 No.1351

 『8-16mm vs 10-20mm @16mm f:5.6』  3,279,215

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 16mm f:5.6 で比較しました。ほとんど差はありませんが 10-20mm のがわずかに良いようです。地平線が画面中央です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」色調のみカスタマイズしています。

space space

2010
May-1
space

SD14画像 No.1350 Σ SD14画像 No.1350

 『8-16mm vs 10-20mm @13mm f:8.0』  3,338,311

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 13mm f:8.0 で比較しました。どちらも良い描写です。ほとんど差はありませんが、10-20mm のがわずかですが良いようです。地平線が画面中央です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」色調のみカスタマイズしています。

space space

2010
May-1
space

SD14画像 No.1349 Σ SD14画像 No.1349

 『8-16mm vs 10-20mm @13mm f:5.6』  3,322,344

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 13mm f:5.6 で比較しました。ほとんど差はありませんが、わずかに 10-20mm のが良いような感じです。地平線が画面中央です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」色調のみカスタマイズしています。

space space

2010
May-1
space

SD14画像 No.1348 Σ SD14画像 No.1348

 『8-16mm vs 10-20mm @10mm f:8.0』  3,203,504

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 10mm f:8.0 で比較しました。どちらも良い描写です。ほとんど差はありませんが、8-16mm のが倍率色収差は少ないようです。地平線が画面中央です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」色調のみカスタマイズしています。

space space

2010
May-1
space

SD14画像 No.1347 Σ SD14画像 No.1347

 『8-16mm vs 10-20mm @10mm f:5.6』  3,225,078

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 10mm f:5.6 で比較しました。どちらも良い描写です。わずかに 8-16mm のが良いような感じです。地平線が画面中央です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」色調のみカスタマイズしています。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1346 Σ SD14画像 No.1346

 『8-16mm @16mm f:11.0』  3,177,653

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @16mm f:11.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1345 Σ SD14画像 No.1345

 『8-16mm @16mm f:8.0』  3,294,763

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @16mm f:8.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1344 Σ SD14画像 No.1344

 『8-16mm @16mm f:5.6』  3,300,930

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @16mm f:5.6 絞り開放です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1343 Σ SD14画像 No.1343

 『8-16mm @12mm f:11.0』  3,266,022

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @12mm f:11.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1342 Σ SD14画像 No.1342

 『8-16mm @12mm f:8.0』  3,361,959

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @12mm f:8.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1341 Σ SD14画像 No.1341

 『8-16mm @12mm f:5.6』  3,366,631

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @12mm f:5.6 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1340 Σ SD14画像 No.1340

 『8-16mm @12mm f:5.0』  3,375,392

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @12mm f:5.0 絞り開放です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1339 Σ SD14画像 No.1339

 『8-16mm @8mm f:11.0』  3,008,215

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @8mm f:11.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1338 Σ SD14画像 No.1338

 『8-16mm @8mm f:8.0』  3,202,766

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @8mm f:8.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1337 Σ SD14画像 No.1337

 『8-16mm @8mm f:5.6』  3,176,872

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @8mm f:5.6 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-30
space

SD14画像 No.1336 Σ SD14画像 No.1336

 『8-16mm @8mm f:4.5』  3,208,573

SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM @8mm f:4.5 絞り開放です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1060 Σ SD14画像 No.1060

 『10-20mm F3.5 @20mm f:11.0』  3,059,064

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @20mm f:11.0 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1059 Σ SD14画像 No.1059

 『10-20mm F3.5 @20mm f:8.0』  3,071,399

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @20mm f:8.0 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1058 Σ SD14画像 No.1058

 『10-20mm F3.5 @20mm f:5.6』  2,939,108

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @20mm f:5.6 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1057 Σ SD14画像 No.1057

 『10-20mm F3.5 @20mm f:3.5』  2,894,728

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @20mm 絞り開放です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1056 Σ SD14画像 No.1056

 『10-20mm F3.5 @15mm f:11.0』  3,324,414

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @15mm f:11.0 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1055 Σ SD14画像 No.1055

 『10-20mm F3.5 @15mm f:8.0』  3,511,871

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @15mm f:8.0 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1054 Σ SD14画像 No.1054

 『10-20mm F3.5 @15mm f:5.6』  3,578,398

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @15mm f:5.6 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1053 Σ SD14画像 No.1053

 『10-20mm F3.5 @15mm f:3.5』  3,525,640

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @15mm 絞り開放です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1052 Σ SD14画像 No.1052

 『10-20mm F3.5 @10mm f:11.0』  3,322,343

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @10mm f:11.0 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1051 Σ SD14画像 No.1051

 『10-20mm F3.5 @10mm f:8.0』  3,531,593

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @10mm f:8.0 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1050 Σ SD14画像 No.1050

 『10-20mm F3.5 @10mm f:5.6』  3,625,100

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @10mm f:5.6 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1049 Σ SD14画像 No.1049

 『10-20mm F3.5 @10mm f:3.5』  3,549,879

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM @10mm 絞り開放です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1090 Σ SD14画像 No.1090

 『18-50mm OS vs 18-50mm F2.8 @24mm f:5.6』  2,491,497

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO をチャート風で比べました。撮影距離は同一です。18-50mm F2.8 のが近距離撮影による焦点距離の短縮率が大きいのが判ります。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オールリセット」からのカスタム。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1089 Σ SD14画像 No.1089

 『18-50mm OS vs 18-50mm F2.8 @18mm f:5.6』  2,796,503

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO をチャート風で比べました。撮影距離は同一です。18-50mm F2.8 のが近距離撮影による焦点距離の短縮率が大きいのが判ります。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オールリセット」からのカスタム。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1082 Σ SD14画像 No.1082

 『18-50mm OS @24mm f:11.0』  3,034,099

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @24mm f:11.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1081 Σ SD14画像 No.1081

 『18-50mm OS @24mm f:5.6』  3,152,237

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @24mm f:5.6 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1080 Σ SD14画像 No.1080

 『18-50mm OS @24mm f:3.2』  2,950,385

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @24mm f:3.2 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1079 Σ SD14画像 No.1079

 『18-50mm OS @18mm f:11.0』  3,226,147

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @18mm f:11.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1078 Σ SD14画像 No.1078

 『18-50mm OS @18mm f:5.6』  3,404,375

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @18mm f:5.6 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1077 Σ SD14画像 No.1077

 『18-50mm OS @18mm f:2.8』  3,162,357

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @18mm f:2.8 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-11
space

SD14画像 No.1074 Σ SD14画像 No.1074

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @24mm f:5.6』  2,807,586

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 24mm で比べました。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-11
space

SD14画像 No.1073 Σ SD14画像 No.1073

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @18mm f:5.6』  2,922,830

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 18mm で比べました。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-6
space

SD14画像 No.1044 Σ SD14画像 No.1044

 『10-20mm 新旧 @20mm f:5.6』  2,518,634

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 20mm f:5.6 で比較しました。

space space

2009
Aug.-6
space

SD14画像 No.1043 Σ SD14画像 No.1043

 『10-20mm 新旧 @15mm f:5.6』  2,755,534

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 15mm f:5.6 で比較しました。

space space

2009
Aug.-6
space

SD14画像 No.1042 Σ SD14画像 No.1042

 『10-20mm 新旧 @10mm f:5.6』  2,781,139

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 10mm f:5.6 で比較しました。

space space

2009
Aug.-5
space

SD14画像 No.1041 Σ SD14画像 No.1041

 『10-20mm 新旧 @20mm f:5.6』  2,628,534

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 20mm f:5.6 で比較しました。

space space

2009
Aug.-5
space

SD14画像 No.1040 Σ SD14画像 No.1040

 『10-20mm 新旧 @15mm f:5.6』  2,947,283

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 15mm f:5.6 で比較しました。

space space

2009
Aug.-5
space

SD14画像 No.1039 Σ SD14画像 No.1039

 『10-20mm 新旧 @10mm f:5.6』  2,619,067

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM を 10mm f:5.6 で比較しました。

space space

2009
Aug.-5
space

SD14画像 No.1035 Σ SD14画像 No.1035

 『24-70mm IF vs 17-70mm @24mm f:5.6』  2,619,632

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 24mm f:5.6 で比較しました。

space space

2009
Aug.-22
space

SD14画像 No.1098 Σ SD14画像 No.1098

 『18-250mm vs 18-125mm @24mm f:5.6』  2,115,443

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM と 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM を 24mm f:5.6 で比べました。18-250mm OS はかなり良いのです。18-125mm OS はイマイチです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-22
space

SD14画像 No.1097 Σ SD14画像 No.1097

 『18-250mm vs 18-125mm @18mm f:5.6』  2,221,885

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM と 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM を 18mm f:5.6 で比べました。どちらも十分に良い描写です。18-250mm OS のが少し良いようです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1111 Σ SD14画像 No.1111

 『18-250mm OS @24mm f:11.0』  3,050,032

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。24mm f:11.0 非常に良い描写です。全く問題なし。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1110 Σ SD14画像 No.1110

 『18-250mm OS @24mm f:5.6』  3,218,719

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。24mm f:5.6 非常に良い描写です。周辺部の甘さもわずかです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1109 Σ SD14画像 No.1109

 『18-250mm OS @24mm f:4.0』  2,993,589

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。24mm f:4.0 非常に良い描写です。周辺部に若干の甘さが認められます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1108 Σ SD14画像 No.1108

 『18-250mm OS @18mm f:11.0』  3,210,759

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。18mm f:11.0 非常に良い描写です。周辺部に若干の倍率色収差が認められます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1107 Σ SD14画像 No.1107

 『18-250mm OS @18mm f:5.6』  3,573,816

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。18mm f:5.6 非常に良い描写です。周辺部に若干の倍率色収差が認められます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1106 Σ SD14画像 No.1106

 『18-250mm OS @18mm f:3.5』  3,450,551

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。18mm f:3.5 非常に良い描写です。周辺部に若干の倍率色収差が認められます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-28
space

SD14画像 No.1127 Σ SD14画像 No.1127

 『18-250mm OS vs18-125mm OS @18mm f:5.6』  2,594,433

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM と SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM を 18mm f:5.6、チャート風で比較しました。やはり 18-250mm のが少し良いです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オールリセット」からのカスタム

space space

2009
Sep.-10
space

SD14画像 No.1131 Σ SD14画像 No.1131

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @28mm f:5.6』  1,106,558

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 28mm f:5.6 で比べました。どちらも非常に良い描写です。が、やはり 18-50mm F2.8 EX DC MACRO のが少しだけ良いようです。
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像は「オールリセット」。

space space

2009
Sep.-10
space

SD14画像 No.1130 Σ SD14画像 No.1130

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @18mm f:5.6』  1,085,011

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 18mm f:5.6 で比べました。どちらも非常に良い描写です。が、やはり 18-50mm F2.8 EX DC MACRO のが少しだけ良いようです。
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像は「オールリセット」。

space space

2009
Sep.-13
space

SD14画像 No.1134 Σ SD14画像 No.1134

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @24mm f:5.6』  2,424,939

片ボケがなくなって帰ってきた SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 24mm f:5.6 で比べました。どちらも非常に良い描写です。が、OS の周辺部にわずかな甘さを感じます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」からのカスタム。

space space

2009
Sep.-13
space

SD14画像 No.1133 Σ SD14画像 No.1133

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @18mm f:5.6』  2,431,695

片ボケがなくなって帰ってきた SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 18mm f:5.6 で比べました。18-50mm F2.8 EX DC MACRO はかなり良い描写です。OS は周辺部が少し甘い感じです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」からのカスタム。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1223 Σ SD14画像 No.1223

 『17-70mm OS @24mm f:11.0』  2,797,466

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 24mm f:11.0。f:11 に絞って f:8.0 より良い描写になるレンズは初めて見ました。許容範囲ですが、f:11 でようやく使えるレンズでは使い物になりません。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1222 Σ SD14画像 No.1222

 『17-70mm OS @24mm f:8.0』  2,762,606

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 24mm f:8.0。f:8.0 でこの周辺部は頂けません。許容範囲外です。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1221 Σ SD14画像 No.1221

 『17-70mm OS @24mm f:5.6』  2,656,350

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 24mm f:5.6。いやはや、f:5.6 でこの描写は異常です。「ハズレ」レンズだと思います。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1220 Σ SD14画像 No.1220

 『17-70mm OS @24mm f:4.0』  2,709,365

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 24mm f:4.0。上半分に甘さがあります。当然、許容範囲外。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1219 Σ SD14画像 No.1219

 『17-70mm OS @24mm f:3.2』  2,624,413

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 24mm f:3.2。開放とは言え右上の描写は許容範囲外。中心部はそこそこ良いと思いますが、開放とは言え比較的よく使う焦点距離なので問題です。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1218 Σ SD14画像 No.1218

 『17-70mm OS @17mm f:11.0』  2,918,735

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 17mm f:11.0。f:11 でも右上の描写は今ひとつ。片ボケでしょうか?
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1217 Σ SD14画像 No.1217

 『17-70mm OS @17mm f:8.0』  3,053,068

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 17mm f:8.0。中心部は良い描写力ですが、周辺部は今ひとつ。ギリギリで許容範囲でしょうか?
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1216 Σ SD14画像 No.1216

 『17-70mm OS @17mm f:5.6』  3,040,383

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 17mm f:5.6。中心部は良い描写力ですが、周辺部には甘さが残っています。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1215 Σ SD14画像 No.1215

 『17-70mm OS @17mm f:4.0』  3,001,811

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 17mm f:4.0。中心部はかなりの描写力ですが、周辺部には甘さがあります。AF のせいもありますが、同時に撮影した他の画像を見ると像面湾曲があるのが判ります。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1214 Σ SD14画像 No.1214

 『17-70mm OS @17mm f:2.8』  2,913,489

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 17mm f:2.8。中心部は開放とは思えないほどの描写力ですが、右上の描写に流れが見られます。わずかですが倍率色収差が認められます。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Mar.-14
space

SD14画像 No.1247 Σ SD14画像 No.1247

 『17-70mm OS vs 17-70mm @28mm F5.6』  2,984,897

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM と初代 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 28mm f:5.6 で比べてみました。初代のが少し良いです。AF 性能に不安があったので、全て AF と MF で交互に撮影。結果が良かった方を掲載しています。なお、OS 付きは前回掲載したものと同じレンズです。トリミングは全体の上半分です。
絞り優先AE、共に MF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Mar.-14
space

SD14画像 No.1246 Σ SD14画像 No.1246

 『17-70mm OS vs 17-70mm @28mm F3.5』  2,723,197

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM と初代 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 28mm 絞り開放で比べてみました。初代のが少し良いです。AF 性能に不安があったので、全て AF と MF で交互に撮影。結果が良かった方を掲載しています。なお、OS 付きは前回掲載したものと同じレンズです。トリミングは全体の上半分です。
絞り優先AE、OS 付きは AF 初代は MF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Mar.-14
space

SD14画像 No.1245 Σ SD14画像 No.1245

 『17-70mm OS vs 17-70mm @17mm F5.6』  2,820,686

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM と初代 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 17mm f:5.6 で比べてみました。初代のが少し良いです。AF 性能に不安があったので、全て AF と MF で交互に撮影。結果が良かった方を掲載しています。なお、OS 付きは前回掲載したものと同じレンズです。トリミングは全体の上半分です。
絞り優先AE、OS 付きは MF 初代は AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Mar.-14
space

SD14画像 No.1244 Σ SD14画像 No.1244

 『17-70mm OS vs 17-70mm @17mm F2.8』  2,487,302

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM と初代 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 17mm 絞り開放で比べてみました。初代のが少し良いです。AF 性能に不安があったので、全て AF と MF で交互に撮影。結果が良かった方を掲載しています。なお、OS 付きは前回掲載したものと同じレンズです。トリミングは全体の上半分です。
絞り優先AE、OS 付きは AF 初代は MF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2009
June-23
space

SD14画像 No.993 Σ SD14画像 No.993

 『24-70mm IF @24mm f:11.0』  3,310,062

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM の 24mm f:11.0 の描写です。
AF でのテストをかねて AF で 12 枚撮影した内の最良画像です。非常に良い描写。倍率色収差もわずかです。
絞り優先AE、WB「晴れ」、AF、現像は「オート」。

space space

2009
June-23
space

SD14画像 No.992 Σ SD14画像 No.992

 『24-70mm IF @24mm f:5.6』  3,308,311

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM の 24mm f:5.6 の描写です。
AF でのテストをかねて AF で 12 枚撮影した内の最良画像です。ズームレンズとしては非常に良い描写。倍率色収差もわずかです。
絞り優先AE、WB「晴れ」、AF、現像は「オート」。

space space

2009
June-23
space

SD14画像 No.991 Σ SD14画像 No.991

 『24-70mm IF @24mm f:2.8』  3,072,939

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM の 24mm f:2.8 の描写です。
AF でのテストをかねて AF で 12 枚撮影した内の最良画像です。かなり良い描写です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、AF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.979 Σ SD14画像 No.979

 『24-70mm vs 17-70mm @24mm f:5.6』  2,565,293

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 24mm f:5.6 で比べました。
どちらも非常に良い描写ですが、17-70mm のが良い描写をしています。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.978 Σ SD14画像 No.978

 『24-70mm vs 17-70mm @24mm f:2.8』  2,359,509

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 24mm 開放で比べました。24-70mm は f:2.8 ですが、17-70mm は f:3.2 です。
どちらも非常に良い描写ですが、17-70mm のがわずかですが良い感じです。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.977 Σ SD14画像 No.977

 『24-70mm vs 18-50mm @24mm f:5.6』  2,545,775

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 24mm f:5.6 で比べました。
どちらも非常に良い描写です。実力はほぼ互角。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.976 Σ SD14画像 No.976

 『24-70mm vs 18-50mm @24mm f:2.8』  2,384,247

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 24mm f:2.8 で比べました。
どちらも非常に良い描写ですが、18-50mm のがわずかですが良さげです。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.975 Σ SD14画像 No.975

 『24-70mm vs DP2 @f:5.6』  2,483,992

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と DP2 を 24mm f:5.6 で比べました。
DP2 は色調のみレタッチしてあります。どちらも非常に良い描写です。f:5.6 では DP2 の方がわずかに良いようです。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.974 Σ SD14画像 No.974

 『24-70mm vs DP2 @f:2.8』  2,255,442

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と DP2 を 24mm f:2.8 で比べました。
DP2 は色調のみレタッチしてあります。どちらの描写も f:2.8 である事を考えれば立派です。予想に反して 24-70mm の方がわずかに良い描写です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1183 Σ SD14画像 No.1183

 『18-125mm OS @24mm f:11.0』  3,177,518

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @24mm f:11.0 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1182 Σ SD14画像 No.1182

 『18-125mm OS @24mm f:5.6』  3,381,374

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @24mm f:5.6 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1181 Σ SD14画像 No.1181

 『18-125mm OS @24mm f:4.0』  3,394,740

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @24mm f:4.0 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1180 Σ SD14画像 No.1180

 『18-125mm OS @18mm f:11.0』  3,226,147

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @18mm f:11.0 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1179 Σ SD14画像 No.1179

 『18-125mm OS @18mm f:5.6』  3,515,677

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @18mm f:5.6 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1178 Σ SD14画像 No.1178

 『18-125mm OS @18mm f:4.0』  3,569,866

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @18mm f:4.0 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.929 Σ SD14画像 No.929

 『18-50mm @24mm f:11.0』  3,193,649

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @24mm f:11.0 1/60 Sec. ISO 50
DP2 とほぼ同じ画角。ほとんど問題のない描写だが、今ひとつシャキッとしていない。回折の影響か。周辺部で若干の色収差。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.928 Σ SD14画像 No.928

 『18-50mm @24mm f:5.6』  3,386,834

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @24mm f:5.6 1/250 Sec. ISO 50
DP2 とほぼ同じ画角。かなり良い描写。周辺部でごくわずかな色収差。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.927 Σ SD14画像 No.927

 『18-50mm @24mm f:2.8』  3,186,264

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @24mm f:2.8 1/1000 Sec. ISO 50
DP2 とほぼ同じ画角。周辺部はかなり甘いが、全体的には悪くない描写。ギリギリの許容範囲。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.926 Σ SD14画像 No.926

 『18-50mm @18mm f:11.0』  3,379,000

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @18mm f:11.0 1/60 Sec. ISO 50
広角端、f:11.0。ほとんど問題のない描写。周辺部に色収差。回折の影響でわずかに甘い。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.925 Σ SD14画像 No.925

 『18-50mm @18mm f:5.6』  3,592,090

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @18mm f:5.6 1/250 Sec. ISO 50
広角端、f:5.6。ほとんど問題のない描写。周辺部で許容範囲内の流れと色収差。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.924 Σ SD14画像 No.924

 『18-50mm @18mm f:2.8』  3,353,322

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @18mm f:2.8 1/1000 Sec. ISO 50
広角端、f:2.8。中心部は良いが周辺部の描写は甘い。周辺部は許容範囲外である。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.914 Σ SD14画像 No.914

 『17-70mm @24mm f:11.0』  3,042,765

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @24mm f:11.0 1/30 Sec. ISO 50
DP2 とほぼ同じ画角。ほとんど問題のない描写。周辺部で若干の色収差。回折の影響でごくわずかだが甘い。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.913 Σ SD14画像 No.913

 『17-70mm @24mm f:5.6』  3,141,981

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @24mm f:5.6 1/125 Sec. ISO 50
DP2 とほぼ同じ画角。ほとんど問題のない描写。周辺部で若干の色収差。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.912 Σ SD14画像 No.912

 『17-70mm @24mm f:3.5』  2,949,115

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @24mm f:3.5 1/400 Sec. ISO 50
DP2 とほぼ同じ画角。周辺部はかなり甘いが、全体的には十分に良い描写。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.911 Σ SD14画像 No.911

 『17-70mm @17mm f:11.0』  3,189,608

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @17mm f:11.0 1/30 Sec. ISO 50
広角端、f:11.0。ほとんど問題のない描写。周辺部で若干の色収差。回折の影響でごくわずかだが甘い。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.910 Σ SD14画像 No.910

 『17-70mm @17mm f:5.6』  3,236,081

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @17mm f:5.6 1/125 Sec. ISO 50
広角端、f:5.6。ほとんど問題のない描写。周辺部で若干の色収差。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.909 Σ SD14画像 No.909

 『17-70mm @17mm f:2.8』  2,961,034

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @17mm f:2.8 1/500 Sec. ISO 50
広角端、f:2.8。中心部は良いが周辺部の描写はかなり甘い。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.908 Σ SD14画像 No.908

 『10-20mm @20mm f:11.0』  3,010,239

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @20mm f:11.0 1/40 Sec. ISO 50
望遠端、f:11.0。非常に良い描写。周辺部の描写も十分。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.907 Σ SD14画像 No.907

 『10-20mm @20mm f:8.0』  3,012,086

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @20mm f:8.0 1/80 Sec. ISO 50
望遠端、f:8.0。非常に良い描写。周辺部の描写も良好。。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.906 Σ SD14画像 No.906

 『10-20mm @20mm f:5.6』  3,022,292

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @20mm f:5.6 1/160 Sec. ISO 50
望遠端、絞り開放。非常に良い描写。周辺部の描写も良好。。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.905 Σ SD14画像 No.905

 『10-20mm @15mm f:11.0』  3,210,171

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @15mm f:11.0 1/50 Sec. ISO 50
レンジの真ん中、f:11.0。非常に良い描写。周辺部の描写も十分。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.904 Σ SD14画像 No.904

 『10-20mm @15mm f:8.0』  3,333,802

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @15mm f:8.0 1/100 Sec. ISO 50
レンジの真ん中、f:8.0。非常に良い描写。周辺部の描写も良好。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.903 Σ SD14画像 No.903

 『10-20mm @15mm f:5.6』  3,271,598

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @15mm f:5.6 1/200 Sec. ISO 50
レンジの真ん中、f:5.6。非常に良い描写。周辺部の描写も良好。。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.902 Σ SD14画像 No.902

 『10-20mm @15mm f:5.0』  3,255,744

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @15mm f:5.0 1/250 Sec. ISO 50
レンジの真ん中、絞り開放です。良い描写。周辺部の描写は十分に許容範囲。
絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.901 Σ SD14画像 No.901

 『10-20mm @10mm f:11.0』  3,157,093

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @10mm f:11.0 1/40 Sec. ISO 50
広角端、f:11.0。周辺部の描写は十分。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.900 Σ SD14画像 No.900

 『10-20mm @10mm f:8.0』  3,243,892

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @10mm f:8.0 1/100 Sec. ISO 50
広角端、f:8.0。周辺部の描写はギリギリ許容範囲。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.899 Σ SD14画像 No.899

 『10-20mm @10mm f:5.6』  3,176,730

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @10mm f:5.6 1/160 Sec. ISO 50
広角端、f:5.6。周辺部の描写はまだ甘い。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-12
space

SD14画像 No.898 Σ SD14画像 No.898

 『10-20mm @10mm f:4.0』  3,028,470

SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @10mm f:4.0 1/400 Sec. ISO 50
広角端、絞り開放です。周辺部の描写はイマイチ。
絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Jan.-10
space

SD14画像 No.779 Σ SD14画像 No.779

 『18-50mm MACRO @18mm f:2.8 と f:5.6』  2,621,609

SD14 による SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO 18mm での f:2.8 と f:5.6 の比較です。やはり 18-50mm は開放でもかなりの描写をします。現像条件は同一です。

絞り優先AE、WB「はれ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Jan.-10
space

SD14画像 No.778 Σ SD14画像 No.778

 『18-50mm MACRO vs 17-70mm @18mm f:5.6』  2,697,086

SD14 による SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO です。価格の違いが描写力の違いでしょうか。やはり 18-50mm のが少し良いです。撮影条件、現像条件は同一です。

絞り優先AE、WB「はれ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Jan.-10
space

SD14画像 No.777 Σ SD14画像 No.777

 『18-50mm MACRO vs 10-20mm @18mm f:5.6』  2,596,279

SD14 による SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM です。10-20mm はほぼ開放ですので、周辺部の描写が甘くなるのは仕方のないところでしょう。撮影条件、現像条件は同一です。

絞り優先AE、WB「はれ」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-30
space

SD14画像 No.658 Σ SD14画像 No.658

 『18-125mm OS vs 17-70mm @24mm f:5.6』  2,777,898

18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 24mm f:5.6 で比較しました。やはり 17-70mm のが良い描写をします。18-125mm もかなり良い描写ですが 17-70mm ほどではありません。

絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-30
space

SD14画像 No.657 Σ SD14画像 No.657

 『18-125mm OS vs 17-70mm @18mm f:5.6』  2,698,360

18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 18mm f:5.6 で比較しました。やはり 17-70mm のが良い描写をします。18-125mm はもう少し絞らないと良い描写にはなりません。

絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-30
space

SD14画像 No.650 Σ SD14画像 No.650

 『18-125mm OS vs 18-200mm OS @24mm f:5.6』  2,726,474

18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM と 18-200mm F3.5-6.3 DC OS を 24mm で比較しました。ほぼ互角です。実用上は十分な描写です。

絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-30
space

SD14画像 No.649 Σ SD14画像 No.649

 『18-125mm OS vs 18-200mm OS @18mm f:5.6』  2,698,285

18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM と 18-200mm F3.5-6.3 DC OS を 18mm で比較しました。ほぼ互角ですが周辺部の描写は 18-200mm のがわずかですが良いようです。中心部の描写は非常に良いです。f:5.6 でこれだけの描写をしていますので実用上は問題ないでしょう。

絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「オート」。

space space

2007
Nov.-3
space

SD14画像 No.310 Σ SD14画像 No.310

 『12-24mm vs 17-70mm @24mm f:8』  2,669,491

12-24mm と 17-70mm を 24mm で比較しました。ほぼ互角。12-24mm は望遠端(24mm)で、最も良い描写をします。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2007
Nov.-3
space

SD14画像 No.309 Σ SD14画像 No.309

 『12-24mm vs 17-70mm @17mm f:8』  2,705,645

12-24mm と 17-70mm を 17mm で比較しました。ピントでは 17-70mm のがシャープですが、倍率色収差では 12-20mm のが少し良いです。12-24mm では中心部と周辺部の描写が甘く、その中間はシャープに描写されています。つまり、像面湾曲と思われます。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2007
Nov.-3
space

SD14画像 No.308 Σ SD14画像 No.308

 『12-24mm vs 10-20mm @20mm f:8』  2,617,707

12-24mm と 10-20mm を 20mm で比較しました。今までにテストした借り物の 12-24mm があまり良くなかったので、オークションで入手し、シグマさんに送ってしっかり調整してもらいました。20mm でようやく 10-20mm とほぼ互角の画像になりました。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2007
Nov.-3
space

SD14画像 No.307 Σ SD14画像 No.307

 『12-24mm vs 10-20mm @17mm f:8』  2,713,035

12-24mm と 10-20mm を 17mm で比較しました。今までにテストした借り物の 12-24mm があまり良くなかったので、オークションで入手し、シグマさんに送ってしっかり調整してもらいました。が、やはりイマイチです。12-24mm では像面湾曲が確認できます。ディストーションをキッチリ補正すると、像面湾曲を補正するのが難しいそうですが事の真偽は不明です。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2007
Nov.-3
space

SD14画像 No.306 Σ SD14画像 No.306

 『12-24mm vs 10-20mm @12mm f:8』  2,806,498

12-24mm と 10-20mm を 12mm で比較しました。今までにテストした借り物の 12-24mm があまり良くなかったので、オークションで入手し、シグマさんに送ってしっかり調整してもらいました。が、やはりイマイチです。12-24mm では像面湾曲が確認できます。ディストーションをキッチリ補正すると、像面湾曲を補正するのが難しいそうですが事の真偽は不明です。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2007
July-16
space

SD14画像 No.185 Σ SD14画像 No.185

 『18-200mm DC OS vs 17-70mm @28mm f:8.0』  2,414,245

18-200mm F3.5-6.3 DC OS と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @28mm f:8.0。露出条件、現像条件は同一です。F5.6 では 18-200mm が可哀想なので f:8.0 で比較しました。中心部は17-70mm と比較しても良い勝負をしていますが、やはり周辺部では甘さが見られます。高倍率ズームとしてはギリギリ許容範囲でしょう。やはり 17-70mm の良さが目立ちます。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は 17-70mm で「オート」から CC のみカスタム。その現像パラメータのまま 18-200mm の画像を現像しています。

space space

2007
July-16
space

SD14画像 No.184 Σ SD14画像 No.184

 『18-200mm DC OS vs 17-70mm @18mm f:8.0』  2,341,392

18-200mm F3.5-6.3 DC OS と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @18mm f:8.0。露出条件、現像条件は同一です。F5.6 では 18-200mm が可哀想なので f:8.0 で比較しました。17-70mm と比較した場合は高倍率ズームの広角端としても、もう少し良い描写をして欲しい感じです。下の 10-20mm での画像と同じなのですが・・・。17-70mm の良さが目立ちます。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は 18-200mm で「オート」から CC のみカスタム。その現像パラメータのまま 17-70mm の画像を現像しています。

space space

2007
July-16
space

SD14画像 No.183 Σ SD14画像 No.183

 『18-200mm DC OS vs 10-20mm @18mm f:8.0』  2,297,840

18-200mm F3.5-6.3 DC OS と 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @18mm f:8.0。露出条件、現像条件は同一です。F5.6 では 18-200mm が可哀想なので f:8.0 で比較しました。10-20mm と比較した場合は 18-200mm 高倍率ズームの広角端としてはギリギリの許容範囲のように感じます。が、周辺部の倍率色収差はやはり目立ちます。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は 18-200mm で「オート」から CC のみカスタム。その現像パラメータのまま 10-20mm の画像を現像しています。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1637 Σ SD10画像 No.1637

 『18-50mm EX DC MACRO vs 18-50mm EX DC @18mm f:5.6』  1,287,811

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 18-50mm F2.8 EX DC。@18mm f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1636 Σ SD10画像 No.1636

 『18-50mm EX DC MACRO vs 18-50mm EX DC @18mm f:2.8』  1,220,851

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 18-50mm F2.8 EX DC。@18mm f:2.8。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1630 Σ SD10画像 No.1630

 『18-50mm EX DC MACRO vs 17-70mm @18mm f:5.6』  1,297,554

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO。@18mm f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1629 Σ SD10画像 No.1629

 『18-50mm EX DC MACRO vs 17-70mm @18mm f:2.8』  1,219,579

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO。@18mm f:2.8。露出条件、現像条件は同一です。撮影時の条件が悪かったため、ピンぼけしている可能性があります。スミマセン。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1628 Σ SD10画像 No.1628

 『17-70mm DC vs 18-50mm EX DC @18mm f:2.8』  1,253,712

再び 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO と 18-50mm F2.8 EX DC 旧タイプ。@18mm f:2.8。露出条件、現像条件は同一です。撮影時の条件が悪かったため、ピンぼけしている可能性があります。スミマセン。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1627 Σ SD10画像 No.1627

 『17-70mm DC vs 18-50mm EX DC @18mm f:5.6』  1,278,768

再び 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO と 18-50mm F2.8 EX DC 旧タイプ。@18mm f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1625 Σ SD10画像 No.1625

 『18-50mm F2.8 DC MACRO vs 18-50mm F2.8 DC』  733,731

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 18-50mm F2.8 EX DC。@24mm f:8.0 1/125 Sec. ISO 100。画面の右上には太陽が入っています。露出条件、現像条件は同一です。ピントをのんびり合わせている時間がなかったため、AF です。逆光性能(コントラスト)のみを比較してください。
マニュアル露出、WB「晴れ」、AF、現像は「リセット」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1373 Σ SD10画像 No.1373

 『17-70mm DC vs 18-50mm F3.5-5.6 DC @18mm f:5.6』  1,382,684

17-70mm DC MACRO とキットレンズ 18-50mm F3.5-5.6 DC との比較です。18-50mm F3.5-5.6 の描写も悪くはありませんが、やはり 17-70mm のが良いのは明白です。価格的には2倍以上の差がありますので、当然と言えば当然です。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1383 Σ SD10画像 No.1383

 『17-70mm vs 10-20mm @20mm f:5.6』  1,254,781

17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO と 10-20mm の 20mm での比較です。17-70mm のが良い描写をします。が、f:8.0 だと、10-20mm のほうが、わずかですが良い描写となります。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1382 Σ SD10画像 No.1382

 『20-40mm vs 17-70mm @20mm f:5.6』  1,324,333

今までしっかりテストするチャンスがなかった 20-40mm を Tsubu さんからお借りしました。17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO と 20mm での比較です。17-70mm のが良い描写をします。SD ユーザーには 17-70mm をお薦めします。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1381 Σ SD10画像 No.1381

 『20-40mm vs 10-20mm @20mm f:5.6』  1,229,669

今までしっかりテストするチャンスがなかった 20-40mm を Tsubu さんからお借りしました。10-20mm F4-5.6 EX DC HSM と 20mm での比較です。意外なことに 20-40mm のが良い描写をしています。が倍率色収差は 10-20mm のが少なく、10-20mm が開放であることを考えれば、致し方のないことでしょう。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1388 Σ SD10画像 No.1388

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 18-50mm F2.8 EX DC @18mm f:8.0』  1,404,635

キットレンズ 18-50mm と 18-50mm F2.8 EX DC を 18mm f:8.0 で比較しました。f:8.0 で比べても差は歴然。明らかに 18-50mm F2.8 EX のが良いです。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1387 Σ SD10画像 No.1387

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 18-50mm F2.8 EX DC @18mm f:5.6』  1,366,102

キットレンズ 18-50mm と 18-50mm F2.8 EX DC を 18mm f:5.6 で比較しました。f:5.6 で比べてはかわいそう。明らかに 18-50mm F2.8 EX のが良いです。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
Apr.-7
space

SD10画像 No.1313 Σ SD10画像 No.1313

 『17-70mm DC vs 18-50mm F2.8 DC @28mm f:5.6』  1,135,656

17-70mm DC MACRO です。18-50mm EX DC との比較ではほとんど差はありません。予想に反して、かなり良いレンズです。本日は天候が不良でしたので、ピントが合わせにくかった為、近いうちに再度テストします。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
Apr.-7
space

SD10画像 No.1312 Σ SD10画像 No.1312

 『17-70mm DC vs 18-50mm F2.8 DC @18mm f:5.6』  1,322,153

17-70mm DC MACRO です。18-50mm EX DC との比較ではほとんど差はありません。予想に反して、かなり良いレンズです。本日は天候が不良でしたので、ピントが合わせにくかった為、近いうちに再度テストします。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
Mar.-4
space

SD10画像 No.1257 Σ SD10画像 No.1257

 『24-135 vs 28-70 vs 18-50/2.8 @28mm f:5.6』  2,257,200

ひょんなことから我が家へ来た 24-135mm F2.8-4.5。イロイロなレンズと写し比べをしてみました。28-70mm>18-50mm>24-135mm です。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」からの CC のみカスタム。

space space

2006
Mar.-4
space

SD10画像 No.1256 Σ SD10画像 No.1256

 『24-135 vs 18-50/2.8 @24mm f:5.6』  1,571,311

ひょんなことから我が家へ来た 24-135mm F2.8-4.5。イロイロなレンズと写し比べをしてみました。明らかに 18-50mm のが良い描写をします。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」から CC のみカスタム。

space space

2006
Feb.-26
space

SD10画像 No.1242 Σ SD10画像 No.1242

 『24-135 vs 18-50/2.8 vs 28-70 @28mm f:5.6』  1,473,522

ひょんなことから我が家へ来た 24-135mm F2.8-4.5。雨にもかかわらず、イロイロなレンズと写し比べをしてみました。いつもの風景は雨降りには向かないので、別の景色です。チョット気に入らないので、来月中にはいつもの風景と差し替えます。28-70mm>18-50mm>24-135mm です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。それでも低コントラストなので、Photoshop にて「自動レベル調整」。

space space

2006
Feb.-26
space

SD10画像 No.1241 Σ SD10画像 No.1241

 『24-135 vs 18-50/2.8 @24mm f:5.6』  913,482

ひょんなことから我が家へ来た 24-135mm F2.8-4.5。雨にもかかわらず、イロイロなレンズと写し比べをしてみました。いつもの風景は雨降りには向かないので、別の景色です。チョット気に入らないので、来月中にはいつもの風景と差し替えます。明らかに 18-50mm のが良い描写をします。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。それでも低コントラストなので、Photoshop にて「自動レベル調整」。

space space

2006
Feb.-11
space

SD10画像 No.1221 Σ SD10画像 No.1221

 『18-50mm F2.8 EX DC @23mm f:5.6』  627,423

この焦点距離、現在他のレンズを持っていないため、単独で夜景を撮りました。
非常に良いレンズです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2006
Feb.-11
space

SD10画像 No.1215 Σ SD10画像 No.1215

 『18-50 EX DC vs 28-70 @28mm f:5.6』  1,249,244

18-50mm F2.8 EX DC と 28-70mm、28mm f:5.6 での比較です。
描写はほぼ互角。この焦点距離になると 18-50mm の周辺部での倍率色収差はほとんど消えます。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2006
Feb.-11
space

SD10画像 No.1214 Σ SD10画像 No.1214

 『18-50 EX DC vs 10-20 @18mm f:5.6』  1,201,338

18-50mm F2.8 EX DC と 10-20mm、18mm f:5.6 での比較です。
描写は 18-50mm のがわずかに良いです。倍率色収差は 18-50mm のがわずかに多いです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2006
Feb.-11
space

SD10画像 No.1213 Σ SD10画像 No.1213

 『18-50 EX DC @18mm f:2.8 & f:5.6 』  1,230,602

18-50mm F2.8 EX DC 18mm f:2.8 と f:5.6 の比較です。
片ボケだった 18-50mm F2.8 EX DC が帰って来ました。開放でも、かなり良い描写です。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -29
space

SD10画像 No.1138 Σ SD10画像 No.1138

 『28-70 vs 18-50 EX DC @28mm f:5.6』  1,343,545

18-50mm F2.8 EX DC と 28-70mm、28mm f:5.6 での比較です。
描写は全体的に 28-70mm のが若干良いです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -29
space

SD10画像 No.1137 Σ SD10画像 No.1137

 『15-30 vs 18-50 EX DC @28mm f:5.6』  1,300,176

18-50mm F2.8 EX DC と 15-30mm、28mm f:5.6 での比較です。
中心部の描写は18-50mm のが明らかに良いです。周辺部の描写はほぼ互角。この焦点距離になると 18-50mm の周辺部での倍率色収差はほとんど消えます。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -29
space

SD10画像 No.1136 Σ SD10画像 No.1136

 『10-20 vs 18-50 EX DC @18mm f:5.6』  1,353,472

18-50mm F2.8 EX DC と 10-20mm、18mm f:5.6 での比較です。
中心部の描写は18-50mm のが良いのですが、周辺部の描写は 10-20mm のが良いです。18-50mm の周辺部は倍率色収差が認められ、描写力はイマイチです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -29
space

SD10画像 No.1135 Σ SD10画像 No.1135

 『15-30 vs 18-50 EX DC @18mm f:5.6』  1,425,045

18-50mm F2.8 EX DC と 15-30mm、18mm f:5.6 での比較です。
中心部の描写は18-50mm のが良いのですが、周辺部の描写は 15-30mm のが良いです。18-50mm の周辺部は倍率色収差が認められ、描写力はイマイチです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -29
space

SD10画像 No.1134 Σ SD10画像 No.1134

 『18-50mm F2.8 EX DC @18mm f:2.8 vs f:5.6』  1,379,048

18-50mm F2.8 EX DC の 18mm での描写。f:2.8 と f:5.6 での比較です。
中心部の描写は非常に良いです。周辺部は倍率色収差が認められ、描写力はイマイチです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -10
space

SD10画像 No.1109 Σ SD10画像 No.1109

 『10-20 vs 20 @20mm f:5.6』  1,716,538

10-20mm と 20mm。ピントが合っている部分は 20mm のが描写力は上ですが、像面湾曲があるために周辺部では 10-20mm がわずかに良い描写をしています。と言うより 20mm は右側が片ボケしているようです。(^^;
コントラストは 20mm のが良く、いわゆるヌケの良い画像となっています。両レンズとも f:8.0 が最良画質となります。20mm は開放ではご覧の通り、かなり甘い描写となります。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -10
space

SD10画像 No.1108 Σ SD10画像 No.1108

 『10-20 vs 20 @20mm f:5.6』  488,528

10-20mm と 20mm。レンズの収差が判りやすい夜景です。20mm は像面湾曲(中心部と周辺部のピント位置が異なる)が認められました。と言うより右側が片ボケしているようです。(^^;
開放値ではご覧の通りコマ収差が顕著です。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -23
space

SD10画像 No.1027 Σ SD10画像 No.1027

 『10-20 @20mm f:5.6 to f:32』  2,749,371

10-20mm の 20mm。絞り値による描写の変化です。8 セット撮影して、最良のセットを選びました。絞り値の右の数字は JPEG 12 でのファイルサイズです。この画像も JPEG 12 で保存してあります。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -23
space

SD10画像 No.1026 Σ SD10画像 No.1026

 『10-20 @15mm f:5.6 to f:29』  2,772,290

10-20mm の 15mm。絞り値による描写の変化です。10 セット撮影して、最良のセットを選びました。絞り値の右の数字は JPEG 12 でのファイルサイズです。この画像も JPEG 12 で保存してあります。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -23
space

SD10画像 No.1025 Σ SD10画像 No.1025

 『10-20 @10mm f:4.0 to f:22』  2,939,577

10-20mm の 10mm。絞り値による描写の変化です。12 セット撮影して、最良のセットを選びました。絞り値の右の数字は JPEG 12 でのファイルサイズです。この画像も JPEG 12 で保存してあります。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -20
space

SD10画像 No.1024 Σ SD10画像 No.1024

 『10-20 vs 15-30 @20mm f:11』  1,340,624

天気が良くなったので 10-20mm で再度テスト撮影をしました。共に凄いレンズです。f:8.0 のが f:11 よりわずかにシャープです。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -20
space

SD10画像 No.1023 Σ SD10画像 No.1023

 『10-20 vs 15-30 @20mm f:8.0』  1,395,822

天気が良くなったので 10-20mm で再度テスト撮影をしました。共に凄いレンズです。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -20
space

SD10画像 No.1022 Σ SD10画像 No.1022

 『10-20 vs 15-30 @15mm f:5.6』  1,406,013

天気が良くなったので 10-20mm で再度テスト撮影をしました。甲乙付け難し。共に凄いレンズです。f:5.6 と f:8.0 で描写の変化はほとんどありません。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -20
space

SD10画像 No.1021 Σ SD10画像 No.1021

 『10-20 vs 15-30 @15mm f:8.0』  1,401,342

天気が良くなったので 10-20mm で再度テスト撮影をしました。甲乙付け難し。共に凄いレンズです。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -10
space

SD10画像 No.1005 Σ SD10画像 No.1005

 『10-20 vs 15-30 20mm f:8.0』  1,048,500

10-20mm F4-5.6 EX DC HSM と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHRICAL の 20mm F8.0 です。リファレンスの 15-30mm より、わずかに良い描写をします。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -10
space

SD10画像 No.1004 Σ SD10画像 No.1004

 『10-20 vs 15-30 20mm f:5.6』  1,037,759

10-20mm F4-5.6 EX DC HSM と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHRICAL の 20mm F5.6 です。リファレンスの 15-30mm と比較して、わずかに甘いかなと感じます。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -10
space

SD10画像 No.1003 Σ SD10画像 No.1003

 『10-20 vs 15-30 15mm f:5.6』  1,091,995

10-20mm F4-5.6 EX DC HSM と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHRICAL の 15mm F5.6 です。リファレンスの 15-30mm と比較してもほとんど互角。良いレンズです。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -10
space

SD10画像 No.1002 Σ SD10画像 No.1002

 『10-20mm 10mm f:8.0』  757,398

比較する対象がないので1枚だけです。10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 10mm F8.0 です。周辺部の像の流れは少なくなります。焦点距離 10mm としては非常に良い描写でしょう。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -10
space

SD10画像 No.1001 Σ SD10画像 No.1001

 『10-20mm 10mm f:5.6』  714,336

比較する対象がないので1枚だけです。10-20mm F4-5.6 EX DC HSM の 10mm F5.6 です。周辺部にわずかな像の流れが認められますが、焦点距離を考えれば、十分に良い描写です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -9
space

SD10画像 No.995 Σ SD10画像 No.995

 『24-70 HF vs 15-30 @24mm』  1,133,814

24-70mm F3.5-5.6 ASPHERICAL HF と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHRICAL を 24mm で写し比べてみました。周囲に流れ、倍率色収差が認められますが、3倍以上の価格差がありますので、24-70mm HF、健闘です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
Oct. -2
space

SD10画像 No.984 Σ SD10画像 No.984

 『24-70 vs 28-70 EX @28mm f:3.5』 1,151,167

なぜか今までテストする機会がなかった、24-70mm F3.5-5.6 ASPHERICAL HFをテストしました。リファレンスは 28-70mm F2.8 EX です。28mm 敢えて開放で写してみました。絞った画像もそのうち掲載しますが、実用上は全く問題なし。良いレンズです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2005
July -17
space

SD10画像 No.852 Σ SD10画像 No.852

 『28-135 vs 28-70 @28mm f5.6』 1,239,661

以前テストしたレンズですが、比較相手を替えて再度掲載します。28-135mm 侮りがたし。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。両方とも Photoshop でコントラストを同じだけ上げてあります。

space space

2005
June -25
space

SD10画像 No.770 Σ SD10画像 No.770

 『18-200 vs 15-30 @18mm f:5.6』 1,390,590

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICALを比較しました。
午前中に撮影したときに画角を間違えてしまい、再撮影しました。18-200mm に色収差が見えます。
露出「絞り優先AE]、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
June -25
space

SD10画像 No.769 Σ SD10画像 No.769

 『18-200 vs 15-30 @21mm f:5.6』 1,279,554

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICALを比較しました。
18-200mm、かなり良い描写をしています。
露出「絞り優先AE]、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
June -25
space

SD10画像 No.768 Σ SD10画像 No.768

 『18-200 vs 28-70 @28mm f:5.6』 1,301,016

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC と 28-70mm F2.8 EX DG を比較しました。
18-200mm、周辺部での甘さはありますが、優秀です。
露出「絞り優先AE]、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
June -24
space

SD10画像 No.762 Σ SD10画像 No.762

 『18-200 vs 15-30 @18mm f:5.6』 1,179,172

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL を比較しました。
ご覧の通り、非常に優秀です。
露出「絞り優先AE]、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」からの色調カスタマイズです。

space space

2005
June -24
space

SD10画像 No.761 Σ SD10画像 No.761

 『18-200 vs 28-70 @28mm f:5.6』 1,129,506

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC と 28-70mm F2.8 EX DG を比較しました。
ご覧の通り、非常に優秀です。
露出「絞り優先AE]、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」からの色調カスタマイズです。

space space

2005
May -22
space

SD10画像 No.723 Σ SD10画像 No.723

 『28-200 vs 28-70 @28mm f:5.6』 1,748,699

COMPACT HYPERZOOM 28-200mm F3.5-5.6 ASPHERICAL MACRO と 28-70mm F2.8 EX DG を 28mmで比較。
露出「絞り優先AE]、WB「くもり」、MF、現像は「オート」で、色調を Photoshop で合わせました。

space space

2005
May -22
space

SD10画像 No.722 Σ SD10画像 No.722

 『28-70 vs 15-30 @28mm f:5.6』 1,597,542

28-70mm F2.8 EX DG と 15-30mm F3.5-4.5 を 28mmで、昼間写しました。ほぼ互角ですが、28-70mm のがチョット良いかな?
露出「絞り優先AE]、WB「くもり」、MF、現像は「オート」で、色調を Photoshop で合わせました。

space space

2005
May -21
space

SD10画像 No.721 Σ SD10画像 No.721

 『28-70 vs 15-30 @28mm f:4.5』 859,593

暇だったので、以前から気になっていた、28-70mm F2.8 EX DG と 15-30mm F3.5-4.5 を 28mm、レンズの収差がわかりやすい夜景で撮り比べました。ほぼ互角ですが、28-70mm のがチョット良いかな? でも 15-30mm は「開放」ですから、大変立派です。
露出「絞り優先AE」EV -2.0 。WB「晴れ」、AF、現像は「X3F」です。

space space

2005
Apr. -17
space

SD10画像 No.681 Σ SD10画像 No.681

 『24-70 vs 15-30 @24mm f:8』 1,689,688

今ひとつ、絞り込んでと言うご要望にお応えして、24-70mm F2.8 EX DG MACRO と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL の 24mm f:8.0 です。描写力は良い勝負ですが、24-70mm のが色収差が多いようです。
露出「オート」。WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
Apr. -8
space

SD10画像 No.636 Σ SD10画像 No.636

 『28-105 UC vs 28-70 @28mm f:5.6』 1,127,986

28-105mm F3.8-5.6 UC-III ASPHERICAL IF と 28-70mm F2.8 EX DG の 28mm f:5.6 です。28-105mm F3.8-5.6 ハイコストパフォーマンスレンズです。
露出「オート」。WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
Apr. -8
space

SD10画像 No.635 Σ SD10画像 No.635

 『24-70 vs 15-30 @24mm f:5.6』 1,060,208

24-70mm F2.8 EX DG MACRO と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL の 24mm f:5.6 です。やはり 15-30mm のが暗い分だけ描写力では有利なようです。
露出「オート」。WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
Apr. -8
space

SD10画像 No.632 Σ SD10画像 No.632

 『24-70 vs 28-70 @28mm f:5.6』 1,160,116

24-70mm F2.8 EX DG MACRO と 28-70mm F2.8 EX DG の 28mm f:5.6 です。こってり描写の 24-70mm、スッキリ描写の 28-70mm です。予想に反して 28-70mm 健闘です。
露出「オート」。WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2004
Dec. -25
space

SD10画像 No.550 Σ SD10画像 No.550

 『17-35 vs 28-70 @28mm f:5.6』 1,633,664

17-35mm F2.8-4 EX DG HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の 28mm f:5.6 です。28-70mm のが少し良いようです。
露出「オート」。WB「オート」、AF、現像は「オート」です。12枚撮影した内のベストショットです。

space space

2004
Dec. -18
space

SD10画像 No.535 Σ SD10画像 No.535

 『28-70 vs 24-60 28mm f5.6』 1,824,211

定点撮影です。SIGMA 28-70mm と 24-60mm の比較です。5.6 だと大きな差は出ません。ん? 28-70mm が少し良いかな?
露出「オート」。WB「オート」、AF、現像は「オート」です。6 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。げ、24-60mm に埋め込んだ文字が間違っています。@24mm -> @28mm が正しいです。

space space

2004
Dec. -18
space

SD10画像 No.534 Σ SD10画像 No.534

 『28-70 vs 24-60 28mm f2.8』 1,645,403

定点撮影です。SIGMA 28-70mm と 24-60mm の比較です。24-60mm が良いと思っていましたが、28-70mm はその上を行きました。
露出「オート」。WB「オート」、AF、現像は「オート」です。6 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Dec. -18
space

SD10画像 No.529 Σ SD10画像 No.529

 『TAMRON 28-75 vs 28-70 28mm f5.6』 1,598,557

定点撮影です。TAMRON 28-75mm と SIGMA 28-70mm の比較です。描写力はほぼ互角。
露出「オート/マニュアル」。WB「オート」、AF/MF、現像は「オート」です。6 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Dec. -18
space

SD10画像 No.528 Σ SD10画像 No.528

 『TAMRON 28-75 vs 28-70 28mm f2.8』 1,468,047

定点撮影です。TAMRON 28-75mm と SIGMA 28-70mm の比較です。描写力はほぼ互角、開放での描写としては優秀です。
露出「オート/マニュアル」。WB「オート」、AF/MF、現像は「オート」です。6 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -28
space

SD10画像 No.497 Σ SD10画像 No.497

 『Nikkor VS SIGMA #10』 1,260,442

AI AF Zoom Nikkor 24〜50mm F3.3〜4.5D と SIGMA 24-60mm F2.8 EX DG の比較です。Nikkor は Tsubu さんからお借りしました。
描写力は良い勝負、中心部は SIGMA のが良くて、周辺部は Nikon のが良いようです。色収差は SIGMA のがわずかに少ないようです。実売価格は SIGMA のが高いので、Nikon 優秀です。
露出はマニュアル、WB は「オート」、MF/AF、現像も「オート」です。 18 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -22
space

SD10画像 No.483 Σ SD10画像 No.483

 『Nikkor VS SIGMA #5』 2,110,450

Nikkor ED AF-S 28-70mm F2.8 D と SIGMA APO 24-60mm F2.8 EX DG の共に 28mm での比較です。
描写力は互角。SIGMA のが少し良いようです。価格差3倍です。
露出はマニュアル、WB は「晴れ」、MF/AF、現像は「オート」です。 12 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -20
space

SD10画像 No.469 Σ SD10画像 No.469

 『17-35 vs 24-60 @24mm f:3.5』 2,885,906

SIGMA 17-35mm F2.8-4 EX DG HSM と 24-60mm F2.8 EX DG の 24mm f:3.5 での画像です。
絞り優先AE、WB は「オート」、AF、現像もオートです。 18 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -20
space

SD10画像 No.468 Σ SD10画像 No.468

 『17-35 vs 24-60 @24mm f:5.6』 3,009,531

SIGMA 17-35mm F2.8-4 EX DG HSM と 24-60mm F2.8 EX DG の 24mm f:5.6 での画像です。
以前 12-24 と一緒にやりましたが、もう一度。
絞り優先AE、WB は「オート」、AF、現像もオートです。 12 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -19
space

SD10画像 No.464 Σ SD10画像 No.464

 『17-35 vs 15-30 @17mm』 1,852,374

SIGMA 17-35mm F2.8-4 EX DG HSM と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL の17mm での画像です。
中心部では 17-35mm の描写が良くて、周辺部では 15-30mm のが良い描写をしています。
絞り優先AE、WB は「曇り」、AF、現像はリセットです。6枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Oct. -31
space

SD10画像 No.448 Σ SD10画像 No.448

 『18-50 EX vs 24-60 @24mm f:2.8』 3,024,739

定点撮影です。オートフォーカスで各 18 枚撮影した中のベストです。
絞り優先AE、WB は「晴れ」、AF、現像はオート、18-50mm のコントラスト、明るさ、色調を 24-60mm に合わせてあります。

space space

2004
Oct. -30
space

SD10画像 No.445 Σ SD10画像 No.445

 『18-50 EX,24-60,15-30 EX @24mm f:5.6』 3,733,258

天候がイマイチですが、定点撮影です。オートフォーカスで 18 枚ほど撮影した中のベストです。
絞り優先AE、WB は「くもり」、AF、現像はリセットからのカスタム、コントラスト、明るさ、色調は合わせてあります。

space space

2004
Oct. -30
space

SD10画像 No.444 Σ SD10画像 No.444

 『18-50 EX vs 15-30 @18mm f:5.6』 2,607,149

天候がイマイチですが、定点撮影です。オートフォーカスで 18 枚ほど撮影した中のベストです。
絞り優先AE、WB は「くもり」、AF、現像はリセットからのカスタム、コントラスト、明るさ、色調は合わせてあります。

space space

2004
Sep. -18
space

SD10画像 No.370 Σ SD10画像 No.370

 『28-105 vs 24-60 @28mm f:5.6』 2,891,824

例によって定点撮影です。意外と良いのではないかと予想していた EX シリーズでない 28-105mm ですが、予想以上に健闘です。周辺部を使わない SD9/10 のメリットが出たような気がします。

space space

2004
Aug. -14
space

SD10画像 No.339 Σ SD10画像 No.339

 『17-35 vs 24-60 @28mm』 1,392,306

17-35mm と 24-60mm の 28mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートです。各 6 枚づつ撮影した内のベスト画像です。
やはり良い勝負。

space space

2004
Aug. -14
space

SD10画像 No.338 Σ SD10画像 No.338

 『15-30 vs 17-35 @28mm』 1,394,190

15-30mm と 17-35mm の 28mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートです。各 6 枚づつ撮影した内のベスト画像です。
画像の質感がだいぶ違います。

space space

2004
Aug. -14
space

SD10画像 No.337 Σ SD10画像 No.337

 『15-30 vs 24-60 @28mm』 1,389,895

15-30mm と 24-60mm の 28mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートです。各 6 枚づつ撮影した内のベスト画像です。
画像の質感がだいぶ違います。

space space

2004
Aug. -14
space

SD10画像 No.336 Σ SD10画像 No.336

 『28-70 vs 17-35 @28mm』 1,396,509

28-70mm F2.8 と 17-35mm の 28mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートです。各 6 枚づつ撮影した内のベスト画像です。28-70mm は2ヶ月ほど前に撮影した画像です。
画像の質感がだいぶ違います。

space space

2004
Aug. -14
space

SD10画像 No.335 Σ SD10画像 No.335

 『28-70 vs 24-60 @28mm』 1,416,735

28-70mm F2.8 と 24-60mm の 28mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートです。各 6 枚づつ撮影した内のベスト画像です。28-70mm は2ヶ月ほど前に撮影した画像です。
やはり 24-60mm のがやや良いかなといった感じですが、画像の質感がだいぶ違います。

space space

2004
Aug. -13
space

SD10画像 No.332 Σ SD10画像 No.332

 『12-24 vs 17-35 vs 24-60 @24mm』 1,444,259

12-24mm と 17-35mm DG と 24-60mm の 24mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、12-24mm は MF、17-35mm,24-60mmは AF、WBは「晴れ」、現像はオートです。各 6 枚づつ撮影した内のベスト画像です。
12-24mm は「開放」ですので、5.6 での比較はかわいそうです。f:8.0 ではかなりの描写をします。17-35mm と 24-60mm はどちらも凄い描写力です。

space space

2004
Aug. -13
space

SD10画像 No.331 Σ SD10画像 No.331

 『12-24 vs 17-35 vs 15-30 @20mm』 1,337,201

12-24mm と 17-35mm DG と 15-30mm の 17mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、12-24mm は MF、17-35mm,15-30mmは AF、WBは「晴れ」、現像はオートです。各 6 枚づつ撮影した内のベスト画像です。
12-24mm はやはり 5.6 では苦しいですね。17-35mm と 15-30mm この焦点距離では 17-35mm のがわずかに切れがあります。ヌケの良さで勝っていますね。

space space

2004
Aug. -13
space

SD10画像 No.330 Σ SD10画像 No.330

 『12-24 vs 17-35 vs 15-30 @17mm』 1,368,680

12-24mm と 17-35mm DG と 15-30mm の 17mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、12-24mm は MF、17-35mm,15-30mmは AF、WBは「晴れ」、現像はオートです。各 6 枚づつ撮影した内のベスト画像です。12-24mm はやはり 5.6 では苦しい。17-35mm と 15-30mm、この焦点距離では 15-30mm のがわずかにきれいな画像です。残留収差の差だと思います。

space space

2004
Aug. -13
space

SD10画像 No.329 Σ SD10画像 No.329

 『12-24 vs 15-30 @15mm』 1,334,230

12-24mm と 15-30mm の 15mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、MF、WBは「晴れ」、現像はオートです。各 6 枚づつ撮影した内のベスト画像です。
明らかに 15-30mm のが良い描写をしています。もしかすると 12-24mm は調整不足かも知れませんが、もう少し絞って使うべきレンズのようです。

space space

2004
Aug. -6
space

SD10画像 No.306 Σ SD10画像 No.306

 『24-60 vs 15-30』 2,647,355

24-60mm F2.8 と 15-30mm F3.5-4.5 の 24mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「曇り」、現像はオートです。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 10 枚撮影した内のベスト画像です。この前の 24-60mm の描写が予想を下回ったため、シグマさんでチェックしてもらい、再度テストしました。

space space

2004
July -4
space

SD10画像 No.280 Σ SD10画像 No.280

 『18-125 vs 15-30 @24mm』 2,557,299

18-125mm F3.5-5.6 DC と 15-30mm F3.5-4.5 の 24mm f:8.0 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートのみ。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 6 枚撮影した内のベスト画像です。18-125mm は明るいレンズではないので、f:8.0 でテストしています。

space space

2004
July -4
space

SD10画像 No.279 Σ SD10画像 No.279

 『18-125 vs 15-30 @18mm』 2,709,481

18-125mm F3.5-5.6 DC と 15-30mm F3.5-4.5 の 18mm f:8.0 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートのみ。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 6 枚撮影した内のベスト画像です。18-125mm は明るいレンズではないので、f:8.0 でテストしています。

space space

2004
July -3
space

SD10画像 No.270 Σ SD10画像 No.270

 『24-60 vs 15-30』 1,377,463

24-60mm F2.8 と 15-30mm F3.5-4.5 の 24mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオート後、色調のみ調整です。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 6 枚撮影した内のベスト画像です。24-60mm の描写が予想を下回るため、個体差の可能性が高いのでシグマさんでチェックしてもらい、場合によっては再度テストします。

space space

2004
Apr.- 25
space

SD10画像 No.196 Σ SD10画像 No.196

 『28-135mm vs 28-70mm EX @28mm f:5.6』 1,577,602

28-135mm F3.8-5.6 ASPHERICAL IF MACRO と私の 28mm リファレンス 28-70mm EX ASPHERICAL DF を 28mm f:5.6 で比べました。
28-135mm は EX と良い勝負です。センターでは負けますが周辺部で勝っています。優秀。
ホワイトバランスは「晴れ」、絞り優先AE、現像もオート、AF です。

space space

2004
Mar.- 7
space

SD10画像 No.140 Σ SD10画像 No.140

 『28mm competition』 1,204,668

28mm 廉価レンズと EX 、新 28-300mm
全てホワイトバランスは「晴れ」、絞り優先AE、現像もオート、AF です。

space space

2004
Jan. -4
space

SD10画像 No.74 Σ SD10画像 No.74

 『28mm competition』 1,719,673

24-135mmの描写を見ました。24-135mm は SD10 で、他の画像は SD9 で撮影しました。絞り優先AE、WBもオート、現像もオートです。が、明るさとコントラストは調整してあります。

space space

2003
Nov. -15
space

SD10画像 No.15 Σ SD10画像 No.15

 『SIGMA 18-50mm DC の「歪曲」』 313,568

18mm−かなり樽型、28mm−少し樽型、50mm−目立たない樽型
「本当の見え方」を考慮すると広角側で樽型になるのはある意味では「正常」なのですが・・・。(^^;

space space

2003
Nov. -15
space

SD10画像 No.9 Σ SD10画像 No.9

 『SIGMA 18-50mm DC 広角端、開放』 777,418

リクエストにお答えして、18-50mm DC 18mm 開放の画像です。

space space

2003
Nov. -14
space

SD10画像 No.2 Σ SD10画像 No.2

 『SIGMA 18-50mm vs 15-30mm』 1,549,965

SIGMA 18-50mm F:3.5-5.6 DC と 15-30mm F:4.5-5.6 のガチンコ勝負。
価格差を考えたら、18-50mm、十分にお薦めです。
なんと 15-30mm が 30mm で負けています。

space space

2003
June -6
space

その81 Σ SD9画像 No.75

 『28mm比較その2』 2,107,328

下の作例に「この作例は素材が悪すぎるので近い将来差し替えます。」と書きましたが撮影時の条件の違いによってこれだけ違って見えると言うことを知って頂きたいので「追加」しました。

space space

2003
June -4
space

その80 Σ SD9画像 No.74

 『28mm比較』 1,599,912

朝もやが出ていたので、撮影条件はあまり良くないです。7本を比較していますので大きいファイルになりました。28-200mm は以前私が所有していたモノより悪いです。個体差でしょう。この作例は素材が悪すぎるので近い将来差し替えます。(^^;

space space

2003
June -1
space

その79 Σ SD9画像 No.73

 『24mm比較』 1,396,567

24mm F:1.8 と 15-30mm F:3.5-4.5 の比較です。甲乙つけられません。24mm が f:4.0 でも十分な描写をしているのが印象的です。15-30mm の色収差の少なさも素晴らしいです。

space space

2003
March -14
space

その68 Σ SD9画像 No.62

 『20mmと15-30mm比較画像』 1,263,609

20mm F:1.8と15-30mm F:3.5-4.5の比較です。
ちょっと画角は違いますが、一応の比較にはなると思います。絞り優先AEでホワイトバランスもオート、現像もオートです。右下が画面の中心で、左上1/4の写真を実寸で4枚並べました。

space space

2003
April -20
space

その67 Σ SD9画像 No.61

 『28mm 比較画像その2』 1,080,700

F:4 1/350Sec. ISO 100
28mm F:1.8 15-30mm F:3.5-4.5 28-70mm F:2.8
3本のレンズを同じ条件で同じ被写体を撮影。画像にレンズ名を入れてありますので、じっくり比較してください。絞り優先AEでホワイトバランスもオート、現像もオートです。下の作例は昨日撮影したものなので、光線の条件は同じではありません。

space space

2003
April -19
space

その66 Σ SD9画像 No.60

 『28mm 比較画像』 1,181,195

F:8 1/750Sec. ISO 100
28mm F:1.8 15-30mm F:3.5-4.5 28-70mm F:2.8
3本のレンズを同じ条件で同じ被写体を撮影。画像にレンズ名を入れてありますので、じっくり比較してください。絞り優先AEでホワイトバランスもオート、現像もオートです。

space space

2003
March - 13
space

その56 Σ SD9画像 No.50

 『15-30mm 対 28-70mm F:2.8-4.0 HSZ』 1,287,595

上 SIGMA 15-30mm F:3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL @30mm F:8.0 1/180Sec. ISO 100
下 SIGMA 28-70mm F:2.8-4.0 HIGH SPEED ZOOM @31mm F:8.0 1/180Sec. ISO 100
安い、速い、軽い、でも画質は? 15-30mm と比べては可哀相。実売価格で3倍以上の差があります。(^^;

space space

2003
March - 13
space

その55 Σ SD9画像 No.49

 『15-30mm 対 14mm』 174,903

SIGMA 14mm F:2.8 EX ASPHERICAL HMS @F:4 1/3000Sec. ISO 100
SIGMA 15-30mm F:3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL @15mm F:4 1/4000Sec. ISO 100
14mm VS 15-30mm の作例です。

space space

2003
Jan.-11
space

その32 Σ SD9画像 No.28-2

 『28mm比較、拡大画像』 508,831

説明:掲示板だと時間が経つと読めなくなりますので、ここに書いておきます。
縦の列左側は 28mm F:1.8 EX で右側は 17-35mm F:2.8-4 EX @ 28mm の画像です。両レンズとも先ほどシグマさんより調整が終わって帰ってきたばかりです。(^^;AFで撮影。絞り値は画像に表示してあります。
開放近くでは両レンズともピントは来ていますがフレアがあります。そのせいで若干の青かぶりが見られます。
F:5.6 〜 F:11 までは良好な画像です。28mm F:1.8 のほうがやや解像度は高く見えます。(コントラストが高いせいかも知れません)
F:22 はシャッタースピードが 3Sec. と長いために、ノイズが目立ち、カラーバランスが狂っています。この現象はレンズのせいではありません。回折による解像度の低下も見られます。撮影した距離は60cm。明るさは ISO 100 で F:2.8 1/20Sec.でした。
現像は全てオートで tiff にしています。

space space

2003
Jan.-11
space

その31 Σ SD9画像 No.28

 『画像処理ソフトのパッケージ裏側』 1,232,777

SIGMA 28mm F:1.8 @ F:11 0.7Sec. ISO 100
条件を変えて撮影したこの画像の中心部ヤヤ下を上に並べました。

space space


30mm 〜 60mm (between 30mm and 60mm)

2012
August-12
space

SD1画像 No.663 Σ SD1画像 No.663

 『18-250mm macro @31mm f:8.0』  6,168,126

SD1 による SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM の 31mm f:8.0 です。糸巻き型の歪曲が目立ちますが、それ以外は可もなく不可もなくと言った感じ。SPP で色収差を修正すれば、かなり良くなると思われますので、実用上は十分な描写です。が、DP2 Merrill と比較してはいけません。(^^;
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.3.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0.5,0.5。

space space

2012
August-12
space

SD1画像 No.662 Σ SD1画像 No.662

 『18-250mm macro @31mm f:4.0』  5,058,543

SD1 による SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM の 31mm f:4.0 絞り開放です。周辺部はソフトフォーカスですが、それ以外は良い感じです。糸巻き型の歪曲が少し目立ちます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.3.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0.5,0.5。

space space

2012
August-12
space

SD1画像 No.665 Σ SD1画像 No.665

 『18-250mm macro @51mm f:8.0』  5,881,997

SD1 による SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM の 51mm f:8.0 です。糸巻き型の歪曲が目立ちますが、それ以外はかなり良い描写。実用上は十分です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.3.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0.5,0.5。

space space

2012
August-12
space

SD1画像 No.664 Σ SD1画像 No.664

 『18-250mm macro @51mm f:5.0』  5,140,569

SD1 による SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM の 51mm f:5.0 絞り開放です。周辺部はややソフトフォーカスで、糸巻き型の歪曲が目立ちます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.3.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0.5,0.5。

space space

2012
June-10
space

SD1画像 No.616 Σ SD1画像 No.616

 『50-500mm OS @50mm f:9.0』  8,293,021

SD1 による SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM の 50mm f:9.0 です。中心部は非常に良い描写。周辺の色収差が無ければかなり良いのですが・・・。まぁ、色収差はデジタル的に低減できることと、10倍ズームの広角端と考えれば、許容範囲でしょう。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-10
space

SD1画像 No.615 Σ SD1画像 No.615

 『50-500mm OS @50mm f:4.5』  6,617,262

SD1 による SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM の 50mm f:4.5 絞り開放です。中心部はかなり良い描写ですが、周辺は色収差が目立ち、甘い描写。絞り開放、AF なのでこんなものでしょう。SD1 でなければ十分に良い描写ですが・・・。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.512 Σ SD1画像 No.512

 『17-50mm f:5.6』  8,276,285

SD1 で 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM を f:5.6 で撮影。APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM との比較用に撮りました。周辺は良いのですが、中心が甘くなっています。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.496 Σ SD1画像 No.496

 『50-150mm OS 50mm f:11.0』  8,121,752

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm f:11.0 です。回折の影響で全体に少しだけ甘くなります。A2 サイズまでのプリントなら問題ない程度。良い描写です。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.495 Σ SD1画像 No.495

 『50-150mm OS 50mm f:8.0』  8,826,754

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm f:8.0 です。四隅を除けば、ほぼ完璧。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.494 Σ SD1画像 No.494

 『50-150mm OS 50mm f:5.6』  9,189,143

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm f:5.6 です。四隅の甘さも少なくなります。非常に良い描写。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.493 Σ SD1画像 No.493

 『50-150mm OS 50mm f:4.0』  8,612,451

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm f:4.0 です。画面四隅にわずかな流れと色収差があります。それ以外は文句なし。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.492 Σ SD1画像 No.492

 『50-150mm OS 50mm f:2.8』  6,421,826

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm f:2.8 です。中心部が良すぎるので、周辺部が甘く見えます。わずかな色収差も見えます。が、絞り開放ですので、十分に良い描写と言えます。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.250 Σ SD15画像 No.250

 『PC Nikkor 35mm @f:11.0』  2,950,807

SD15 で PC Nikkor 35mm F2.8 の f:11.0 です。上半分の描写はとても良いのですが・・・。ギリギリで許容範囲でしょうか。 撮影日:2011/10/23
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.249 Σ SD15画像 No.249

 『PC Nikkor 35mm @f:8.0』  2,993,417

SD15 で PC Nikkor 35mm F2.8 の f:8.0 です。かなり良いのですが、シフトした分、下の方の描写はイマイチです。 撮影日:2011/10/23
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.248 Σ SD15画像 No.248

 『PC Nikkor 35mm @f:5.6』  2,767,913

SD15 で PC Nikkor 35mm F2.8 の f:5.6 です。シフトしなければギリギリで許容範囲でしょう。 撮影日:2011/10/23
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.247 Σ SD15画像 No.247

 『PC Nikkor 35mm @f:4.0』  2,287,742

SD15 で PC Nikkor 35mm F2.8 の f:4.0 です。少し良くなりましたが、シフトした分、下の方はボケボケです。 撮影日:2011/10/23
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.246 Σ SD15画像 No.246

 『PC Nikkor 35mm @f:2.8』  1,951,017

SD15 で PC Nikkor 35mm F2.8 の f:2.8 絞り開放です。全体にソフトフォーカスです。 撮影日:2011/10/23
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.400 Σ SD1画像 No.400

 『PC Nikkor 35mm @f:11.0』  5,517,716

SD1 で PC Nikkor 35mm F2.8 の f:11.0 です。SD1 の色かぶりが顕著です。ダメですね。 撮影日:2011/10/23
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.399 Σ SD1画像 No.399

 『PC Nikkor 35mm @f:8.0』  5,871,141

SD1 で PC Nikkor 35mm F2.8 の f:8.0 です。シフトしています。ここまで絞っても下の方はダメダメです。 撮影日:2011/10/23
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.398 Σ SD1画像 No.398

 『PC Nikkor 35mm @f:5.6』  5,626,533

SD1 で PC Nikkor 35mm F2.8 の f:5.6 です。シフトしています。SD1 の色かぶりが良く解ります。中心部のみ使えます。シフトレンズとしては失格です。 撮影日:2011/10/23
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.397 Σ SD1画像 No.397

 『PC Nikkor 35mm @f:4.0』  4,858,320

SD1 で PC Nikkor 35mm F2.8 の f:4.0 です。シフトしています。SD1 の色かぶりが良く解ります。甘過ぎです。 撮影日:2011/10/23
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.396 Σ SD1画像 No.396

 『PC Nikkor 35mm @f:2.8』  4,326,209

SD1 で PC Nikkor 35mm F2.8 の f:2.8 絞り開放です。シフトしています。SD1 の色かぶりが良く解ります。周辺部はモケモケ。 撮影日:2011/10/23
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.229 Σ SD15画像 No.229

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:11.0』  3,037,623

SD15 で Ai Nikkor 35mm F2 の f:11.0 です。かなり良いです。回折の影響もあまり感じません。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.228 Σ SD15画像 No.228

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:8.0』  3,063,450

SD15 で Ai Nikkor 35mm F2 の f:8.0 です。問題有りません。良い描写です。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.227 Σ SD15画像 No.227

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:5.6』  2,975,264

SD15 で Ai Nikkor 35mm F2 の f:5.6 です。ほぼ問題なし。良い描写です。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.226 Σ SD15画像 No.226

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:4.0』  2,801,016

SD15 で Ai Nikkor 35mm F2 の f:4.0 です。四隅がモケモケ。それが無ければ十分に良い描写。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.225 Σ SD15画像 No.225

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:2.8』  2,564,763

SD15 で Ai Nikkor 35mm F2 の f:2.8 です。周辺部の描写が後一歩。許容範囲外。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.224 Σ SD15画像 No.224

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:2.0』  2,373,443

SD15 で Ai Nikkor 35mm F2 の 絞り開放 f:2.0 です。 中心部は悪くありませんが、周辺部はイマイチ。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.379 Σ SD1画像 No.379

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:11.0』  5,825,660

SD1 で Ai Nikkor 35mm F2 の f:11.0 です。悪くはないのですが、回折の影響で、全体的に解像感が失われています。四隅の色収差は多めです。 撮影日:2011/10/18
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.378 Σ SD1画像 No.378

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:8.0』  6,444,977

SD1 で Ai Nikkor 35mm F2 の f:8.0 です。四隅を除けば許容範囲でしょう。 撮影日:2011/10/18
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.377 Σ SD1画像 No.377

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:5.6』  6,371,361

SD1 で Ai Nikkor 35mm F2 の f:5.6 です。かなり良くはなりますが、周辺部の描写は甘く、色収差も目立ちます。 撮影日:2011/10/18
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.376 Σ SD1画像 No.376

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:4.0』  5,830,049

SD1 で Ai Nikkor 35mm F2 の f:4.0 です。全体的にイマイチ。 撮影日:2011/10/18
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.375 Σ SD1画像 No.375

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:2.8』  5,423,567

SD1 で Ai Nikkor 35mm F2 の f:2.8 です。全体に甘い描写。周辺部はかなりモケモケ。 撮影日:2011/10/18
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.374 Σ SD1画像 No.374

 『Ai Nikkor 35mm F2 @f:2.0』  5,192,993

SD1 で Ai Nikkor 35mm F2 の 絞り開放 f:2.0 です。 全体に甘い描写。画面全部がソフトフォーカスです。このレンズも SD1 だと周辺部の緑かぶりが目立ちます。 撮影日:2011/10/18
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.373 Σ SD1画像 No.373

 『Ai Micro Nikkor 55mm @f:16.0』  5,049,756

SD1 で Ai Micro Nikkor 55mm F2.8 の f:16.0 です。回折の影響で1ピクセルの解像は見られません。周辺部の緑かぶりは絞っても無くなりません。 撮影日:2011/10/17
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.372 Σ SD1画像 No.372

 『Ai Micro Nikkor 55mm @f:11.0』  5,631,175

SD1 で Ai Micro Nikkor 55mm F2.8 の f:11.0 です。ごくわずかですが、全体的に甘くなります。 撮影日:2011/10/17
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.371 Σ SD1画像 No.371

 『Ai Micro Nikkor 55mm @f:8.0』  5,930,394

SD1 で Ai Micro Nikkor 55mm F2.8 の f:8.0 です。非常に良い描写。文句なし。周辺部の緑かぶりが残念。 撮影日:2011/10/17
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.370 Σ SD1画像 No.370

 『Ai Micro Nikkor 55mm @f:5.6』  5,965,340

SD1 で Ai Micro Nikkor 55mm F2.8 の f:5.6 です。非常に良い描写。完璧です。周辺部の緑かぶりが残念。 撮影日:2011/10/17
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.369 Σ SD1画像 No.369

 『Ai Micro Nikkor 55mm @f:4.0』  5,909,136

SD1 で Ai Micro Nikkor 55mm F2.8 の f:4.0 です。四隅が少し甘いのですが、それ以外は非常に良い描写。周辺部の緑かぶりが残念。 撮影日:2011/10/17
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.368 Σ SD1画像 No.368

 『Ai Micro Nikkor 55mm @f:2.8』  5,526,310

SD1 で Ai Micro Nikkor 55mm F2.8 の 絞り開放 f:2.8 です。中心部は結構良いと思いますが、周辺部はかなり甘い感じです。SD1 に古い他社製のレンズを装着した場合、このような緑かぶりが周辺部に出ます。 撮影日:2011/10/17
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.239 Σ SD15画像 No.239

 『18-200mm II OS @50mm f:8.0』  2,624,944

SD15 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 50mm f:8.0 です。非常に良い描写。文句なし。 撮影日:2011/11/27
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.238 Σ SD15画像 No.238

 『18-200mm II OS @50mm f:5.0』  2,630,771

SD15 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 50mm f:5.0 絞り開放です。かなり良い描写。合格。 撮影日:2011/11/27
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.237 Σ SD15画像 No.237

 『18-200mm II OS @35mm f:8.0』  2,661,815

SD15 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 35mm f:8.0 です。四隅もスッキリしました。かなり良い描写。十分に許容範囲。 撮影日:2011/11/27
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.236 Σ SD15画像 No.236

 『18-200mm II OS @35mm f:4.5』  2,531,309

SD15 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 35mm f:4.5 絞り開放です。四隅がイマイチだけど、許容範囲。 撮影日:2011/11/27
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-25
space

SD1画像 No.363 Σ SD1画像 No.363

 『18-200mm II OS @50mm f:8.0』  5,508,248

SD1 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 50mm f:8.0 です。かなり良い描写。四隅の描写と糸巻き型の歪曲に目をつぶれば許容範囲。 撮影日:2011/11/17
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-25
space

SD1画像 No.362 Σ SD1画像 No.362

 『18-200mm II OS @50mm f:5.0』  5,218,259

SD1 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 50mm f:5.0 絞り開放です。中心部はまぁまぁ。周辺部の描写が甘過ぎます。許容範囲外。 撮影日:2011/11/17
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-25
space

SD1画像 No.361 Σ SD1画像 No.361

 『18-200mm II OS @35mm f:8.0』  5,734,462

SD1 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 35mm f:8.0 です。かなり良い描写。四隅の描写と糸巻き型の歪曲に目をつぶれば許容範囲。 撮影日:2011/11/17
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-25
space

SD1画像 No.360 Σ SD1画像 No.360

 『18-200mm II OS @35mm f:4.5』  5,218,295

SD1 で SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM の 35mm f:4.5 絞り開放です。中心部はかなり良いのですが、周辺部の描写と糸巻き型の歪曲で許容範囲外。 撮影日:2011/11/17
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.233 Σ SD1画像 No.233

 『50mm vs 17-50mm f:4.0 下半分』  7,487,187

SD1 で 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM と 50mm F1.4 EX DG HSM を f:4.0 で比べてみました。全体の下半分です。良い勝負ですが、最下部隅の描写は 50mm F1.4 のが勝っています。OS 付きのレンズはこうした片ボケ的な描写をする事があります。ただ、f:5.6 で比較するとほとんど互角です。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.232 Σ SD1画像 No.232

 『50mm vs 17-50mm f:4.0 上半分』  6,844,073

SD1 で 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM と 50mm F1.4 EX DG HSM を f:4.0 で比べてみました。全体の上半分です。良い勝負ですが、17-50mm のが解像感では勝っています。しかし、解放値は f:2.8 なので、どう頑張っても f:2.0 で撮影する事は不可能です。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.231 Σ SD1画像 No.231

 『50mm f:11.0』  7,622,486

SD1 による SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM の f:11.0 です。他社のカメラで撮影したような描写になっています。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.230 Σ SD1画像 No.230

 『50mm f:8.0』  8,128,576

SD1 による SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM f:8.0 です。f:5.6 とほとんど変わりません。中心部を見比べるとごくわずか甘くなっているのが判ります。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.229 Σ SD1画像 No.229

 『50mm f:5.6』  8,150,105

SD1 による SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM の f:5.6 です。わずかな色収差が見えますが、ほぼ、合格点でしょうか。中心部の描写は素晴らしい。完璧です。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.228 Σ SD1画像 No.228

 『50mm f:4.0』  8,116,235

SD1 による SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM の f:4.0 です。四隅の甘さをどう判定するかで評価が分かれるところ。中心部の描写は満点。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.227 Σ SD1画像 No.227

 『50mm f:2.8』  7,294,073

SD1 による SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM の f:2.8 です。十分に良い描写ですが、四隅はまだ少し甘い印象。ハロによる着色はほとんど目立ちませんが、わずかな色収差が判ります。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.226 Σ SD1画像 No.226

 『50mm f:2.0』  7,644,608

SD1 による SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM の f:2.0 です。四隅の甘さは許容範囲ギリギリアウト。絞り解放と同様のハロによる不自然な着色が気になります。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.225 Σ SD1画像 No.225

 『50mm f:1.4』  6,978,894

SD1 による SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM の f:1.4 です。 全体的な甘さはありますが、f:1.4 である事を考慮すれば十分に良い描写と言えます。が、SD1 との相性はイマイチ。大口径レンズを SD1 で使用した時のハロによる不自然な着色が気になります。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.224 Σ SD1画像 No.224

 『17-50mm 50mm f:11.0』  7,252,045

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm f:11.0 です。やはり f:11 だと全体的に甘くなります。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.223 Σ SD1画像 No.223

 『17-50mm 50mm f:8.0』  7,383,261

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm f:8.0 です。比べなければ回折の影響は判らないかも知れません。f:5.6 の描写と比較するとごくわずかに甘くなっていますが、像面湾曲が少なくなっているので、こちらのが良い印象です。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.222 Σ SD1画像 No.222

 『17-50mm 50mm f:5.6』  7,661,600

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm f:5.6 です。ごくわずかな像面湾曲があるため中心部がわずかに甘くなっています。が、十分に良い描写。完璧の一歩手前です。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.221 Σ SD1画像 No.221

 『17-50mm 50mm f:4.0』  7,411,482

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm f:4.0 です。四隅にわずかな甘さがありますが、とても良い描写です。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.220 Σ SD1画像 No.220

 『17-50mm 50mm f:2.8』  7,294,073

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 50mm f:2.8 です。ズームレンズの絞り開放とは思えない非常に良い描写。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.219 Σ SD1画像 No.219

 『17-50mm 35mm f:11.0』  6,754,896

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 35mm f:11.0 です。全体的には甘くなりますが、ダメと言えるほどではありません。像面湾曲が被写界深度によって救われています。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.218 Σ SD1画像 No.218

 『17-50mm 35mm f:8.0』  7,062,528

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 35mm f:8.0 です。回折の影響で f:5.6 の描写と比較するとわずかに甘くなっていることが判りますが、十分に良い描写である事は確かです。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.217 Σ SD1画像 No.217

 『17-50mm 35mm f:5.6 その3』  7,308,308

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 35mm f:5.6 で、像面湾曲のサンプルです。上と合わせてご覧ください。周辺部にピントが来ていますが、中心部はモケモケです。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.216 Σ SD1画像 No.216

 『17-50mm 35mm f:5.6 その2』  9,062,448

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 35mm f:5.6 で、像面湾曲のサンプルです。上と合わせてご覧ください。中心部にピントが来ていますが、周辺部はモケモケです。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.215 Σ SD1画像 No.215

 『17-50mm 35mm f:5.6』  7,281,385

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 35mm f:5.6 です。十分に良い描写。ですがこのピント位置を探すのは大変でした。像面湾曲のサンプルとして最適なので上にアップしておきます。【テクニカルにも掲載】 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.214 Σ SD1画像 No.214

 『17-50mm 35mm f:4.0』  7,287,195

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 35mm f:4.0 です。少しシャープになった分、像面湾曲が見えてしまいました。中心部の少し外側が最良の描写。全体的にはギリギリで許容範囲でしょう。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-21
space

SD1画像 No.213 Σ SD1画像 No.213

 『17-50mm 35mm f:2.8』  6,805,698

SD1 による SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM の 35mm f:2.8 です。周辺部にわずかな甘さを感じますが十分に良い描写。合格です。 撮影日:2011/06/13
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.0「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2010
Sep.-20
space

SD15画像 No.91 Σ SD15画像 No.91

 『17-50/2.8 OS vs 50/1.4 @50/5.6』  3,546,959

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 50mm F1.4 EX DG HSM を f:5.6 で比較しました。どちらも十分に良い描写です。が、17-50mm のが少しだけ良いようです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-20
space

SD15画像 No.90 Σ SD15画像 No.90

 『17-50/2.8 OS vs 50/1.4 @50/2.8』  3,433,712

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 50mm F1.4 EX DG HSM を f:2.8 で比較しました。共に周辺部の描写ににはごくわずかな甘さがあります。が、実用上は全く問題のないレベル。素晴らしいです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-20
space

SD15画像 No.89 Σ SD15画像 No.89

 『17-50/2.8 OS vs 18-50/2.8 @50/5.6』  3,390,135

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 50mm f:5.6 で比較しました。18-50mm は周辺部の描写にわずかな甘さがあります。17-50mm は完璧と言って良い描写です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-20
space

SD15画像 No.88 Σ SD15画像 No.88

 『17-50/2.8 OS vs 18-50/2.8 @50/2.8』  3,240,679

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 50mm f:2.8 で比較しました。18-50mm は周辺部の描写に甘さがあります。17-50mm は絞り開放とは思えない素晴らしさです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-20
space

SD15画像 No.87 Σ SD15画像 No.87

 『17-50/2.8 OS vs 17-70/2.8 @50/5.6』  3,355,463

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM を 50mm f:5.6 で比較しました。17-70mm は周辺部の描写に甘さがあります。17-50mm の描写は完璧と言えます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.86 Σ SD15画像 No.86

 『17-50/2.8 OS vs 17-70/2.8 @35/5.6』  3,500,212

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM を 35mm f:5.6 で比較しました。17-70mm は周辺部の描写に甘さがあります。17-50mm の描写は完璧と言えます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.81 Σ SD15画像 No.81

 『17-50/2.8 OS vs 18-50/2.8 @35/5.6』  3,548,826

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 35mm f:5.6 で比較しました。どちらのレンズも非常に良い描写をしています。が、17-50mm の描写は完璧と言えます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.80 Σ SD15画像 No.80

 『17-50/2.8 OS vs 18-50/2.8 @35/2.8』  3,306,722

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 35mm f:2.8 で比較しました。どちらのレンズも良い描写をしています。しかし、周辺部は 17-50mm の描写が明らかに勝っています。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.74 Σ SD15画像 No.74

 『17-50mm F2.8 OS @50mm f:11.0』  2,764,428

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 50mm f:11.0 です。レンズの性能が良すぎるために f:5.6 と比較すると回折が描写を甘くしていることがわかってしまいます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.73 Σ SD15画像 No.73

 『17-50mm F2.8 OS @50mm f:5.6』  2,999,355

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 50mm f:5.6 です。何というレンズでしょう!50mm の描写力では最高のレンズかも知れません。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.72 Σ SD15画像 No.72

 『17-50mm F2.8 OS @50mm f:2.8』  2,717,296

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 50mm f:2.8 です。絞り開放でも間違いなく、歪曲以外の全ての点で MACRO 50mm F2.8 を越えています。倍率色収差が見えません。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.71 Σ SD15画像 No.71

 『17-50mm F2.8 OS @35mm f:11.0』  2,745,686

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 35mm f:11.0 です。回折の影響がわずかに見られますが、描写力は凄いです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.70 Σ SD15画像 No.70

 『17-50mm F2.8 OS @35mm f:5.6』  2,893,546

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 35mm f:5.6 です。褒め言葉を失います。本当にとんでもないレンズです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Sep.-18
space

SD15画像 No.69 Σ SD15画像 No.69

 『17-50mm F2.8 OS @35mm f:2.8』  2,634,825

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HMS の 35mm f:2.8 です。う〜〜〜n。絞り開放でこの描写です。いやはや。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像「オールリセット」からのカスタム。

space space

2010
Apr.-27
space

SD14画像 No.1312 Σ SD14画像 No.1312

 『50-500mm OS @50mm f:11.0』  3,387,631

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:11.0 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-27
space

SD14画像 No.1311 Σ SD14画像 No.1311

 『50-500mm OS @50mm f:8.0』  3,350,371

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:8.0 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-27
space

SD14画像 No.1310 Σ SD14画像 No.1310

 『50-500mm OS @50mm f:5.6』  3,464,878

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:5.6 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-27
space

SD14画像 No.1309 Σ SD14画像 No.1309

 『50-500mm OS @50mm f:4.5』  3,324,783

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:4.5 絞り開放です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-25
space

SD14画像 No.1303 Σ SD14画像 No.1303

 『50-500mm OS vs 50mm F1.4 @f:5.6』  3,034,842

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM と 50mm F1.4 を f:5.6 で比べてみました。50mm F1.4 のが良いのは当然ですが、50-500mm も 10倍ズームの広角端としては十分に良いと思います。倍率色収差が気になりますが、実用上はギリギリで許容範囲でしょう。画面は上半分です。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-25
space

SD14画像 No.1286 Σ SD14画像 No.1286

 『50-500mm OS @50mm f:11.0』  3,218,171

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:11.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-25
space

SD14画像 No.1285 Σ SD14画像 No.1285

 『50-500mm OS @50mm f:8.0』  3,294,429

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:8.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-25
space

SD14画像 No.1284 Σ SD14画像 No.1284

 『50-500mm OS @50mm f:5.6』  3,219,026

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:5.6 です。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オート」。

space space

2010
Apr.-25
space

SD14画像 No.1283 Σ SD14画像 No.1283

 『50-500mm OS @50mm f:4.5』  3,054,045

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM @50mm f:4.5 絞り開放です。
絞り優先AE、MF、WB「晴れ」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-5
space

SD14画像 No.1037 Σ SD14画像 No.1037

 『24-70mm IF vs 17-70mm @50mm f:5.6』  2,749,281

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 50mm f:5.6 で比較しました。

space space

2009
Aug.-5
space

SD14画像 No.1036 Σ SD14画像 No.1036

 『24-70mm IF vs 17-70mm @35mm f:5.6』  2,729,540

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 35mm f:5.6 で比較しました。

space space

2009
Aug.-7
space

SD14画像 No.1045 Σ SD14画像 No.1045

 『50-200mm vs 50-150mm @50mm f:5.6』  2,710,188

SIGMA 50-200mm F4-5.6 DC OS HSM と APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM を 50mm f:5.6 で比較しました。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1064 Σ SD14画像 No.1064

 『50-200mm F4-5.6 OS @50mm f:11.0』  3,044,694

SIGMA 50-200mm F4-5.6 DC OS HSM @50mm f:11.0 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1063 Σ SD14画像 No.1063

 『50-200mm F4-5.6 OS @50mm f:8.0』  3,023,752

SIGMA 50-200mm F4-5.6 DC OS HSM @50mm f:8.0 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1062 Σ SD14画像 No.1062

 『50-200mm F4-5.6 OS @50mm f:5.6』  2,999,804

SIGMA 50-200mm F4-5.6 DC OS HSM @50mm f:5.6 です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-9
space

SD14画像 No.1061 Σ SD14画像 No.1061

 『50-200mm F4-5.6 OS @50mm f:4』  2,918,277

SIGMA 50-200mm F4-5.6 DC OS HSM @50mm 絞り開放です。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像「オート」。

space space

2009
Aug.-10
space

SD14画像 No.1072 Σ SD14画像 No.1072

 『50-200mm vs 50-150mm II @50mm f:5.6』  2,952,764

SIGMA 50-200mm F4-5.6 DC OS HSM と APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM をチャート風で比べました。
絞り優先AE、AF、WB「カスタム」、現像「オールリセット」からカスタム。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1092 Σ SD14画像 No.1092

 『18-50mm OS vs 18-50mm F2.8 @50mm f:5.6』  2,195,531

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO をチャート風で比べました。撮影距離は同一です。18-50mm F2.8 のが近距離撮影による焦点距離の短縮率が大きいのが判ります。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オールリセット」からのカスタム。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1091 Σ SD14画像 No.1091

 『18-50mm OS vs 18-50mm F2.8 @35mm f:5.6』  2,306,629

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO をチャート風で比べました。撮影距離は同一です。18-50mm F2.8 のが近距離撮影による焦点距離の短縮率が大きいのが判ります。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オールリセット」からのカスタム。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1088 Σ SD14画像 No.1088

 『18-50mm OS @50mm f:11.0』  2,859,889

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @50mm f:11.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1087 Σ SD14画像 No.1087

 『18-50mm OS @50mm f:5.6』  2,860,060

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @50mm f:5.6 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1086 Σ SD14画像 No.1086

 『18-50mm OS @50mm f:4.5』  2,776,870

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @50mm f:4.5 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1085 Σ SD14画像 No.1085

 『18-50mm OS @35mm f:11.0』  2,904,014

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @35mm f:11.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1084 Σ SD14画像 No.1084

 『18-50mm OS @35mm f:5.6』  2,947,864

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @35mm f:5.6 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-13
space

SD14画像 No.1083 Σ SD14画像 No.1083

 『18-50mm OS @35mm f:4.0』  2,819,279

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM @35mm f:4.0 です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-11
space

SD14画像 No.1076 Σ SD14画像 No.1076

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @50mm f:5.6』  2,792,891

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 50mm で比べました。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-11
space

SD14画像 No.1075 Σ SD14画像 No.1075

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @35mm f:5.6』  2,788,102

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 35mm で比べました。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Aug.-22
space

SD14画像 No.1101 Σ SD14画像 No.1101

 『18-250mm vs 50mm F1.4 @f:5.6』  2,789,670

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM と 50mm F1.4 を 50mm f:5.6 で比べました。どちらもかなり良い描写ですが、やはり 50mm F1.4 の良さが目立ちます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-22
space

SD14画像 No.1100 Σ SD14画像 No.1100

 『18-250mm vs 18-125mm @50mm f:5.6』  2,672,339

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM と 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM を 50mm f:5.6 で比べました。どちらもかなり良い描写ですが、18-125mm のが少し良いようです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-22
space

SD14画像 No.1099 Σ SD14画像 No.1099

 『18-250mm vs 18-125mm @35mm f:5.6』  2,208,054

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM と 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM を 35mm f:5.6 で比べました。どちらもかなり良い描写、EX レンズ級です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1117 Σ SD14画像 No.1117

 『18-250mm OS @50mm f:11.0』  3,010,938

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。50mm f:11.0 非常に良い描写です。問題なし。少し糸巻きのディストーション。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1116 Σ SD14画像 No.1116

 『18-250mm OS @50mm f:8.0』  3,038,145

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。50mm f:8.0 非常に良い描写です。が、周辺部にごくわずかな甘さを感じます。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1115 Σ SD14画像 No.1115

 『18-250mm OS @50mm f:5.0』  2,815,475

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。50mm f:5.0 かなり良い描写です。が、中心部以外は少しソフトです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1114 Σ SD14画像 No.1114

 『18-250mm OS @35mm f:11.0』  3,061,149

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。35mm f:11.0 非常に良い描写です。全く問題なし。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1113 Σ SD14画像 No.1113

 『18-250mm OS @35mm f:5.6』  3,018,880

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。35mm f:5.6 非常に良い描写です。周辺部のソフト的な甘さもごくわずか。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-23
space

SD14画像 No.1112 Σ SD14画像 No.1112

 『18-250mm OS @35mm f:4.5』  2,791,789

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM の焦点距離別、絞り値別のテスト撮影です。35mm f:4.5 非常に良い描写です。周辺部にソフトな甘さがあります。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」

space space

2009
Aug.-28
space

SD14画像 No.1128 Σ SD14画像 No.1128

 『18-250mm OS vs18-125mm OS @50mm f:5.6』  2,392,159

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM と SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM を 50mm f:5.6、チャート風で比較しました。50mm になると 18-125mm のが少し良いです。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オールリセット」からのカスタム

space space

2009
Sep.-10
space

SD14画像 No.1132 Σ SD14画像 No.1132

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @50mm f:5.6』  1,075,485

SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 50mm f:5.6 で比べました。OS はほぼ開放であるにもかかわらず非常に良い描写をしています。
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像は「オールリセット」。

space space

2009
Sep.-13
space

SD14画像 No.1136 Σ SD14画像 No.1136

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @50mm f:5.6』  2,297,827

片ボケがなくなって帰ってきた SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 50mm f:5.6 で比べました。どちらも非常に良い描写です。大きな差はありませんが、わずかに OS の周辺部が甘い感じです。が、絞り開放から 1/3 段絞っただけですので、非常に優秀だと思います。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像は「オート」からのカスタム。

space space

2009
Sep.-13
space

SD14画像 No.1135 Σ SD14画像 No.1135

 『18-50mm OS vs 18-50mm EX DC @35mm f:5.6』  2,251,312

片ボケがなくなって帰ってきた SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 35mm f:5.6 で比べました。どちらも非常に良い描写です。ほとんど差がありません。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」からのカスタム。

space space

2009
Dec.-19
space

SD14画像 No.1142 Σ SD14画像 No.1142

 『70-300mm OS vs MACRO 105mm』  2,853,503

可愛そうですが、70-300mm F4-5.6 DG OS と MACRO 105mm と比べました。MACRO 105mm と比べてもこれほどの描写をします。とっても立派。MF より AF のが良くピントが合いました。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像は「オート」からのカスタム。

space space

2009
Dec.-19
space

SD14画像 No.1141 Σ SD14画像 No.1141

 『70-300mm OS vs MACRO 70mm』  3,023,512

残酷なことに、70-300mm F4-5.6 DG OS を最高のレンズ MACRO 70mm と比べました。MACRO 70mm が良いのは当然ですが、70-300mm OS はズーム広角端、レンズ開放から1段絞っただけでこの描写をします。立派。MF より AF のが良くピントが合いました。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像は「オート」からのカスタム。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1232 Σ SD14画像 No.1232

 『17-70mm OS @50mm f:11.0』  2,896,784

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 50mm f:11.0。f:11 に絞ってようやく許容範囲。全体的な描写はイマイチです。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1231 Σ SD14画像 No.1231

 『17-70mm OS @50mm f:8.0』  2,894,719

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 50mm f:8.0。四隅にわずかな甘さが残っています。右端以外はギリギリ許容範囲です。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1230 Σ SD14画像 No.1230

 『17-70mm OS @50mm f:5.6』  2,803,786

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 50mm f:5.6。四隅以外はまぁまぁの描写をしています。が中心部でもシャキッとしていません。f:5.6 でこの描写は許容範囲外です。特に右端がダメですね。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1229 Σ SD14画像 No.1229

 『17-70mm OS @50mm f:4.0』  2,626,102

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 50mm f:4.0。開放とは言え、全体的に甘い描写です。許容範囲外。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Mar.-14
space

SD14画像 No.1249 Σ SD14画像 No.1249

 『17-70mm OS vs 17-70mm @50mm F8.0』  2,990,702

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM と初代 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 50mm f:8.0 で比べてみました。初代のが少し良いです。AF 性能に不安があったので、全て AF と MF で交互に撮影。結果が良かった方を掲載しています。なお、OS 付きは前回掲載したものと同じレンズです。トリミングは全体の上半分です。
絞り優先AE、共に AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Mar.-14
space

SD14画像 No.1248 Σ SD14画像 No.1248

 『17-70mm OS vs 17-70mm @50mm F4.0』  2,687,108

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM と初代 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 50mm 絞り開放で比べてみました。初代のが少し良いです。AF 性能に不安があったので、全て AF と MF で交互に撮影。結果が良かった方を掲載しています。なお、OS 付きは前回掲載したものと同じレンズです。トリミングは全体の上半分です。
絞り優先AE、OS 付きは AF 初代は MF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1228 Σ SD14画像 No.1228

 『17-70mm OS @35mm f:11.0』  2,811,670

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 35mm f:11.0。f:11 に絞って f:8.0 より良い描写になるレンズは初めて見ました。許容範囲ですが、常に f:11 で使わなければいけないのでは困ります。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1227 Σ SD14画像 No.1227

 『17-70mm OS @35mm f:8.0』  2,732,774

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 35mm f:8.0。f:8.0 でも周辺部の甘さが取れません。許容範囲外です。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1226 Σ SD14画像 No.1226

 『17-70mm OS @35mm f:5.6』  2,667,035

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 35mm f:5.6。f:5.6 でもこの程度の描写、やはり異常です。間違いなく「ハズレ」レンズです。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1225 Σ SD14画像 No.1225

 『17-70mm OS @35mm f:4.0』  2,587,802

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 35mm f:4.0。周辺部甘いです。許容範囲外。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2010
Feb.-6
space

SD14画像 No.1224 Σ SD14画像 No.1224

 『17-70mm OS @35mm f:3.5』  2,649,102

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM のテスト撮影 35mm f:3.5。中心部はそこそこ良いと思いますが、周辺部の描写はイマイチ。開放なので許します。
絞り優先AE、AF、WB「晴れ」、現像は「オート」。

space space

2009
June-23
space

SD14画像 No.999 Σ SD14画像 No.999

 『24-70mm IF @48mm f:11.0』  3,091,090

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM の 48mm f:11.0 の描写です。
AF でのテストをかねて AF で 12 枚撮影した内の最良画像です。非常に良い描写。f:5.6 と比較すると回折の影響でごくわずかに全体が甘いのですが、はっきりと確認できるレベルではありません。
絞り優先AE、WB「晴れ」、AF、現像は「オート」。

space space

2009
June-23
space

SD14画像 No.998 Σ SD14画像 No.998

 『24-70mm IF @48mm f:5.6』  3,282,559

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM の 48mm f:5.6 の描写です。
AF でのテストをかねて AF で 12 枚撮影した内の最良画像です。下の f:2.8 と同じレンズとは思えないほどの素晴らしく良い描写。完璧。
絞り優先AE、WB「晴れ」、AF、現像は「オート」。

space space

2009
June-23
space

SD14画像 No.997 Σ SD14画像 No.997

 『24-70mm IF @48mm f:2.8』  2,639,977

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM の 48mm f:2.8 の描写です。
AF でのテストをかねて AF で 12 枚撮影した内の最良画像です。画面左側にかなりの甘さを感じます。例によって片ボケしています。
絞り優先AE、WB「晴れ」、AF、現像は「オート」。

space space

2009
June-23
space

SD14画像 No.996 Σ SD14画像 No.996

 『24-70mm IF @32mm f:11.0』  3,226,376

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM の 32mm f:11.0 の描写です。
AF でのテストをかねて AF で 12 枚撮影した内の最良画像です。非常に良い描写。f:5.6 と比較すると回折の影響でごくわずかに全体が甘いのがわかりますが、問題と言えるレベルではありません。
絞り優先AE、WB「晴れ」、AF、現像は「オート」。

space space

2009
June-23
space

SD14画像 No.995 Σ SD14画像 No.995

 『24-70mm IF @32mm f:5.6』  3,429,800

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM の 32mm f:5.6 の描写です。
AF でのテストをかねて AF で 12 枚撮影した内の最良画像です。非常に良い描写。文句の付けようがありません。
絞り優先AE、WB「晴れ」、AF、現像は「オート」。

space space

2009
June-23
space

SD14画像 No.994 Σ SD14画像 No.994

 『24-70mm IF @32mm f:2.8』  2,680,373

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM の 32mm f:2.8 の描写です。
AF でのテストをかねて AF で 12 枚撮影した内の最良画像です。中心部は良いのですが、周辺部にかなりの甘さを感じます。が、像が流れているわけではなく、芯がありますのでソフトフォーカスと言った感じで、さほど悪くはありません。
絞り優先AE、WB「晴れ」、AF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.987 Σ SD14画像 No.987

 『24-70mm vs 18-50mm @50mm f:5.6』  2,565,429

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 50mm f:5.6 で比べました。
特に 24-70mm が良い描写をしています。18-50mm のがわずかに甘い感じです。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.986 Σ SD14画像 No.986

 『24-70mm vs 18-50mm @50mm f:2.8』  2,247,966

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 50mm f:2.8 で比べました。
共に周辺部で甘さが目立ちます。が、ひどいと言うほどのものではありません。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.985 Σ SD14画像 No.985

 『24-70mm vs 50mm F1.4 @f:5.6』  2,680,411

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 50mm F1.4 を f:5.6 で比べました。
どちらも非常に良い描写です。特に 24-70mm は絞り2段でこれほど良くなると言う見本です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.984 Σ SD14画像 No.984

 『24-70mm vs 50mm F1.4 @f:2.8』  2,400,794

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 50mm F1.4 を f:2.8 で比べました。
24-70mm が周辺部で甘さが目立ちます。さすがに 50mm はかなり良いです。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.983 Σ SD14画像 No.983

 『24-70mm vs 17-70mm @35mm f:5.6』  2,545,858

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 35mm f:5.6 で比べました。
どちらも良い描写ですが、17-70mm のが明らかにより良い描写をしています。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.982 Σ SD14画像 No.982

 『24-70mm vs 17-70mm @35mm f:2.8』  2,127,369

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 35mm 開放で比べました。24-70mm は f:2.8 ですが、17-70mm は f:3.5 です。
どちらも中心部は良いのですが、周辺部では甘さが目立ちます。17-70mm は f:3.5 なので少し良い様ですが、当然でしょう。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.981 Σ SD14画像 No.981

 『24-70mm vs 18-50mm @35mm f:5.6』  2,490,452

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 35mm f:5.6 で比べました。
どちらも見違えるような良い描写です。実力はほぼ互角。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
June-20
space

SD14画像 No.980 Σ SD14画像 No.980

 『24-70mm vs 18-50mm @35mm f:2.8』  2,156,831

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM と SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を 35mm f:2.8 で比べました。
どちらも中心部は良いのですが、周辺部では甘さが目立ちます。24-70mm をフルサイズで使ったら、周辺部はヘロヘロでしょう。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1189 Σ SD14画像 No.1189

 『18-125mm OS @50mm f:11.0』  3,025,689

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @50mm f:11.0 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1188 Σ SD14画像 No.1188

 『18-125mm OS @50mm f:5.6』  3,138,748

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @50mm f:5.6 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1187 Σ SD14画像 No.1187

 『18-125mm OS @50mm f:5.0』  3,137,052

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @50mm f:5.0 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1186 Σ SD14画像 No.1186

 『18-125mm OS @35mm f:11.0』  3,090,132

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @35mm f:11.0 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1185 Σ SD14画像 No.1185

 『18-125mm OS @35mm f:5.6』  3,257,784

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @35mm f:5.6 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Dec.-29
space

SD14画像 No.1184 Σ SD14画像 No.1184

 『18-125mm OS @35mm f:4.5』  3,307,889

SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM @35mm f:4.5 です。今年の4月に撮影。ブログにしかアップしていなかった事に気付いて、こちらに追加。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-17
space

SD14画像 No.939 Σ SD14画像 No.939

 『50mm @f:11.0』  3,116,050

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM @f:11.0 1/10 Sec. ISO 50
非常に良い。わずかに回折の影響が見られます。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-17
space

SD14画像 No.938 Σ SD14画像 No.938

 『50mm @f:5.6』  3,377,493

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM @f:5.6 1/40 Sec. ISO 50
完璧。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-17
space

SD14画像 No.937 Σ SD14画像 No.937

 『50mm @f:2.8』  3,228,002

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM @f:2.8 1/160 Sec. ISO 50
非常に良い描写。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-17
space

SD14画像 No.936 Σ SD14画像 No.936

 『50mm @f:1.4』  2,815,812

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM @f:1.4 1/640 Sec. ISO 50
絞り開放。開放値が F1.4 であることを考慮すれば、非常に優れた描写力です。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」からのカスタム。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.935 Σ SD14画像 No.935

 『18-50mm @50mm f:11.0』  3,059,249

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @50mm f:11.0 1/60 Sec. ISO 50
非常に良い描写だが、回折の影響でごくわずかだが甘い。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.934 Σ SD14画像 No.934

 『18-50mm @50mm f:5.6』  3,148,629

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @50mm f:5.6 1/250 Sec. ISO 50
非常に良い描写。マクロ 50mm 以上。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.933 Σ SD14画像 No.933

 『18-50mm @50mm f:2.8』  2,957,831

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @50mm f:4.0 1/1000 Sec. ISO 50
望遠端、開放。非常に良い描写。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.932 Σ SD14画像 No.932

 『18-50mm @35mm f:11.0』  3,158,209

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @35mm f:11.0 1/60 Sec. ISO 50
かなり良い描写だが、回折の影響でごくわずかだが甘い。十分に許容範囲。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.931 Σ SD14画像 No.931

 『18-50mm @35mm f:5.6』  3,213,954

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @35mm f:5.6 1/250 Sec. ISO 50
非常に良い描写だが、周辺部はまだ甘い。ギリギリの許容範囲。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-15
space

SD14画像 No.930 Σ SD14画像 No.930

 『18-50mm @35mm f:2.8』  3,103,378

SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @35mm f:2.8 1/1000 Sec. ISO 50
十分に良い描写。周辺部はかなり甘い。許容範囲外。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.920 Σ SD14画像 No.920

 『17-70mm @50mm f:11.0』  2,929,196

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @50mm f:11.0 1/30 Sec. ISO 50
非常に良い描写だが、回折の影響でごくわずかだが甘い。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.919 Σ SD14画像 No.919

 『17-70mm @50mm f:5.6』  3,001,149

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @50mm f:5.6 1/125 Sec. ISO 50
非常に良い描写。このような遠距離ではマクロ 50mm 以上。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.918 Σ SD14画像 No.918

 『17-70mm @50mm f:4.0』  2,839,831

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @50mm f:4.0 1/250 Sec. ISO 50
非常に良い描写。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.917 Σ SD14画像 No.917

 『17-70mm @35mm f:11.0』  2,960,231

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @35mm f:11.0 1/30 Sec. ISO 50
良い描写だが、回折の影響でごくわずかだが甘い。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.916 Σ SD14画像 No.916

 『17-70mm @35mm f:5.6』  2,999,169

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @35mm f:5.6 1/125 Sec. ISO 50
非常に良い描写。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Apr.-13
space

SD14画像 No.915 Σ SD14画像 No.915

 『17-70mm @35mm f:4.0』  2,611,624

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @35mm f:4.0 1/320 Sec. ISO 50
全体的に甘いが、十分に良い描写。ピンぼけかも。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Mar.-15
space

SD14画像 No.836 Σ SD14画像 No.839

 『SMC TAKUMAR 35mm F3.5 vs 18-50mm』  3,285,418

SMC TAKUMAR 35mm F3.5 と SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を f:5.6 で比較しました。ほぼ同じ、かなり良い勝負です。撮影条件、現像条件は同一です。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Jan.-10
space

SD14画像 No.781 Σ SD14画像 No.781

 『18-50mm MACRO vs 50mm F1.4 @f:5.6』  2,646,074

SD14 による SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 50mm F1.4 EX DG HSM を f:5.6 で比較しました。どちらも非常に良い描写をしていますが、やはり 50mm のが少し良いようです。画面は上半分。撮影条件、現像条件は同一です。

絞り優先AE、WB「はれ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Jan.-10
space

SD14画像 No.781 Σ SD14画像 No.781

 『18-50mm MACRO vs 50mm F1.4 @f:2.8』  2,551,362

SD14 による SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 50mm F1.4 EX DG HSM を f:2.8 で比較しました。18-50mm は開放ですので、当然 50mm の楽勝。画面は上半分。撮影条件、現像条件は同一です。

絞り優先AE、WB「はれ」、MF、現像は「オート」。

space space

2009
Jan.-10
space

SD14画像 No.780 Σ SD14画像 No.780

 『18-50mm MACRO vs 17-70mm @50mm f:5.6』  2,464,373

SD14 による SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 50mm で比較です。やはり 18-50mm のが少し良いです。画面は上半分。撮影条件、現像条件は同一です。

絞り優先AE、WB「はれ」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Nov.-19
space

SD14画像 No.749 Σ SD14画像 No.749

 『18-125 vs 17-70 f:5.6』  2,615,899

チャート風 SD14 による 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO です。約 0.9m f:5.6 で比較しました。撮影条件、現像条件は同一です。

絞り優先AE、WB「カスタム」、MF、現像は「オールリセット」でコントラストのみ +0.8。

space space

2008
Nov.-19
space

SD14画像 No.748 Σ SD14画像 No.748

 『30 vs 18-125 f:5.6』  2,692,786

チャート風 SD14 による 30mm F1.4 EX DC HSM と 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM です。約 0.9m f:5.6 で比較しました。撮影条件、現像条件は同一です。

絞り優先AE、WB「カスタム」、MF、現像は「オールリセット」でコントラストのみ +0.8。

space space

2008
Nov.-19
space

SD14画像 No.747 Σ SD14画像 No.747

 『30 vs 17-70 f:5.6』  2,868,406

チャート風 SD14 による 30mm F1.4 EX DC HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO です。約 0.9m f:5.6 で比較しました。撮影条件、現像条件は同一です。

絞り優先AE、WB「カスタム」、MF、現像は「オールリセット」でコントラストのみ +0.8。

space space

2008
Nov.-10
space

SD14画像 No.743 Σ SD14画像 No.743

 『18-125 OS vs 50/1.4 f:5.6』  2,695,706

18-125mm F3.5-5.6 DC OS HSM と 50mm F1.4 EX DG を距離約 1m f:5.6 で比較しました。撮影条件、現像条件は同一です。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オールリセット」でコントラストのみ +1.0。

space space

2008
Aug.-30
space

SD14画像 No.665 Σ SD14画像 No.665

 『18-125mm OS vs 50mm @f:5.6』  2,760,518

18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM と 50mm F1.4 EX DG HSM を f:5.6 で比較しました。ほぼ互角、どちらも非常に良い描写です。

絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-30
space

SD14画像 No.660 Σ SD14画像 No.660

 『18-125mm OS vs 17-70mm @50mm f:5.6』  2,653,682

18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 50mm f:5.6 で比較しました。非常にわずかですが 17-70mm のが良い描写をします。18-125mm もかなり良い描写をします。

絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-30
space

SD14画像 No.659 Σ SD14画像 No.659

 『18-125mm OS vs 17-70mm @35mm f:5.6』  2,655,021

18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を 35mm f:5.6 で比較しました。わずかですが 17-70mm のが良い描写をします。18-125mm もかなり良い描写です。

絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-30
space

SD14画像 No.652 Σ SD14画像 No.652

 『18-125mm OS vs 18-200mm OS @50mm f:5.6』  2,527,607

18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM と 18-200mm F3.5-6.3 DC OS を 50mm で比較しました。明らかに 18-125mm のが良い描写をしています。18-200mm には甘さがありますが、18-125mm の描写は非常に良好です。画像は画面の上半分です。

絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-30
space

SD14画像 No.651 Σ SD14画像 No.651

 『18-125mm OS vs 18-200mm OS @35mm f:5.6』  2,507,172

18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM と 18-200mm F3.5-6.3 DC OS を 35mm で比較しました。明らかに 18-125mm のが良い描写をしています。18-200mm はもっと絞ることで良い描写になりますが、18-125mm は f:5.6 で十分によい描写を得ることができます。

絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-13
space

SD14画像 No.644 Σ SD14画像 No.644

 『50mm F1.4 vs 17-70mm @f:5.6』  2,417,784

前回横着をして AF でテストを行ったのを反省。50mm F1.4 を MF でテストし直しました。17-70mm は f:5.6 でも最良に近い描写をします。MF でしっかりピントを合わせてやると、 50mm F1.4 のが良い描写をすることがわかりました。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-13
space

SD14画像 No.643 Σ SD14画像 No.643

 『50mm F1.4 vs 17-70mm @f:4.0』  2,339,555

前回横着をして AF でテストを行ったのを反省。50mm F1.4 を MF でテストし直しました。17-70mm は開放ですが、かなり良い描写です。全体的には 50mm F1.4 のが良い描写をしています。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-13
space

SD14画像 No.642 Σ SD14画像 No.642

 『50mm F1.4 @f:2.8』  3,047,089

前回横着をして AF でテストを行ったのを反省。50mm F1.4 を MF でテストし直しました。比較するものがないので全画面です。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-13
space

SD14画像 No.641 Σ SD14画像 No.641

 『50mm F1.4 @f:2.0』  2,959,284

前回横着をして AF でテストを行ったのを反省。50mm F1.4 を MF でテストし直しました。比較するものがないので全画面です。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
Aug.-13
space

SD14画像 No.640 Σ SD14画像 No.640

 『50mm F1.4 @f:1.4』  2,706,724

前回横着をして AF でテストを行ったのを反省。50mm F1.4 を MF でテストし直しました。比較するものがないので全画面です。

絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
July-20
space

SD14画像 No.618 Σ SD14画像 No.618

 『50mm F1.4 vs 17-70mm @f:11.0』  2,397,383

某氏のご依頼により、50mm F1.4 EX DG HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を再度比較しました。 f:11.0 では、ほとんど差がありません。17-70mm のがほんのわずかにキレが良いでしょうか?画面は上半分。ちなみに最も細部が描写されているのは f:5.6 です。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」。

space space

2008
July-20
space

SD14画像 No.617 Σ SD14画像 No.617

 『50mm F1.4 vs 17-70mm @f:8.0』  2,551,685

某氏のご依頼により、50mm F1.4 EX DG HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を再度比較しました。 f:8.0 では、ほとんど差がありません。17-70mm のがほんのわずかにキレが良いでしょうか?画面は上半分。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」。

space space

2008
July-20
space

SD14画像 No.616 Σ SD14画像 No.616

 『50mm F1.4 vs 17-70mm @f:5.6』  2,583,436

某氏のご依頼により、50mm F1.4 EX DG HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を再度比較しました。 f:5.6 では、やはり 17-70mm のが少し良いようです。画面は上半分。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」。

space space

2008
July-20
space

SD14画像 No.615 Σ SD14画像 No.615

 『50mm F1.4 vs 17-70mm @f:4.0』  2,456,149

某氏のご依頼により、50mm F1.4 EX DG HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を再度比較しました。 f:4.0 では、やはり 50mm のが少し良いようですが、倍率色収差は 17-70mm のが少ないようです。画面は上半分。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」。

space space

2008
July-5
space

SD14画像 No.603 Σ SD14画像 No.603

 『50mm F1.4 vs 17-70mm @f:5.6』  2,641,886

SIGMA 50mm F1.4 と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を f:5.6 で比べました。明らかに 17-70mm のが良い描写をします。やはり、明るいレンズには絞ったときの描写力を求めてはいけないのでしょう。

マニュアル露出、WB「晴れ」、AF、現像は「オート」。

space space

2008
July-5
space

SD14画像 No.602 Σ SD14画像 No.602

 『50mm F1.4 SIGMA vs ZEISS @f:5.6』  2,742,331

SIGMA 50mm F1.4 と ZEISS 50mm F1.4 を f:5.6 で比べました。良い勝負でしょう。ZEISS のがわずかに良いような気もします。

マニュアル露出、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
June-15
space

SD14画像 No.557 Σ SD14画像 No.557

 『PLANAR 50mm F1.4 @f:5.6』  2,982,529

チャート風。PLANAR T* 50mm F1.4 の f:5.6 です。距離約94cm。被写体の周辺はパーマセルテープで囲ってあります。縁の歪みは歪曲ではありません。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オールリセット」からのカスタム。

space space

2008
June-15
space

SD14画像 No.556 Σ SD14画像 No.556

 『PLANAR 50mm F1.4 @f:2.8』  2,632,833

チャート風。PLANAR T* 50mm F1.4 の f:2.8 です。距離約94cm。被写体の周辺はパーマセルテープで囲ってあります。縁の歪みは歪曲ではありません。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オールリセット」からのカスタム。

space space

2008
June-15
space

SD14画像 No.555 Σ SD14画像 No.555

 『PLANAR 50mm F1.4 @f:1.4』  1,688,871

チャート風。PLANAR T* 50mm F1.4 の f:1.4 です。距離約94cm。被写体の周辺はパーマセルテープで囲ってあります。縁の歪みは歪曲ではありません。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オールリセット」からのカスタム。

space space

2008
June-15
space

SD14画像 No.554 Σ SD14画像 No.554

 『SIGMA 50mm F1.4 @f:5.6』  2,822,394

チャート風。SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM の f:5.6 です。距離約1m。被写体の周辺はパーマセルテープで囲ってあります。縁の歪みは歪曲ではありません。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オールリセット」からのカスタム。

space space

2008
June-15
space

SD14画像 No.553 Σ SD14画像 No.553

 『SIGMA 50mm F1.4 @f:2.8』  2,639,587

チャート風。SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM の f:2.8 です。距離約1m。被写体の周辺はパーマセルテープで囲ってあります。縁の歪みは歪曲ではありません。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オールリセット」からのカスタム。

space space

2008
June-15
space

SD14画像 No.552 Σ SD14画像 No.552

 『SIGMA 50mm F1.4 @f:1.4』  1,983,572

チャート風。SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM の f:1.4 です。距離約1m。被写体の周辺はパーマセルテープで囲ってあります。縁の歪みは歪曲ではありません。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オールリセット」からのカスタム。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.549 Σ SD14画像 No.549

 『SIGMA 50mm F1.4 vs ZEISS 50mm F1.4 @f:4.0』  2,775,820

定点撮影。SIGMA 50mm F1.4 と ZEISS 50mm F1.4 を f:4.0 で比較しました。わずかではありますが SIGMA のが良い描写をします。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」 CC のみカスタム。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.548 Σ SD14画像 No.548

 『50mm F1.4 vs MACRO 50mm @f:4.0』  2,599,836

定点撮影。SIGMA 50mm F1.4 と MACRO 50mm を f:4.0 で比較しました。 明らかに 50mm F1.4 のが良い描写をします。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」 CC のみカスタム。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.547 Σ SD14画像 No.547

 『50mm F1.4 vs 17-70mm @f:4.0』  2,440,994

定点撮影。SIGMA 50mm F1.4 と 17-70mm DC を f:4.0 で比較しました。 明らかに 50mm F1.4 のが良い描写をします。

絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」 CC のみカスタム。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.534 Σ SD14画像 No.534

 『SMC TAKUMAR 50mm F1.4 @f:2.8』  1,845,828

SMC TAKUMAR 50mm F1.4、絞り f:2.8 の光点ボケです。距離1mに合わせて、無限遠の光点を写しました。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、X3F Jpeg Xtracter で出力。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.533 Σ SD14画像 No.533

 『SMC TAKUMAR 50mm F1.4 @f:1.4』  1,811,003

SMC TAKUMAR 50mm F1.4、絞り開放の光点ボケです。距離1mに合わせて、無限遠の光点を写しました。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、X3F Jpeg Xtracter で出力。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.532 Σ SD14画像 No.532

 『PLANAR T* 50mm F1.4 @f:2.8』  1,974,194

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM、絞り f:2.8 の光点ボケです。距離1mに合わせて、無限遠の光点を写しました。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、X3F Jpeg Xtracter で出力。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.531 Σ SD14画像 No.531

 『PLANAR T* 50mm F1.4 @f:1.4』  1,846,934

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM、絞り開放の光点ボケです。距離1mに合わせて、無限遠の光点を写しました。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、X3F Jpeg Xtracter で出力。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.532 Σ SD14画像 No.532

 『SIGMA 50mm F1.4 @f:2.8』  1,839,445

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM、絞り f:2.8 の光点ボケです。距離1mに合わせて、無限遠の光点を写しました。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、X3F Jpeg Xtracter で出力。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.531 Σ SD14画像 No.531

 『SIGMA 50mm F1.4 @f:1.4』  1,717,851

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM、絞り開放の光点ボケです。距離1mに合わせて、無限遠の光点を写しました。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、X3F Jpeg Xtracter で出力。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.530 Σ SD14画像 No.530

 『SIGMA 50 vs SMC TAKUMAR 50 @f:2.8』  1,608,551

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM と SMC TAKUMAR 50mm F1.4 を f:2.8 で比べてみました。
大きな差はありません。SMC TAKUMAR はメリジオナルコマフレアが少し残っています。
マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オールリセット」からカスタム。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.529 Σ SD14画像 No.529

 『SIGMA 50 vs ZEISS 50 @f:2.8』  1,547,672

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM と ZEISS PLANAR T* 50mm F1.4 を f:2.8 で比べてみました。
普通は2絞りも絞ればコマフレアは目立たなくなりますが、ZEISS にはかなりのコマフレアが認められます。シグマはほとんどフレアが認められません。メリハリ感がまるで異なります。
マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オールリセット」からカスタム。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.528 Σ SD14画像 No.528

 『SIGMA 50 vs SMC TAKUMAR 50 @f:1.4』  1,616,209

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM と SMC TAKUMAR 50mm F1.4 を f:1.4 で比べてみました。
コマフレアの出方がかなり違います。シグマにはわずかなサジタルコマフレアが認められます。SMC TAKUMAR はメリジオナルコマフレアが少し出ています。
マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オールリセット」からカスタム。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.527 Σ SD14画像 No.527

 『SIGMA 50 vs ZEISS 50 @f:1.4』  1,598,111

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM と ZEISS PLANAR T* 50mm F1.4 を f:1.4 で比べてみました。
ZEISS にはかなり派手なコマフレアが認められます。シグマにはわずかなサジタルコマフレアが認められます。フレアの量に大きな差があります。
マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オールリセット」からカスタム。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.526 Σ SD14画像 No.526

 『SIGMA 50 vs SMC TAKUMAR 50 @f:5.6』  2,847,632

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM と SMC TAKUMAR 50mm F1.4 を f:5.6 で比べてみました。写真全体の上半分です。
ほとんど差はありませんが、SMC TAKUMAR のが少し良いような感じです。どちらも非常に良い描写をしています。
マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」。クリックでホワイトバランス。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.525 Σ SD14画像 No.525

 『SIGMA 50 vs ZEISS 50 @f:5.6』  2,858,566

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM と ZEISS PLANAR T* 50mm F1.4 を f:5.6 で比べてみました。写真全体の上半分です。
ほとんど差はありませんが、シグマのが少し感じです。どちらのレンズも非常に良い描写をしています。
マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」。クリックでホワイトバランス。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.524 Σ SD14画像 No.524

 『SIGMA 50 vs SMC TAKUMAR 50 @f:2.8』  2,655,222

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM と SMC TAKUMAR 50mm F1.4 を f:2.8 で比べてみました。写真全体の上半分です。
絞り開放での描写力の差が、そのまま残っています。
マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」。クリックでホワイトバランス。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.523 Σ SD14画像 No.523

 『SIGMA 50 vs ZEISS 50 @f:2.8』  2,734,148

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM と ZEISS PLANAR T* 50mm F1.4 を f:2.8 で比べてみました。写真全体の上半分です。
絞り開放での描写力の差が、そのまま残っています。
マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」。クリックでホワイトバランス。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.522 Σ SD14画像 No.522

 『SIGMA 50 vs SMC TAKUMAR 50 @f:1.4』  2,155,898

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM と SMC TAKUMAR 50mm F1.4 を f:1.4 で比べてみました。写真全体の上半分です。
周辺部の描写、コントラスト、画面の平坦性すべてシグマのが明らかに良いです。
マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」。クリックでホワイトバランス。

space space

2008
June-14
space

SD14画像 No.521 Σ SD14画像 No.521

 『SIGMA 50 vs ZEISS 50 @f:1.4』  2,238,459

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM と ZEISS PLANAR T* 50mm F1.4 を f:1.4 で比べてみました。写真全体の上半分です。
周辺部の描写、コントラスト、画面の平坦性すべてシグマのが良いと思います。
マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」。クリックでホワイトバランス。

space space

2008
May-25
space

SD14画像 No.512 Σ SD14画像 No.512

 『INDUSTAR 50mm vs SMC TAKUMAR 50mm @f:5.6』  2,310,096

ロシアンパンケーキの INDUSTAR 50-2 50mm F3.5 と往年の銘レンズ、SMC TAKUMAR 50mm F1.4 を f:5.6 で比べてみました。画面の上半分です。明らかに TAKUMAR のが良いです。価格を考えると文句は言えませんが・・・。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
May-25
space

SD14画像 No.511 Σ SD14画像 No.511

 『INDUSTAR 50mm vs SMC TAKUMAR 50mm @f:3.5』  2,159,597

ロシアンパンケーキの INDUSTAR 50-2 50mm F3.5 と往年の銘レンズ、SMC TAKUMAR 50mm F1.4 を f:3.5 で比べてみました。画面の上半分です。明らかに TAKUMAR のが良いです。価格を考えると文句は言えませんが・・・。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2008
May-18
space

SD14画像 No.509 Σ SD14画像 No.509

 『SMC TAKUMAR 50mm vs MACRO 50mm @f:2.8』  2,897,388

往年の銘レンズ、SMC TAKUMAR 50mm F1.4 と SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG を f:5.6 で比較しました。画面の上半分です。ほとんど同じ様な描写ですがわずかに TAKUMAR のが良いような・・・。30 年前のレンズでも侮れません。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」から CC のみクリックで調整。

space space

2008
May-18
space

SD14画像 No.508 Σ SD14画像 No.508

 『SMC TAKUMAR 50mm vs MACRO 50mm @f:2.8』  2,687,958

往年の銘レンズ、SMC TAKUMAR 50mm F1.4 と SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG を f:2.8 で比較しました。画面の上半分です。MACRO のがわずかに良いですが、ほとんど同じ様な描写。30 年前のレンズでも侮れません。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」から CC のみクリックで調整。

space space

2008
May-18
space

SD14画像 No.507 Σ SD14画像 No.507

 『SMC TAKUMAR 50mm @f:1.4』  2,572,445

往年の銘レンズ、SMC TAKUMAR 50mm F1.4 の絞り開放です。SIGMA 30mm F1.4 の開放とよく似た描写です。

マニュアル露出、WB「オート」、MF、現像は「オート」から CC のみクリックで調整。

space space

2008
May-3
space

SD14画像 No.494 Σ SD14画像 No.494

 『像面の平坦性(像面湾曲)@f:1.4』  3,440,472

30mm F1.4 は絞り開放でも中心部は良い描写をします。それでは、画面周辺部の描写は絞らないと良くならないでしょうか?
無限遠の向こうにピントをずらしておいて、MF で少しずつ手前にピントを合わせて行きました。画面周辺部から中心部へ同心円状の合焦面が移動しているのをご覧ください。30mm F1.4 の絞り開放では周辺部の描写が悪いのではなく、像面の平坦性が悪いのだと言うことが判りました。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」。

space space

2008
May-3
space

SD14画像 No.493 Σ SD14画像 No.493

 『30mm vs 17-70mm @f:4』  2,400,014

以前にもやった 17-70mm と f:4.0 で比較しました。片ボケが無くなり、全体に描写も良くなっています。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」。

space space

2008
May-3
space

SD14画像 No.492 Σ SD14画像 No.492

 『30mm F1.4 @f:1.4』  2,181,046

完全に調整された 30mm F1.4 。いつもの景色ですが、f:1.4 開放で撮影しました。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」。

space space

2008
Jan.-26
space

SD14画像 No.376 Σ SD14画像 No.376

 『50-150 II vs 50-150 @50mm f5.6』  2,661,557

APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM と 旧タイプ APO 50-150mm F2.8 EX DC HSM を 50mm f:5.6、距離 1.3m で比較しました。あまり差はありません。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」からのカスタム

space space

2008
Jan.-26
space

SD14画像 No.375 Σ SD14画像 No.375

 『50-150 II vs 50-150 @50mm f2.8』  2,246,024

APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM と 旧タイプ APO 50-150mm F2.8 EX DC HSM を 50mm f:2.8、距離 1.3m で比較しました。あまり差はありませんが、左下の描写は旧タイプのが良いようです。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」からのカスタム

space space

2007
Dec.-31
space

SD14画像 No.364 Σ SD14画像 No.364

 『50-150 II vs 50 @5.6』  2,408,331

2本目の APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM と MACRO 50mm F2.8 DG を f:5.6 で比較しました。どちらも十分に良い描写力です。が、50-150mm のが良いような印象です。AF で6枚ずつ撮影した最良画像ですので、どちらもベストな画像ではない可能性があります。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」

space space

2007
Dec.-31
space

SD14画像 No.364 Σ SD14画像 No.364

 『50-150 II vs 50 @2.8』  2,105,334

2本目の APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM と MACRO 50mm F2.8 DG を f:2.8 で比較しました。どちらも F2.8 としては十分に良い描写力です。が、50-150mm のが良いようです。AF で6枚ずつ撮影した最良画像ですので、どちらもベストな画像ではない可能性があります。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」

space space

2007
Dec.-31
space

SD14画像 No.363 Σ SD14画像 No.363

 『50-150 II vs 17-70』  2,374,222

2本目の APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を f:5.6 で比較しました。どちらも十分に良い描写力です。が、わずかに 17-70mm のが良いような感じです。AF で6枚ずつ撮影した最良画像ですので、どちらもベストな画像ではない可能性があります。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」

space space

2007
Dec.-31
space

SD14画像 No.362 Σ SD14画像 No.362

 『30/1.4 vs 17-70』  2,202,416

30mm F1.4 EX DC HSM と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO を f:4.0 で比較しました。30mm F1.4 は中心部は十分に良い描写をしていますが、周辺部はヘロヘロです。決して良い描写とは言えません。さらに、右側が余計に惚けていますが、シグマで点検してもらった結果は描写も含めて「基準値内」と言うことです。f:8.0 くらいからは良い描写になりますので、風景などを撮る場合には十分に絞り込んでください。元々、私自身は高く評価しておりませんでしたが、その評価が間違いでなかったことが確認できました。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」

space space

2007
Dec.-31
space

SD14画像 No.361 Σ SD14画像 No.361

 『30mm F1.4 AF TEST』  2,150,875

シグマに AF の調整に出して戻ってきた 30mm F1.4 の AF をテストしました。SD14 も AF を同時に調整しています。無限遠のいつもの風景。各絞り値で最大連写可能枚数の6枚をピントをずらした後で AF 動作させて撮影しました。ピントをずらす方向は1枚ごとに逆にしています。その中で、最もピントが合っている画像を選んで、上から 3/8 の部分のみをトリミングして並べてあります。カメラボディとレンズの AF を調整したのですが、この程度です。ボディの AF 性能、他のレンズでは全く問題ないので、やはり F1.4 と言う明るさが災いしているようです。AF が実用になるのは f:4.0 くらいからです。レンズの描写も f:2.8 あたりから中心部のみですが、ピントが合ってきます。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」

space space

2007
Dec.-24
space

SD14画像 No.351 Σ SD14画像 No.351

 『50-150 II VS 50 f:5.6』  2,969,893

APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM と MACRO 50mm F2.8 EX DG を f:5.6 で比較。ほとんど優劣はありません。50-150mm のが少し倍率色収差が多いかな?。AF のテストも兼ねて、今回はすべて AF で撮影しました。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」

space space

2007
Dec.-24
space

SD14画像 No.350 Σ SD14画像 No.350

 『50-150 II VS 50 f:2.8』  2,651931

APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM と MACRO 50mm F2.8 EX DG を f:2.8 で比較。ほとんど優劣はありません。AF のテストも兼ねて、今回はすべて AF で撮影しました。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」

space space

2007
Dec.-8
space

SD14画像 No.341 Σ SD14画像 No.341

 『30/1.4 VS 18-200 OS』  2,239,299

30mm F1.4 と 18-200mm を f:5.6 で比較。良い勝負です。高倍率ズームレンズの描写と良い勝負をする、単焦点レンズはマレです。(^^;
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」からのカスタム

space space

2007
Dec.-8
space

SD14画像 No.340 Σ SD14画像 No.340

 『30/1.4 VS 17-70』  2,389,134

30mm F1.4 と 17-70mm を f:5.6 で比較。以前にも同じ比較をしていますが、その画像よりさらに劣ります。17-70mm のが明らかに良いです。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」からのカスタム

space space

2007
Dec.-7
space

SD14画像 No.339 Σ SD14画像 No.339

 『30/1.4 @f2.8』  4,542,273

30mm F1.4 を2段絞って F2.8 です。これも比較する相手がいないので、単独でアップします。以前にも 30mm の F2.8 はテストしていますが、その画像より劣ります。「ハズレ」レンズです。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」からのカスタム

space space

2007
Dec.-7
space

SD14画像 No.338 Σ SD14画像 No.338

 『30/1.4 @f1.4』  3,854,947

30mm F1.4 の無限遠、開放です。比較する相手がいないので、単独でアップします。明らかな「ハズレ」レンズ。以前にも 30mm の開放はテストしていますが、その画像より劣ります。自動露出もアンダー気味。オートホワイトバランスも異常です。同時に撮影した6枚がすべて、この露出でこの色味。他の絞り値では普通に撮れていますが、なぜか開放で撮影するとこんな風になります。
絞り優先AE、WB「オート」、AF、現像は「オート」

space space

2007
Dec.-7
space

SD14画像 No.337 Σ SD14画像 No.337

 『SMC TAKUMAR 35/3.5 @f:5.6 75cm』  2,657,129

30mm F1.4 と SMC TAKUMAR 35mm F3.5 の近距離を並べるとこうなります。

space space

2007
Dec.-7
space

SD14画像 No.336 Σ SD14画像 No.336

 『SMC TAKUMAR 35/3.5 @f:5.6 75cm』  3,838,070

35 年ほど前のレンズ。SMC TAKUMAR 35mm F3.5 の近距離。一般的に暗い単焦点レンズは良い描写をします。
マニュアル露出、WB「カスタム」、AF、現像は「オールリセット」からのカスタム

space space

2007
Dec.-7
space

SD14画像 No.335 Σ SD14画像 No.335

 『30/1.4 @f:5.6 60cm』  4,700,233

30mm F1.4 の近距離、4段絞って f:5.6 です。高倍率ズームレンズの様な描写です。
絞り優先AE、WB「カスタム」、AF、現像は「オールリセット」からのカスタム

space space

2007
Dec.-7
space

SD14画像 No.334 Σ SD14画像 No.334

 『30/1.4 @f:2.8 60cm』  4,298,939

30mm F1.4 の近距離、2段絞って f:2.8 です。中心部(だけ)は良いです。
絞り優先AE、WB「カスタム」、AF、現像は「オールリセット」からのカスタム

space space

2007
Dec.-7
space

SD14画像 No.333 Σ SD14画像 No.333

 『30/1.4 @f:1.4 60cm』  3,632,078

30mm F1.4 の近距離、開放です。どちらかといえば「ハズレ」レンズ。過去最悪の画像です。
絞り優先AE、WB「カスタム」、AF、現像は「オールリセット」からのカスタム

space space

2007
Sep.-17
space

SD14画像 No.242 Σ SD14画像 No.242

 『50mm F2.8 vs 17-70mm @f:5.6』  2,176,948

MACRO 50mm F2.8 EX DG と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。SD10 でこの比較を行った際に、大きな違いがなかったため、MACRO 50mm を手放しました。SD14 でも、同じ結果、マクロと良い勝負。なお、画像は全体の上半分です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2007
Sep.-17
space

SD14画像 No.241 Σ SD14画像 No.241

 『50mm F2.8 vs 18-200mm OS @f:5.6』  2,155,763

MACRO 50mm F2.8 EX DG と 18-200mm F3.5-6.3 DC OS @f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。18-200mm の描写は驚きです。マクロと比べてあまり遜色がありません。なお、画像は全体の上半分です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2007
Sep.-17
space

SD14画像 No.240 Σ SD14画像 No.240

 『50mm F2.8 vs 50-150mm @f:5.6』  2,358,829

MACRO 50mm F2.8 EX DG と 50-150mm F2.8 EX DC HSM @f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。SD10 では比較したことがありますが、SD14 ではこれが初めて。どちらもほぼ完璧な描写。甲乙付けがたし。わずかに 50-150mm のが勝っているように見えます。なお、画像は全体の上半分です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2007
Sep.-17
space

SD14画像 No.239 Σ SD14画像 No.239

 『50mm F2.8 vs 50-150mm @f:2.8』  2,100,564

MACRO 50mm F2.8 EX DG と 50-150mm F2.8 EX DC HSM @f:2.8。露出条件、現像条件は同一です。SD10 では比較したことがありますが、SD14 ではこれが初めて。どちらも絞り開放とは思えない描写。描写力では 50-150mm のが勝っています。なお、画像は全体の上半分です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2007
July-16
space

SD14画像 No.188 Σ SD14画像 No.188

 『18-200mm DC OS vs 50-150mm @50mm f:8.0』  2,949,557

18-200mm F3.5-6.3 DC OS と 50-150mm F2.8 EX DC HSM @50mm f:8.0。露出条件、現像条件は同一です。F5.6 では 18-200mm が可哀想なので f:8.0 で比較しました。現在所有しているレンズの中で 50mm では最も良い、遠景においてはマクロ以上描写をする 50-150mm と比較しました。やはり、高倍率ズームとしては驚異的な描写と言っても良いでしょう。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は 18-200mm で「オート」から CC のみカスタム。その現像パラメータのまま 50-150mm の画像を現像しています。

space space

2007
July-16
space

SD14画像 No.187 Σ SD14画像 No.187

 『18-200mm DC OS vs 17-70mm @50mm f:8.0』  2,841,162

18-200mm F3.5-6.3 DC OS と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @50mm f:8.0。露出条件、現像条件は同一です。F5.6 では 18-200mm が可哀想なので f:8.0 で比較しました。17-70mm と比較してもあまり差はありません。高倍率ズームとしては驚異的な描写と言っても良いかも知れません。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は 18-200mm で「オート」から CC のみカスタム。その現像パラメータのまま 17-70mm の画像を現像しています。

space space

2007
July-16
space

SD14画像 No.186 Σ SD14画像 No.186

 『18-200mm DC OS vs 17-70mm @35mm f:8.0』  2,342,494

18-200mm F3.5-6.3 DC OS と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO @35mm f:8.0。露出条件、現像条件は同一です。F5.6 では 18-200mm が可哀想なので f:8.0 で比較しました。中心部は 17-70mm と比較して遜色はありませんが、余計に周辺部の甘さ目立ちます。像面湾曲があるような印象です。やはり 17-70mm の良さが目立ちます。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は 17-70mm で「オート」から CC のみカスタム。その現像パラメータのまま 18-200mm の画像を現像しています。

space space

2006
Dec.-3
space

SD10画像 No.1659 Σ SD10画像 No.1659

 『50-150mm EX DC vs MACRO 50mm @f:5.6』  1,337,646

APO 50-150mm F2.8 EX DC HSM と MACRO 50mm F2.8 EX DG。@f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」

space space

2006
Dec.-3
space

SD10画像 No.1658 Σ SD10画像 No.1658

 『50-150mm EX DC vs MACRO 50mm @f:2.8』  1,215,107

APO 50-150mm F2.8 EX DC HSM と MACRO 50mm F2.8 EX DG。@f:2.8。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「オート」、MF、現像は「オート」

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1640 Σ SD10画像 No.1640

 『18-50mm EX DC MACRO vs 18-50mm EX DC @50mm f:5.6』  1,450,331

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 18-50mm F2.8 EX DC。@50mm f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1639 Σ SD10画像 No.1639

 『18-50mm EX DC MACRO vs 18-50mm EX DC @35mm f:5.6』  1,324,653

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 18-50mm F2.8 EX DC。@35mm f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1638 Σ SD10画像 No.1638

 『18-50mm EX DC MACRO vs 18-50mm EX DC @35mm f:2.8』  1,132,186

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 18-50mm F2.8 EX DC。@35mm f:2.8。露出条件、現像条件は同一です。撮影時の条件が悪かったため、ピンぼけしている可能性があります。スミマセン。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1635 Σ SD10画像 No.1635

 『18-50mm EX DC MACRO vs 50mm @f:5.6』  1,492,509

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と MACRO 50mm F2.8 EX DG。@f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1634 Σ SD10画像 No.1634

 『18-50mm EX DC MACRO vs 50mm @f:2.8』  1,309,640

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と MACRO 50mm F2.8 EX DG。@f:2.8。露出条件、現像条件は同一です。撮影時の条件が悪かったため、ピンぼけしている可能性があります。スミマセン。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1633 Σ SD10画像 No.1633

 『18-50mm EX DC MACRO vs 17-70mm @50mm f:5.6』  1,398,974

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO。@50mm f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1632 Σ SD10画像 No.1632

 『18-50mm EX DC MACRO vs 17-70mm @35mm f:5.6』  1,351,078

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO。@35mm f:5.6。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1631 Σ SD10画像 No.1631

 『18-50mm EX DC MACRO vs 17-70mm @35mm f:2.8/f:4.0』  1,217,493

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO。@35mm f:2.8。17-70mm は開放が f:4.0 なので、 f:4.0 です。露出条件、現像条件は同一です。撮影時の条件が悪かったため、ピンぼけしている可能性があります。スミマセン。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Nov.-12
space

SD10画像 No.1627 Σ SD10画像 No.1627

 『17-70mm DC vs 50mm @f:5.6』  1,427,749

再び 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO と MACRO 50mm F2.8 EX DG。露出条件、現像条件は同一です。
絞り優先AE、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Nov.-11
space

SD10画像 No.1624 Σ SD10画像 No.1624

 『18-50mm F2.8 DC MACRO @50mm 1m F5.6』  3,415,599

18-50mm F2.8 EX DC MACRO の 50mm 距離 1m f:5.6 のチャート風です。マクロ並み。非常に良いレンズです。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Nov.-11
space

SD10画像 No.1622 Σ SD10画像 No.1622

 『18-50mm F2.8 DC MACRO vs 18-50mm F2.8 DC』  988,103

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 旧タイプ 18-70mm F2.8 EX DC の比較です。撮影条件、現像条件すべて同一で、撮影時の露出以外はすべてマニュアルで固定しています。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-11
space

SD10画像 No.1621 Σ SD10画像 No.1621

 『18-50mm F2.8 DC MACRO vs 17-70mm DC MACRO』  987,428

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO の比較です。撮影条件、現像条件すべて同一で、撮影時の露出以外はすべてマニュアルで固定しています。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-11
space

SD10画像 No.1620 Σ SD10画像 No.1620

 『18-50mm F2.8 MACRO vs MACRO 50mm』  990,400

18-50mm F2.8 EX DC MACRO と MACRO 50mm F2.8 EX DG の比較です。撮影条件、現像条件すべて同一で、撮影時の露出以外はすべてマニュアルで固定しています。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-11
space

SD10画像 No.1619 Σ SD10画像 No.1619

 『MACRO 50mm vs 17-70mm DC』  1,013,402

MACRO 50mm F2.8 EX DG と 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO の比較です。撮影条件、現像条件すべて同一で、撮影時の露出以外はすべてマニュアルで固定しています。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-11
space

SD10画像 No.1618 Σ SD10画像 No.1618

 『17-70mm DC vs 18-50 F2.8 DC』  1,009,775

17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO と 18-50mm F2.8 EX DC 旧タイプの比較です。撮影条件、現像条件すべて同一で、撮影時の露出以外はすべてマニュアルで固定しています。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
Nov.-11
space

SD10画像 No.1617 Σ SD10画像 No.1617

 『MACRO 50mm vs 18-50 F2.8 DC』  1,013,871

MACRO 50mm F2.8 EX DG と 18-50mm F2.8 EX DC 旧タイプの比較です。撮影条件、現像条件すべて同一で、撮影時の露出以外はすべてマニュアルで固定しています。
絞り優先AE、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1380 Σ SD10画像 No.1380

 『17-50mm F2.8-4.5 DC vs 28-70mm EX DG @50mm f:8.0』  1,559,844

17-70mm と 28-70mm を 50mm で比較しました。f:8.0 での比較です。f:5.6 での比較だと 28-70mm のが良いのですが、f:8.0 だとほぼ互角の描写をします。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1379 Σ SD10画像 No.1379

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 28-70mm EX DG @50mm f:8.0』  1,463,394

キットレンズ 18-50mm と 28-70mm を 50mm で比較しました。キットレンズは絞り開放になってしまうので、両方とも f:8.0 での比較です。50mm では最高の描写をする 28-70mm の本領が遺憾なく発揮されました。無限遠ではマクロ 50mm より良い描写をするレンズと比べてはかわいそうでした。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1378 Σ SD10画像 No.1378

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 17-70mm DC @50mm f:8.0』  1,470,914

キットレンズ 18-50mm と 17-70mm を 50mm で比較しました。キットレンズは絞り開放になってしまうので、両方とも f:8.0 での比較です。どちらも非常に良い描写をしていますが、明らかに 17-70mm のが役者は上です。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1378 Σ SD10画像 No.1378

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 28-70mm EX DG @30mm f:5.6』  1,258,934

キットレンズ 18-50mm と 28-70mm を 30mm で比較しました。明らかに 28-70mm のが良いです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1377 Σ SD10画像 No.1377

 『17-70mm vs 28-70mm EX DG @30mm f:5.6』  1,353,919

ついでに 17-70mm と 28-70mm を 30mm で比較しました。28-70mm のが良いだろうと思っていたのですが、17-70mm は全く負けていません。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1376 Σ SD10画像 No.1376

 『20-40mm vs 18-50mm F3.5-5.6 DC @30mm f:5.6』  1,203,690

今までしっかりテストするチャンスがなかった 20-40mm を Tsubu さんからお借りしました。キットレンズ 18-50mm F3.5-5.6 DC と 30mm での比較です。さすがに 20-40mm のが良い描写をしています。が、価格差を考えると 18-50mm が健闘していると言えます。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1375 Σ SD10画像 No.1375

 『20-40mm vs 17-70mm DC @30mm f:5.6』  1,302,700

今までしっかりテストするチャンスがなかった 20-40mm を Tsubu さんからお借りしました。最新の標準系ズームレンズ 17-70mm F2.8-4.5 DC と 30mm での比較です。ほとんど互角、倍率色収差が認識できる 17-70mm ですが、20-40mm でも同じくらい目立ちます。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1374 Σ SD10画像 No.1374

 『20-40mm vs 28-70mm EX DG @30mm f:5.6』  1,302,700

今までしっかりテストするチャンスがなかった 20-40mm を Tsubu さんからお借りしました。私の所有する標準系では最良のズームレンズ 28-70mm F2.8 EX DG と 30mm での比較です。わずかですが、28-70mm のが良いようです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1386 Σ SD10画像 No.1386

 『17-70mm vs 28-70mm @40mm f:5.6』  1,490,423

17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO と 28-70mm F2.8 DG を 40mm で比較しました。甲乙着け難し。なんとなく 17-70mm のが良いような気がします。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1385 Σ SD10画像 No.1385

 『20-40mm vs 28-70mm @40mm f:5.6』  1,454,477

今までしっかりテストするチャンスがなかった 20-40mm を Tsubu さんからお借りしました。28-70mm F2.8 DG と 40mm で比較しました。28-70mm のがわずかですが良い描写をします。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -5
space

SD10画像 No.1384 Σ SD10画像 No.1384

 『20-40mm vs 17-70mm @40mm f:5.6』  1,466,737

今までしっかりテストするチャンスがなかった 20-40mm を Tsubu さんからお借りしました。17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO と 40mm での比較です。17-70mm のがわずかですが良い描写をします。SD ユーザーには 17-70mm をお薦めします。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -30
space

SD10画像 No.1419 Σ SD10画像 No.1419

 『17-70mm vs MACRO 50mm @f:5.6 その2』  1,513,080

強力な助っ人、ビクセンモノキュラー+雄さん接眼アダプターの助けを借りて、再度、比較テストです。ピントがしっかり来てます。両レンズともほぼ 10 カットづつ撮影。はやり、17-70mm のが色収差が少なく、コントラストが高い分、良い描写をします。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -28
space

SD10画像 No.1416 Σ SD10画像 No.1416

 『17-70mm vs MACRO 50mm @f:5.6』  1,357,279

実は、納得が行かなくて3回、撮影し直しました。両レンズとも 50 カットづつ撮影。何度撮影しても、17-70mm のが良い描写をします。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1398 Σ SD10画像 No.1398

 『20-40mm F2.8 DG vs 18-50mm F2.8 EX DC @30mm f:5.6』  1,413,186

20-40mm は Tsubu さん、30mm F1.4 は Outliner さんから借りました。良い勝負ですが、18-50mm F2.8 EX のが少しだけ、良いような感じです。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1397 Σ SD10画像 No.1397

 『17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO vs 30mm F1.4 @f:5.6』  1,531,711

30mm F1.4 は Outliner さんから借りました。カチッとした感じは 30mm F1.4 ですが、全体的な印象は 17-70mm のがスッキリ見えます。良い勝負。好みの問題でしょうか?
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1396 Σ SD10画像 No.1396

 『18-50mm F2.8 EX DC vs 30mm F1.4 @f:5.6』  1,491,420

共に借り物同士。両レンズは Outliner さんから借りました。描写は 30mm F1.4 のが良いのですが、倍率色収差は 18-50mm のが少ないです。好みの問題ですが、18-50mm のがスッキリした印象を受けます。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1395 Σ SD10画像 No.1395

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 30mm F1.4 @f:8.0』  1,485,345

共に借り物同士。18-50mm は Tsubu さんから、30mm は Outliner さんから借りました。f:8.0 だと大分良くなります。キットレンズは大健闘です。30mm F1.4 と比べると少し甘いです。両レンズとも倍率色収差が気になります。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1394 Σ SD10画像 No.1394

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 30mm F1.4 @f:5.6』  1,486,849

共に借り物同士。18-50mm は Tsubu さんから、30mm は Outliner さんから借りました。キットレンズ大健闘ですが、30mm F1.4 のが良いです。両レンズとも倍率色収差が確認できます。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1393 Σ SD10画像 No.1393

 『20-40mm vs 30mm F1.4 @f:5.6』  1,525,378

共に借り物同士。20-40mm は Tsubu さんから、30mm は Outliner さんから借りました。良い勝負ですが 30mm F1.4 のが少し良いです。30mm は倍率色収差が 20-40mm より目立ちます。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1392 Σ SD10画像 No.1392

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 18-50mm F2.8 EX DC @50mm f:8.0』  1,488,657

キットレンズ 18-50mm と 18-50mm F2.8 EX DC を 50mm f:8.0 で比較しました。18-50mm F2.8 EX のが良いですが、キットレンズも倍率色収差でわずかに負けている程度、かなり良いのではないでしょうか。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1391 Σ SD10画像 No.1391

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 18-50mm F2.8 EX DC @50mm f:5.6』  1,386,260

キットレンズ 18-50mm と 18-50mm F2.8 EX DC を 50mm f:5.6 で比較しました。キットレンズの f:5.6 は開放です。18-50mm F2.8 EX のが良くて当たり前ですが、キットレンズも大健闘。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1390 Σ SD10画像 No.1390

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 18-50mm F2.8 EX DC @30mm f:8.0』  1,424,973

キットレンズ 18-50mm と 18-50mm F2.8 EX DC を 30mm f:8.0 で比較しました。f:8.0 で比べても差はあります。18-50mm F2.8 EX のが良いです。が、キットレンズもかなり良いと思います。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
May -6
space

SD10画像 No.1389 Σ SD10画像 No.1389

 『18-50mm F3.5-5.6 DC vs 18-50mm F2.8 EX DC @30mm f:5.6』  1,384,242

キットレンズ 18-50mm と 18-50mm F2.8 EX DC を 30mm f:5.6 で比較しました。f:5.6 でも、キットレンズ健闘していますが、18-50mm F2.8 EX のが良いです。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
Apr.-7
space

SD10画像 No1.1314 Σ SD10画像 No.1314

 『17-70mm DC vs 18-50mm F2.8 DC @50mm f:5.6』  1,274,674

17-70mm DC MACRO です。18-50mm F2.8 EX DC との比較ではほとんど差はありません。予想に反して、かなり良いレンズです。本日は天候が不良でしたので、ピントが合わせにくかった為、近いうちに再度テストします。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2006
Mar.-4
space

SD10画像 No1.1259 Σ SD10画像 No.1259

 『24-135 vs 28-70 vs 18-50/2.8 vs 50 @50mm f:6.3』  1,676,353

ひょんなことから我が家へ来た 24-135mm F2.8-4.5。イロイロなレンズと写し比べをしてみました。わずかな差ですが 28-70mm>50mm>18-50mm>24-135mm です。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」から CC のみカスタム。

space space

2006
Mar.-4
space

SD10画像 No.1258 Σ SD10画像 No.1258

 『24-135 vs 28-70 vs 18-50/2.8 @35mm f:6.3』  2,374,883

ひょんなことから我が家へ来た 24-135mm F2.8-4.5。イロイロなレンズと写し比べをしてみました。わずかな差ですが 28-70mm>18-50mm>24-135mm です。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」から CC のみカスタム。

space space

2006
Mar.-1
space

SD10画像 No.1254 Σ SD10画像 No.1254

 『28-70mm EX DG 1m @50mm f:5.6』  3,574,486

チャート風レンズテスト。28-70mm F2.8 EX DG 距離 1m @50mm f:5.6
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Mar.-1
space

SD10画像 No.1253 Σ SD10画像 No.1253

 『18-50mm EX DC 1m @50mm f:5.6』  3,393,938

チャート風レンズテスト。18-50mm F2.8 EX DC 距離 1m @50mm f:5.6
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。

space space

2006
Feb.-26
space

SD10画像 No.1244 Σ SD10画像 No.1244

 『24-135 vs 18-50/2.8 vs 28-70 vs 50 @50mm f:5.6』  1,294,822

ひょんなことから我が家へ来た 24-135mm F2.8-4.5。雨にもかかわらず、イロイロなレンズと写し比べをしてみました。いつもの風景は雨降りには向かないので、別の景色です。チョット気に入らないので、来月中にはいつもの風景と差し替えます。28-70mm>50mm>18-50mm>24-135mm です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。それでも低コントラストなので、Photoshop にて「自動レベル調整」。

space space

2006
Feb.-26
space

SD10画像 No.1243 Σ SD10画像 No.1243

 『24-135 vs 18-50/2.8 vs 28-70 @35mm f:5.6』  1,613,064

ひょんなことから我が家へ来た 24-135mm F2.8-4.5。雨にもかかわらず、イロイロなレンズと写し比べをしてみました。いつもの風景は雨降りには向かないので、別の景色です。チョット気に入らないので、来月中にはいつもの風景と差し替えます。28-70mm>18-50mm>24-135mm です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。それでも低コントラストなので、Photoshop にて「自動レベル調整」。

space space

2006
Feb.-19
space

SD10画像 No.1232 Σ SD10画像 No.1232

 『18-50mm F2.8 EX DC @50mm f:5.6 1m』  3,067,022

18-50mm F2.8 EX DC @50mm f:5.6 1m の近接撮影。
SPP からの JPEG 12 で出力したまま。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。3枚とも CC 以外の現像パラメータは同一です。

space space

2006
Feb.-19
space

SD10画像 No.1231 Σ SD10画像 No.1231

 『28-70mm F2.8 EX DG @50mm f:5.6 1m』  3,046,512

28-70mm F2.8 EX DG @50mm f:5.6 1m の近接撮影。
SPP からの JPEG 12 で出力したまま。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「リセット」からのカスタム。3枚とも CC 以外の現像パラメータは同一です。

space space

2006
Feb.-12
space

SD10画像 No.1222 Σ SD10画像 No.1222

 『55-200 vs 28-70 @60mm f:8.0』  1,598,627

55-200mm F4-5.6 DC と 28-70mm F2.8 EX DG を 60mm で比較しました。
55-200mm、暗いレンズですので f:8.0 での比較ですが非常に良いレンズです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2006
Feb.-11
space

SD10画像 No.1217 Σ SD10画像 No.1217

 『18-50 EX DC vs 50mm @f:5.6』  1,431,122

18-50mm F2.8 EX DC と MACRO 50mm f:5.6 での比較です。
描写はほぼ互角。18-50mm スゴイです。マクロのが色収差が多いです。朝の撮影でも同じ結果だったので、再撮影したのですが、やはり互角でした。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2006
Feb.-11
space

SD10画像 No.1216 Σ SD10画像 No.1216

 『18-50 EX DC vs 28-70 @35mm f:5.6』  1,230,527

18-50mm F2.8 EX DC と 28-70mm、35mm f:5.6 での比較です。
描写はほぼ互角。ほとんど差がありません。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -29
space

SD10画像 No.1142 Σ SD10画像 No.1142

 『18-50 EX DC @50mm f:2.8 vs f:5.6』  1,500,418

18-50mm F2.8 EX DC @50mm f:2.8 と f:5.6 での比較です。
開放でも非常に良い描写をしています。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -29
space

SD10画像 No.1141 Σ SD10画像 No.1141

 『28-70 vs 18-50 EX DC @50mm f:5.6』  1,573,874

18-50mm F2.8 EX DC と 28-70mm @50mm f:5.6 での比較です。
描写はほぼ互角。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -29
space

SD10画像 No.1140 Σ SD10画像 No.1140

 『MACRO 50 vs 18-50 EX DC @f:5.6』  1,600,959

18-50mm F2.8 EX DC と MACRO 50mm f:5.6 での比較です。
描写は全体的に MACRO 50mm のが良いです。が、18-50mm の描写も非常に良いです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Dec. -29
space

SD10画像 No.1139 Σ SD10画像 No.1139

 『28-70 vs 18-50 EX DC @35mm f:5.6』  1,330,074

18-50mm F2.8 EX DC と 28-70mm、35mm f:5.6 での比較です。
描写は全体的に 28-70mm のが若干良いです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」

space space

2005
Oct. -9
space

SD10画像 No.996 Σ SD10画像 No.996

 『24-70 HF vs MACRO 50mm @f:8』  1,182,574

24-70mm F3.5-5.6 ASPHERICAL HF と MACRO 50mm F2.8 EX DG を写し比べてみました。24-70mm HF、かなり良いです。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
Oct. -2
space

SD10画像 No.985 Σ SD10画像 No.985

 『24-70 vs 28-70 EX @50mm f:5.6』  1,419,877

24-70mm F3.5-5.6 ASPHERICAL HF vs 28-70mm F2.8 EX DG。50mm、f:5.6 です。実用上は全く問題なし。良いレンズです。
露出「絞り優先AE」、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」。

space space

2005
July -17
space

SD10画像 No.853 Σ SD10画像 No.853

 『28-135 vs MACRO 50 f6.3』 1,397,687

以前テストしたレンズですが、比較相手を替えて再度掲載します。マクロは凄いけど、28-135mm も健闘しています。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。両方とも Photoshop でコントラストを同じだけ上げてあります。

space space

2005
July -8
space

SD10画像 No.826 Σ SD10画像 No.826

 『30/1.4 vs 28-70 @F8.0』 1,453,275

梅雨の間の晴れ間。30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べを再度行いました。絞り F8.0 です。30mm は 画像中央部の描写で 28-70mm を凌駕していますが、周辺部は甘い描写となっています。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2005
July -8
space

SD10画像 No.825 Σ SD10画像 No.825

 『30/1.4 vs 28-70 @F5.6』 1,492,898

梅雨の間の晴れ間。30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べを再度行いました。絞り F5.6 です。30mm は 画像中央部の描写で 28-70mm を凌駕していますが、周辺部は甘い描写となっています。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2005
July -8
space

SD10画像 No.824 Σ SD10画像 No.824

 『30/1.4 vs 28-70 @F4.0』 1,454,054

梅雨の間の晴れ間。30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べを再度行いました。絞り F4.0 です。30mm は 画像中央部の描写で 28-70mm を凌駕していますが、周辺部は甘い描写となっています。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2005
July -8
space

SD10画像 No.823 Σ SD10画像 No.823

 『30/1.4 vs 28-70 @F2.8 と F4.0』 1,431,994

梅雨の間の晴れ間。30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べを再度行いました。30mm は F2.8 で 28-70mm は F4.0 です。28-70mm は非常に良いレンズですが、F2.8 での描写がイマイチなので、敢えて F4.0 を選んで比較しています。30mm は F2.8 でも画像中央部の描写は 28-70mm の F4.0 を凌駕しています。逆に周辺部は甘い描写となっています。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2005
July -8
space

SD10画像 No.822 Σ SD10画像 No.822

 『30/1.4 vs 28-70 @F2.0 と F4.0』 1,390,937

梅雨の間の晴れ間。30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べを再度行いました。30mm は F2.0 で 28-70mm は F4.0 です。28-70mm は非常に良いレンズですが、F2.8 での描写がイマイチなので、敢えて F4.0 を選んで比較しています。30mm は F2.0 でも画像中央部の描写は 28-70mm の F4.0 を凌駕しています。逆に周辺部は甘い描写となっています。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2005
July -8
space

SD10画像 No.821 Σ SD10画像 No.821

 『30/1.4 vs 28-70 @F1.4 と F4.0』 1,358,460

梅雨の間の晴れ間。30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べを再度行いました。30mm は F1.4 で 28-70mm は F4.0 です。28-70mm は非常に良いレンズですが、F2.8 での描写がイマイチなので、敢えて F4.0 を選んで比較しています。30mm は F1.4 でも画像中央部の描写は 28-70mm の F4.0 を凌駕しています。逆に周辺部は甘い描写となっています。
露出「絞り優先AE」、WB「オート」、MF、現像は「オート」。

space space

2005
July -6
space

SD10画像 No.820 Σ SD10画像 No.820

 『30 1.4 vs 28-70 @F5.6』 671,805

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べ、F5.6 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」。EV -2.0

space space

2005
July -6
space

SD10画像 No.819 Σ SD10画像 No.819

 『30 1.4 vs 28-70 @F4.0』 672,270

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べ、F4.0 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」。EV -2.0

space space

2005
July -6
space

SD10画像 No.818 Σ SD10画像 No.818

 『30 1.4 vs 28-70 @F2.8』 625,204

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べ、F2.8 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」。EV -2.0

space space

2005
July -6
space

SD10画像 No.817 Σ SD10画像 No.817

 『30 1.4 vs 28-70 @F2.0 と F2.8』 615,085

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べです。30mm は F2.0 で 28-70mm は F2.8 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」。EV -2.0

space space

2005
July -6
space

SD10画像 No.816 Σ SD10画像 No.816

 『30 1.4 vs 28-70 @F1.4 と F2.8』 564,851

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べです。30mm は F1.4 で 28-70mm は F2.8 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」。EV -2.0

space space

2005
July -5
space

SD10画像 No.815 Σ SD10画像 No.815

 『30mm F1.4 EX DC HSM のボケ』 576,073

30mm F1.4 EX DC HSM のボケです。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」。-2.0 EV

space space

2005
July -3
space

SD10画像 No.810 Σ SD10画像 No.810

 『30 1.4 vs 28-70 @F8』 1,149,825

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べ、F8.0 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」からコントラストと露出を調整。

space space

2005
July -3
space

SD10画像 No.809 Σ SD10画像 No.809

 『30 1.4 vs 28-70 @F5.6』 1,160,904

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べ、F5.6 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」からコントラストと露出を調整。

space space

2005
July -3
space

SD10画像 No.808 Σ SD10画像 No.808

 『30 1.4 vs 28-70 @F4.0』 1,174,555

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べ、F4.0 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」からコントラストと露出を調整。

space space

2005
July -3
space

SD10画像 No.807 Σ SD10画像 No.807

 『30 1.4 vs 28-70 @F2.8』 1,138,667

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べ、F2.8 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」からコントラストと露出を調整。

space space

2005
July -3
space

SD10画像 No.806 Σ SD10画像 No.806

 『30 1.4 vs 28-70 @F2.0 と F2.8』 1,050,880

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べです。30mm は F2.0 で 28-70mm は F2.8 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」からコントラストと露出を調整。

space space

2005
July -3
space

SD10画像 No.805 Σ SD10画像 No.805

 『30 1.4 vs 28-70 @F1.4 と F2.8』 943,628

30mm F1.4 EX DC HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の写し比べです。30mm は F1.4 で 28-70mm は F2.8 です。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」からコントラストと露出を調整。

space space

2005
July -3
space

SD10画像 No.804 Σ SD10画像 No.804

 『30 1.4 vs 15-30 F5.6』 1,134,981

30mm F1.4 EX DC HSM と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL の写し比べです。
露出「絞り優先AE」、WB「曇り」、MF、現像は「X3F」からコントラストと露出を調整。

space space

2005
June -25
space

SD10画像 No.767 Σ SD10画像 No.767

 『18-200 vs 28-70 @35mm f:5.6』 1,362,483

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC と 28-70mm F2.8 EX DG を比較しました。
18-200mm 負けてはいますが、そこそこ優秀です。
露出「絞り優先AE]、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
June -25
space

SD10画像 No.766 Σ SD10画像 No.766

 『18-200 vs 28-70 @50mm f:6.3』 1,468,118

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC と 28-70mm F2.8 EX DG を比較しました。
28-70mmの50mmはマクロ並の描写をします。18-200mm も悪い描写ではありません。
露出「絞り優先AE]、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
June -24
space

SD10画像 No.760 Σ SD10画像 No.760

 『18-200 vs MACRO 50 @f:6.3』 1,282,365

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC と MACRO 50mm F2.8 を比較しました。
ご覧の通り、非常に優秀です。
露出「絞り優先AE]、WB「晴れ」、MF、現像は「オート」からの色調カスタマイズです。

space space

2005
May -22
space

SD10画像 No.724 Σ SD10画像 No.724

 『28-200 vs 50 vs 28-70 @50mm f:5.6』 2,665,877

COMPACT HYPERZOOM 28-200mm F3.5-5.6 ASPHERICAL MACRO と MACRO 50mm F2.8 EX DG、28-70mm F2.8 EX DG を 50mmで比較。
露出「絞り優先AE]、WB「くもり」、MF、現像は「オート」で、色調を Photoshop で合わせました。

space space

2005
Apr. -17
space

SD10画像 No.683 Σ SD10画像 No.683

 『24-70 vs 28-70 @50mm f:8』 2,000,017

今ひとつ、絞り込んでと言うご要望にお応えして、24-70mm F2.8 EX DG MACRO と 28-70mm EX DG の 50mm f:8.0 です。甲乙付けがたし。どちらも十分に良いレンズです。
露出「オート」。WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
Apr. -17
space

SD10画像 No.682 Σ SD10画像 No.682

 『24-70 vs 15-30 @30mm f:8』 1,513,139

今ひとつ、絞り込んでと言うご要望にお応えして、24-70mm F2.8 EX DG MACRO と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL の 30mm f:8.0 です。24-70mm の周辺部がイマイチです。
露出「オート」。WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
Apr. -8
space

SD10画像 No.637 Σ SD10画像 No.637

 『28-105 UC vs MACRO 50mm @f:5.6』 1,316,247

28-105mm F3.8-5.6 UC-III ASPHERICAL IF と MACRO 50mm F2.8 EX DG の f:5.6 です。周辺部に甘さを感じますが、28-105mm F3.8-5.6、あとひとつ絞れば十分な描写をしそうです。
露出「オート」。WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
Apr. -8
space

SD10画像 No.633 Σ SD10画像 No.633

 『24-70 vs MACRO 50 @f:5.6』 1,380,228

24-70mm F2.8 EX DG MACRO と MACRO 50mm F2.8 EX DG の f:5.6 です。やはり MACRO のが良い描写ですが、24-70mm も大健闘です。
露出「オート」。WB「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2005
Feb. -5
space

SD10画像 No.581 Σ SD10画像 No.581

 『Nikkor 55mm F1.2 vs MACRO 50mm』 1,996,176

ken さんにお借りした Auto Nikkor-S 55mm F1.2 と SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG の f:5.6 での比較です。せっかくの F1.2 レンズですので、F1.2 と F2.8 でも撮影しました。開放でもこれだけの描写力、しかも30年前のレンズですので、「スゴイ」の一言です。
描写力は良い勝負、MACRO がチョットピンぼけです。スミマセン。
露出は「マニュアル」SIGMA は「オート」。WB は「晴れ」、MF、現像は「オート」です。

space space

2004
Dec. -30
space

SD10画像 No.558 Σ SD10画像 No.558

 『50 vs 28-70 f:5.6』 2,276,138

定点撮影。SIGMA 28-70mm F2.8 EX DG と SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG の f:5.6 での比較です。昨日入手した新タイプの MACRO です。
これほどの描写力を始めて見ました。どちらもすごい。
露出は「オート」。WB も「オート」、AF、現像は「オート」です。12 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Dec. -30
space

SD10画像 No.557 Σ SD10画像 No.557

 『50 vs 28-70 f:2.8』 1,843,194

定点撮影。SIGMA 28-70mm F2.8 EX DG と SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG の f:2.8 での比較です。昨日入手した新タイプの MACRO です。
28-70mm は望遠域の開放でソフトな描写をします。さすがに MACRO は開放でも十分なコントラストがあり、描写も非常に良好です。
露出は「オート」。WB も「オート」、AF、現像は「オート」です。12 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Dec. -25
space

SD10画像 No.551 Σ SD10画像 No.551

 『17-35 vs 28-70 @35mm f:5.6』 1,633,664

17-35mm F2.8-4 EX DG HSM と 28-70mm F2.8 EX DG の 28mm f:5.6 です。28-70mm のが少し良いようです。
露出「オート」。WB「オート」、AF、現像は「オート」です。12枚撮影した内のベストショットです。

space space

2004
Dec. -18
space

SD10画像 No.538 Σ SD10画像 No.538

 『28-70 vs 24-60 60mm f5.6』 2,102,228

定点撮影です。SIGMA 28-70mm と 24-60mm の比較です。28-70mm の甘い描写が f:5.6 でカリカリになります。
露出「オート」。WB「オート」、AF、現像は「オート」です。6 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Dec. -18
space

SD10画像 No.537 Σ SD10画像 No.537

 『28-70 vs 24-60 60mm f2.8』 1,697,664

定点撮影です。SIGMA 28-70mm と 24-60mm の比較です。望遠側では 28-70mm のが甘い描写をします。芯はあるので、意図的なモノを感じます。
露出「オート」。WB「オート」、AF、現像は「オート」です。6 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Dec. -18
space

SD10画像 No.536 Σ SD10画像 No.536

 『28-70 vs 24-60 40mm f5.6』 2,011,506

定点撮影です。SIGMA 28-70mm と 24-60mm の比較です。あまり比較しない 40mm。差はわずかですが 28-70mm のが少し良いですね。
露出「オート」。WB「オート」、AF、現像は「オート」です。6 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Dec. -18
space

SD10画像 No.531 Σ SD10画像 No.531

 『TAMRON 28-75 vs 28-70 50mm f5.6』 1,952,427

定点撮影です。TAMRON 28-75mm と SIGMA 28-70mm の比較です。さずがに 5.6 まで絞るとほとんど差はなくなります。
露出「オート/マニュアル」。WB「オート」、AF/MF、現像は「オート」です。6 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Dec. -18
space

SD10画像 No.530 Σ SD10画像 No.530

 『TAMRON 28-75 vs 28-70 50mm f2.8』 1,659,378

定点撮影です。TAMRON 28-75mm と SIGMA 28-70mm の比較です。解像感は TAMRON が明らかに上、SIGMA は相変わらず長焦点、開放付近での柔らかい描写にこだわっている様です。
露出「オート/マニュアル」。WB「オート」、AF/MF、現像は「オート」です。6 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -28
space

SD10画像 No.499 Σ SD10画像 No.499

 『Nikkor VS SIGMA #12』 1,260,442

AI AF Zoom Nikkor 24〜50mm F3.3〜4.5D と SIGMA 24-60mm F2.8 EX DG の比較です。Nikkor は Tsubu さんからお借りしました。
描写力は Nikon のが良いようです。色収差は SIGMA のがわずかに少ないようです。実売価格は SIGMA のが高いので、Nikon 優秀です。
露出はマニュアル、WB は「オート」、MF/AF、現像も「オート」です。 18 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -28
space

SD10画像 No.498 Σ SD10画像 No.498

 『Nikkor VS SIGMA #11』 1,260,442

AI AF Zoom Nikkor 24〜50mm F3.3〜4.5D と SIGMA 24-60mm F2.8 EX DG の比較です。Nikkor は Tsubu さんからお借りしました。
描写力は良い勝負ですがわずかに Nikon のが良いような感じです。実売価格は SIGMA のが高いので、Nikon 優秀です。
露出はマニュアル、WB は「オート」、MF/AF、現像も「オート」です。 18 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -22
space

SD10画像 No.485 Σ SD10画像 No.485

 『Nikkor VS SIGMA #7』 2,070,770

Nikkor ED AF-S 28-70mm F2.8 D と SIGMA APO 24-60mm F2.8 EX DG の共に 60mm での比較です。
描写力は互角。Nikkor のが少し良いようです。価格差3倍です。
露出はマニュアル、WB は「晴れ」、MF/AF、現像は「オート」です。 12 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -22
space

SD10画像 No.484 Σ SD10画像 No.484

 『Nikkor VS SIGMA #6』 2,109,582

Nikkor ED AF-S 28-70mm F2.8 D と SIGMA APO 24-60mm F2.8 EX DG の共に 35mm での比較です。
描写力は互角。Nikkor のが少し良いようです。価格差3倍です。
露出はマニュアル、WB は「晴れ」、MF/AF、現像は「オート」です。 12 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -20
space

SD10画像 No.471 Σ SD10画像 No.471

 『17-35 vs 24-60 @35mm Full aperture』 2,886,431

SIGMA 17-35mm F2.8-4 EX DG HSM と 24-60mm F2.8 EX DG の 35mm 絞り開放。どちらのレンズも開放から十分な描写をします。
絞り優先AE、WB は「オート」、AF、現像もオートです。 18 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -20
space

SD10画像 No.470 Σ SD10画像 No.470

 『17-35 vs 24-60 @35mm』 2,997,992

SIGMA 17-35mm F2.8-4 EX DG HSM と 24-60mm F2.8 EX DG の 35mm f:5.6 での画像です。
以前やりましたが、光の加減が違います。
絞り優先AE、WB は「オート」、AF、現像もオートです。 12 枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -19
space

SD10画像 No.465 Σ SD10画像 No.465

 『17-35 vs 15-30 @30mm』 1,647,230

SIGMA 17-35mm F2.8-4 EX DG HSM と 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL の30mm での画像です。
おそらくオートフォーカスでの合焦性能が描写力の差になってしまったと思われます。17-35mm のが良い描写をしています。
絞り優先AE、WB は「曇り」、AF、現像はリセットです。6枚ずつ撮影した中のベスト画像です。

space space

2004
Nov. -1
space

SD10画像 No.451 Σ SD10画像 No.451

 『MACRO 50mm f:2.8 ~ f:45』 2,675,564

テクニカルに入れるべきかもしれませんが、「回折」の具体例です。
f:11でボケが始まる事をご確認ください。
絞り優先AE、WB は「晴れ」、AF、現像はオートです。

space space

2004
Oct. -31
space

SD10画像 No.450 Σ SD10画像 No.450

 『18-50 EX vs 24-60 @50mm f:2.8』 2,667,861

定点撮影です。オートフォーカスで各 18 枚撮影した中のベストです。
絞り優先AE、WB は「晴れ」、AF、現像はオート、18-50mm のコントラスト、明るさ、色調を 24-60mm に合わせてあります。

space space

2004
Oct. -31
space

SD10画像 No.449 Σ SD10画像 No.449

 『18-50 EX vs 24-60 @35mm f:2.8』 2,732,593

定点撮影です。オートフォーカスで各 18 枚撮影した中のベストです。
絞り優先AE、WB は「晴れ」、AF、現像はオート、18-50mm のコントラスト、明るさ、色調を 24-60mm に合わせてあります。

space space

2004
Oct. -30
space

SD10画像 No.447 Σ SD10画像 No.447

 『18-50 EX vs 24-60 vs 50@50mm f:5.6』 3,680,601

天候がイマイチですが、定点撮影です。オートフォーカスで 18 枚ほど撮影した中のベストです。
絞り優先AE、WB は「くもり」、AF、現像はリセットからのカスタム、コントラスト、明るさ、色調は合わせてあります。

space space

2004
Oct. -30
space

SD10画像 No.446 Σ SD10画像 No.446

 『18-50 EX vs 24-60 @35mm f:5.6』 2,522,585

天候がイマイチですが、定点撮影です。オートフォーカスで 18 枚ほど撮影した中のベストです。
絞り優先AE、WB は「くもり」、AF、現像はリセットからのカスタム、コントラスト、明るさ、色調は合わせてあります。

space space

2004
Oct. -17
space

SD10画像 No.426 Σ SD10画像 No.426

 『INDASTAR 50 vs MACRO 50 @f:5.6』 2,854,461

@f:5.6 1/650 Sex. ISO 100
いつもの定点撮影です。インダスターのフォーカスはマニュアルで 18 枚ほど撮影した中のベストです。マクロ 50mm はオートフォーカスで 24 枚ほど撮影した中のベストです。価格は一桁近く違うはずですので、インダスター立派です。露出はマニュアル、現像はオールリセットです。

space space

2004
Oct. -16
space

SD10画像 No.425 Σ SD10画像 No.425

 『INDASTAR 50 vs MACRO 50 @f:5.6』 676,665

インダスター 50mm F3.5 パンケーキ。MACRO 50mm と比べられてしまいました。
最もレンズの収差が現れ易い点光源での比較です。インダスター立派です。明日の昼間はいつもの定点撮影で比較します。

space space

2004
Sep. -18
space

SD10画像 No.371 Σ SD10画像 No.371

 『28-105 vs MACRO 50 @f:5.6』 3,411,252

例によって定点撮影です。MACRO と比べてはかわいそうですが、なかなか健闘しています。中古で購入時は片ボケしていたため、シグマさんに調整してもらいました。

space space

2004
Aug. -26
space

SD10画像 No.358 Σ SD10画像 No.358

 『New & Old MACRO 50mm @f:2.8』 1,286,658

新旧 マクロ50mm f:2.8 でモロ逆光です。薄曇りの太陽が右上に入っています。白飛びさせるために露出はマニュアルです。
リクエストによりSIGMA Photo Pro Ver.2.1 で現像しました。下のものと現像パラメータは同一です。

space space

2004
Aug. -24
space

SD10画像 No.353 Σ SD10画像 No.353

 『New & Old MACRO 50mm @f:2.8』 1,286,658

新旧 マクロ50mm f:2.8 でモロ逆光です。薄曇りの太陽が右上に入っています。白飛びさせるために露出はマニュアルです。
現像はリセットからのカスタムで同一の現像条件です。マニュアル露出、MF、WBは「晴れ」。各 6 枚撮影した中のベストショットです。新マクロ、MF のため少しピントが甘くなってしまいました。

space space

2004
Aug. -22
space

SD10画像 No.348 Σ SD10画像 No.348

 『New & Old MACRO 50mm @f:5.6』 966,292

新旧 マクロ50mm f:5.6 での夜景です。新レンズのがわずかではありますがコントラストが高くなっています。
色調、コントラストの違いを出すために、現像はリセット(オールゼロ)で露出のみ +1.6 していますが同一の現像条件です。露出はマニュアル、MF、WBは「晴れ」。各 8 枚撮影した中のベストショットです。

space space

2004
Aug. -22
space

SD10画像 No.347 Σ SD10画像 No.347

 『New & Old MACRO 50mm @f:2.8』 789,663

新旧 マクロ50mm f:2.8 での夜景です。明らかに新レンズのがフレアが減少しています。
色調、コントラストの違いを出すために、現像はリセット(オールゼロ)で同一の現像条件です。露出はマニュアル、MF、WBは「晴れ」。各 8 枚撮影した中のベストショットです。

space space

2004
Aug. -22
space

SD10画像 No.346 Σ SD10画像 No.346

 『New & Old MACRO 50mm @f:5.6』 1,869,014

新旧 マクロ50mm f:5.6 です。色調、コントラストの違いを出すために、現像はリセット(オールゼロ)から 露出 +0.2、コントラスト +1.0、シャドー -1.0 で同一の現像条件です。絞り優先AE、AF、WBは「曇り」。各 24 枚撮影した中のベストショットです。

space space

2004
Aug. -22
space

SD10画像 No.345 Σ SD10画像 No.345

 『New & Old MACRO 50mm @f:2.8』 1,725,185

新旧 マクロ50mm f:2.8 開放です。色調、コントラストの違いを出すために、現像はリセット(オールゼロ)から 露出 +0.2、コントラスト +1.0、シャドー -1.0 で同一の現像条件です。絞り優先AE、AF、WBは「曇り」。各 24 枚撮影した中のベストショットです。

space space

2004
Aug. -13
space

SD10画像 No.333 Σ SD10画像 No.333

 『17-35 vs 24-60 @35mm』 1,476,294

17-35mm と 24-60mm の 35mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートです。各 6 枚づつ撮影した内のベスト画像です。
お互いに一歩も譲らない、現時点で最高のレンズでしょう。

space space

2004
Aug. -6
space

SD10画像 No.308 Σ SD10画像 No.308

 『24-60 vs MACRO 50』 2,847,694

24-60mm F2.8 と MACRO 50mm F:2.8 の 50mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「曇り」、現像はオートです。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 10 枚撮影した内のベスト画像です。この前の 24-60mm の描写が予想を下回ったため、シグマさんでチェックしてもらい、再度テストしました。

space space

2004
Aug. -6
space

SD10画像 No.307 Σ SD10画像 No.307

 『24-60 vs 15-30 @30mm』 2,693,080

24-60mm F2.8 と 15-30mm F3.5-4.5 の 30mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「曇り」、現像はオートです。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 10 枚撮影した内のベスト画像です。この前の 24-60mm の描写が予想を下回ったため、シグマさんでチェックしてもらい、再度テストしました。

space space

2004
July -4
space

SD10画像 No.283 Σ SD10画像 No.283

 『18-125 vs 24-60 @60mm』 2,713,995

18-125mm F3.5-5.6 DC と 24-60mm F2.8 の 60mm f:8.0 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートのみ。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 6 枚撮影した内のベスト画像です。18-125mm は明るいレンズではないので、f:8.0 でテストしています。

space space

2004
July -4
space

SD10画像 No.282 Σ SD10画像 No.282

 『18-125 vs MACRO 50mm』 2,484,453

18-125mm F3.5-5.6 DC と MACRO 50mm F2.8 の 50mm f:8.0 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートのみ。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 6 枚撮影した内のベスト画像です。18-125mm は明るいレンズではないので、f:8.0 でテストしています。

space space

2004
July -4
space

SD10画像 No.281 Σ SD10画像 No.281

 『18-125 vs 15-30 @30mm』 2,603,315

18-125mm F3.5-5.6 DC と 15-30mm F3.5-4.5 の 30mm f:8.0 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオートのみ。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 6 枚撮影した内のベスト画像です。18-125mm は明るいレンズではないので、f:8.0 でテストしています。

space space

2004
July -3
space

SD10画像 No.272 Σ SD10画像 No.272

 『24-60 vs MACRO 50』 1,045,399

24-60mm F2.8 と MACRO 50mm F:2.8 の 50mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオート後、色調のみ調整です。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 6 枚撮影した内のベスト画像です。24-60mm の描写が予想を下回るため、個体差の可能性が高いのでシグマさんでチェックしてもらい、場合によっては再度テストします。

space space

2004
July -3
space

SD10画像 No.271 Σ SD10画像 No.271

 『24-60 vs 15-30 #2』 1,375,845

24-60mm F2.8 と 15-30mm F3.5-4.5 の 30mm f:5.6 での描写です。絞り優先AE、AF、WBは「晴れ」、現像はオート後、色調のみ調整です。AF はわざと外しておいて、合わせ直させてます。同じ絞り値で 6 枚撮影した内のベスト画像です。24-60mm の描写が予想を下回るため、個体差の可能性が高いのでシグマさんでチェックしてもらい、場合によっては再度テストします。

space space

2004
June- 20
space

SD10画像 No.266 Σ SD10画像 No.266

 『28-70mm F:2.8 EX ASPHERICAL DF @50mm f:5.6』 1,494,386

24-60mm F2.8 を購入するためにお別れする 28-70mm EX ASPHERICAL DF で最後のテスト撮影を行いました。 50mm でのベスト画像です。
ホワイトバランスは「晴れ」、絞り優先AE、現像は X3f、AF です。

space space

2004
Apr.- 25
space

SD10画像 No.197 Σ SD10画像 No.197

 『28-135mm vs MACRO 50mm @f:8.0』 1,457,113

28-135mm F3.8-5.6 ASPHERICAL IF MACRO と MACRO 50mmを f:8.0 で比べました。
あまりにも可哀相な比較ですが 28-135mm は結構健闘しています。が、マクロの優秀さを再認識しました。
ホワイトバランスは「晴れ」、絞り優先AE、現像もオート、AF です。

space space

2004
Mar.- 7
space

SD10画像 No.141 Σ SD10画像 No.141

 『50mm competition』 1,001,836

50mm 廉価レンズと MACRO、新 28-300mm
全てホワイトバランスは「晴れ」、絞り優先AE、現像もオート、AF です。

space space

2004
Mar.- 7
space

SD10画像 No.139 Σ SD10画像 No.139

 『About 30mm of EX Zoom Lenses @f:11.0』 1,502,790

30mm を範囲に持つ EX レンズ4本の競演です。全て f:11 です。
全てホワイトバランスは「晴れ」、絞り優先AE、現像もオート、AF です。

space space

2004
Mar.- 7
space

SD10画像 No.138 Σ SD10画像 No.138

 『About 30mm of EX Zoom Lenses @f:5.6』 1,501,889

30mm を範囲に持つ EX レンズ4本の競演です。全て f:5.6 です。15-30mm が悪いのは AF が外れたせいでしょう。(^^;
全てホワイトバランスは「晴れ」、絞り優先AE、現像もオート、AF です。

space space

2004
Feb. -29
space

SD10画像 No.132 Σ SD10画像 No.132

 『Voigtlander ZOOMAR vs SIGMA 28-70mm』 837,515

1/10 Sec. ISO 100
室内、外は薄曇りの午後2時頃窓から入る自然光のみ。ZOOMAR のホワイトバランスはカスタムで SIGMA のホワイトバランスはオートです。SIGMA の方は被写体ブレがあります。止まっている部分で比較してください。

space space

2004
Feb. -28
space

SD10画像 No.131 Σ SD10画像 No.131

 『Voigtlander ZOOMAR @36mm f:2.8』 979,960

Voigtlander ZOOMAR 36-82mm F:2.8 @36mm f:2.8 1/1000Sec.
ズーマー最悪の画像です。(^^;
SD10 でこの状態ですので、35mm フルサイズの四隅はさぞかし凄まじいでしょう。F:8 まで絞ると非点収差は少なくなって、色収差が目立ってきます。

space space

2004
Feb. -28
space

SD10画像 No.129 Σ SD10画像 No.129

 『Voigtlander ZOOMAR @50mm』 1,419,873

アメリカのズーマー社の Frank G. BECK と言う人が設計したレンズだそうですが、45年前のズームレンズにしてはそこそこ良い描写をしますが、周辺部の像の流れは多いですね。WB はオートで、ズーマーは全部マニュアル、SIGMA は絞り優先AEでフォーカスはマニュアルです。

space space

2004
Feb. -28
space

SD10画像 No.128 Σ SD10画像 No.128

 『Voigtlander ZOOMAR @36mm』 1,376,944

1959年に発売された世界初のスチルカメラ用ズームレンズ、知る人ぞ知るフォクトレンデル・ズーマーを kenさんからお借りして試写しました。当時のレンズシャッター一眼レフ、ベッサマチック用に開発されたレンズですので M42 は非常に珍しいです。私もス●ヤカメラの店員時代に2回程見た記憶があるだけです。WB はオートで、ズーマーは全部マニュアル、SIGMA は絞り優先AEでフォーカスはマニュアルです。

space space

2004
Jan. -17
space

SD10画像 No.91 Σ SD10画像 No.91

 『Auto-Focus test』 1,191,099

調整から帰って来たばかりの 28-70mm F:2.8 EX をテスト撮影した際に 50mm 近辺で異常に悪い結果となり、4〜5回試行錯誤を繰り返した結果、オートフォーカスとの相性が悪いことに気が付きました。どうも比較的明るめのレンズは、自動で焦点を合わせることが苦手なようです。

space space

2004
Jan. -4
space

SD10画像 No.75 Σ SD10画像 No.75

 『24-135mm vs MACRO 50mm』 1,552,920

24-135mmの描写を見ました。24-135mm は SD10 で、マクロは SD9 で撮影しました。絞り優先AE、WBもオート、現像もオートです。が、明るさとコントラストは調整してあります。よく見ると24-135mm は片ボケしているようです。

space space

2003
Nov. -14
space

SD10画像 No.5 Σ SD10画像 No.5

 『SIGMA 55-200mm DC vs MACRO 50mm』 1,371,915

SIGMA 55-200mm F:4-5.6 DC と MACRO 50mm のガチンコ勝負。
F:8 での比較ですが、ご覧の通りです。
良いですねぇ。

space space

2003
Nov. -14
space

SD10画像 No.3 Σ SD10画像 No.3

 『SIGMA 18-50mm vs MACRO 50mm』 1,176,040

SIGMA 18-50mm F:3.5-5.6 DC と MACRO 50mm のガチンコ勝負。
う〜〜〜n。やっぱり苦しいか。
さすがに F:5.6(開放)では可哀相なので、f:8 を掲載しておきます。(^^;

space space

2003
July -6
space

SD9画像 No.101 Σ SD9画像 No.101

 『SIGMA MACRO 50mm F:2.8 開放』 869,883

SIGMA MACRO 50mm F:2.8 @f:2.8 と @f:5.6
MIYAさんのご要望(開放での描写を)にお応えします。その1。
開放だけの画像ではわかりにくいと思いますので、2つ絞った画像と並べておきます。

space space

2003
June -7
space

その86 Σ SD9画像 No.80

 『SMC TAKUMAR 35mm F:3.5』 1,418,653

SIGMA 28-70mm F:2.8 と SMC TAKUMAR 35mm F:3.5 との比較です。
レベル調整(コントラストアップ)してあります。

space space

2003
June -7
space

その85 Σ SD9画像 No.79

 『M42 50〜55mm 比較』 1,637,289

SIGMA MACRO 50mm, ULTRON 50mm,SMC TAKUMAR 55mm,EBC FUJINON 55mm
KAHOOさんから試写を依頼されたレンズその3+1です。現時点でのベストSIGMA MACRO 50mm F:2.8 との比較です。

space space

2003
June -7
space

その84 Σ SD9画像 No.78

 『M42 RUBIMAT 35mm F:2.8』 1,271,488

SIGMA 28-70mm F:2.8 vs RUBIMAT 35mm F:2.8
KAHOOさんから試写を依頼されたレンズその2です。現時点でのベストSIGMA 28-70mm F:2.8 との比較です。

space space


70mm 〜 110mm (between 70mm and 110mm)

2012
August-12
space

SD1画像 No.667 Σ SD1画像 No.667

 『18-250mm macro @106mm f:8.0』  5,844,094

SD1 による SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM の 106mm f:8.0 です。完璧とは言えませんが、非常に良い描写です。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.3.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0.5,0.5。

space space

2012
August-12
space

SD1画像 No.666 Σ SD1画像 No.666

 『18-250mm macro @106mm f:5.6』  5,367,699

SD1 による SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM の 106mm f:5.6 絞り開放です。高倍率ズームレンズである事を考慮しなくても、十分に良い描写。
絞り優先AE、MF、WB「オート」。SPP 5.3.1 シャープネス 0、ノイズリダクション 0.5,0.5。

space space

2012
June-10
space

SD1画像 No.618 Σ SD1画像 No.618

 『50-500mm OS @100mm f:9.0』  8,103,418

SD1 による SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM の 100mm f:9.0 です。中心部は非常に良い描写。周辺の色収差がやはり気になります。ギリギリで許容範囲外。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
June-10
space

SD1画像 No.617 Σ SD1画像 No.617

 『50-500mm OS @100mm f:5.0』  8,408,746

SD1 による SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM の 100mm f:5.0 絞り開放です。中心部は非常に良い描写。周辺はわずかに甘く、倍率色収差が確認できます。絞り開放、AF にしては良いと感じますが、SD1 ではチト厳しい感じ。
絞り優先AE、AF、WB「オート」、現像 SPP5.2.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.515 Σ SD1画像 No.515

 『100-300mm F4 @100mm f:5.6』  9,371,586

SD1 による SIGMA APO 100-300mm F4 EX DG HSM の 100mm f:5.6 です。APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM との比較用に撮影しました。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.513 Σ SD1画像 No.513

 『70mm f:5.6』  9,125,750

SD1 による SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG の f:5.6 です。APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM との比較用に撮影しました。
絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0。

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.506 Σ SD1画像 No.506

 『50-150mm OS 100mm f:11.0』  7,900,788

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 100mm f:11.0 です。全体的には甘くなります。左上と右下の異常なボケが被写界深度によって救われています。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.505 Σ SD1画像 No.505

 『50-150mm OS 100mm f:8.0』 8,349,123

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 100mm f:8.0 です。回折の影響で f:5.6 の描写と比較するとわずかに甘くなるはずなのに、より良い描写となっています。ほぼ完璧。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.504 Σ SD1画像 No.504

 『50-150mm OS 100mm f:5.6』  8,293,555

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 100mm f:5.6 です。左上と右下以外はほぼ完璧。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.503 Σ SD1画像 No.503

 『50-150mm OS 100mm f:4.0』  7,883,986

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 100mm f:4.0 です。左上と右下の甘さ以外は文句の付けようがありません。私の個体はズーミングによって回転するレンズが1枚偏芯しているのかも知れない。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.502 Σ SD1画像 No.502

 『50-150mm OS 100mm f:2.8』  7,547,315

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 100mm f:2.8 です。左上と右下が甘く、他はパキパキで十分以上に良い描写。絞り開放とは思えません。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.501 Σ SD1画像 No.501

 『50-150mm OS 70mm f:11.0』  8,205,578

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 70mm f:11.0 です。回折の影響で全体に少しだけ甘くなります。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.500 Σ SD1画像 No.500

 『50-150mm OS 70mm f:8.0』  8,642,867

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 70mm f:8.0 です。ほぼ完璧。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.499 Σ SD1画像 No.499

 『50-150mm OS 70mm f:5.6』  8,753,193

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 70mm f:5.6 です。左端以外は全く問題なし。ほぼ完璧です。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.498 Σ SD1画像 No.498

 『50-150mm OS 70mm f:4.0』  8,282,577

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 70mm f:4.0 です。左端以外はかなり良い描写です。描写が不自然なので、個体差と思われます。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
April-28
space

SD1画像 No.497 Σ SD1画像 No.497

 『50-150mm OS 70mm f:2.8』  8,298,538

SD1 による SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM の 70mm f:2.8 です。左端に不自然な流れがあります。が、それ以外はかなり良い描写。絞り開放としては立派です。 絞り優先AE、MF、WB「オート」、現像 SPP5.2「オールリセット」からのカスタム。シャープネス 0、ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.253 Σ SD15画像 No.253

 『Ai Nikkor 105mm @f:8.0』  3,171,981

SD15 で Ai Nikkor 105mm F2.5 の f:8.0 です。非常に良いレンズです。文句の着けようがありません。 撮影日:2011/11/27
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.252 Σ SD15画像 No.252

 『Ai Nikkor 105mm @f:5.6』  3,075,405

SD15 で Ai Nikkor 105mm F2.5 の f:5.6 です。完璧。非常に良い描写。 撮影日:2011/11/27
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD15画像 No.251 Σ SD15画像 No.251

 『Ai Nikkor 105mm @f:2.5』  2,533,967

SD15 で Ai Nikkor 105mm F2.5 の f:2.5 絞り開放です。かなり良いです。若干の甘さがプラスに見えます。 撮影日:2011/11/27
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.405 Σ SD1画像 No.405

 『Ai Nikkor 105mm @f:11.0』  5,491,203

SD1 で Ai Nikkor 105mm F2.5 の f:11.0 です。ごくわずかな回折の影響。絞ると色収差が少し見えてきます。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.404 Σ SD1画像 No.404

 『Ai Nikkor 105mm @f:8.0』  5,840,388

SD1 で Ai Nikkor 105mm F2.5 の f:8.0 です。ほぼ完璧。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.403 Σ SD1画像 No.403

 『Ai Nikkor 105mm @f:5.6』  5,658,096

SD1 で Ai Nikkor 105mm F2.5 の f:5.6 です。全く問題有りません。非常に良いです。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.402 Σ SD1画像 No.402

 『Ai Nikkor 105mm @f:4.0』  5,387,311

SD1 で Ai Nikkor 105mm F2.5 の f:4.0 です。かなり良い描写。十分に許容範囲。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-27
space

SD1画像 No.401 Σ SD1画像 No.401

 『Ai Nikkor 105mm @f:2.5』  4,869,058

SD1 で Ai Nikkor 105mm F2.5 の f:2.5 絞り開放です。全体的にソフトフォーカスですが、芯はあります。悪い描写では無いと感じます。 撮影日:2011/11/20
マニュアル露出、MF、WB「オート」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.235 Σ SD15画像 No.235

 『Ai Nikkor 85mm @f:11.0』  2,809,701

SD15 で Ai Nikkor 85mm F2 の f:11.0 です。回折のせいで、全体的にごくわずか甘くなります。が、気が付かない程度。全く問題有りません。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.234 Σ SD15画像 No.234

 『Ai Nikkor 85mm @f:8.0』  2,897,178

SD15 で Ai Nikkor 85mm F2 の f:8.0 です。非常に良い描写です。完璧。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.233 Σ SD15画像 No.233

 『Ai Nikkor 85mm @f:5.6』  2,881,654

SD15 で Ai Nikkor 85mm F2 の f:5.6 です。ほぼ完璧。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.232 Σ SD15画像 No.232

 『Ai Nikkor 85mm @f:4.0』  2,759,777

SD15 で Ai Nikkor 85mm F2 の f:4.0 です。周辺部にわずかな甘さ。他は問題なし。非常に良い描写。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.231 Σ SD15画像 No.231

 『Ai Nikkor 85mm @f:2.8』  2,565,004

SD15 で Ai Nikkor 85mm F2 の f:2.8 です。周辺部が少し甘い感じ。中心部は良いです。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD15画像 No.230 Σ SD15画像 No.230

 『Ai Nikkor 85mm @f:2.0』  2,195,214

SD15 で Ai Nikkor 85mm F2 の 絞り開放 f:2.0 です。 全体に甘い描写。イヤな甘さではありません。 撮影日:2011/10/20
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.385 Σ SD1画像 No.385

 『Ai Nikkor 85mm @f:11.0』  5,825,656

SD1 で Ai Nikkor 85mm F2 の f:11.0 です。回折のせいで、全体的にごくわずか甘くなります。が、全然悪くはありません。 撮影日:2011/10/19
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.384 Σ SD1画像 No.384

 『Ai Nikkor 85mm @f:8.0』  6,015,990

SD1 で Ai Nikkor 85mm F2 の f:8.0 です。非常に良い描写です。完璧の一歩手前くらい。 撮影日:2011/10/19
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.383 Σ SD1画像 No.383

 『Ai Nikkor 85mm @f:5.6』  6,022,795

SD1 で Ai Nikkor 85mm F2 の f:5.6 です。とても良い描写。左上だけが少し甘い感じ。 撮影日:2011/10/19
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.382 Σ SD1画像 No.382

 『Ai Nikkor 85mm @f:4.0』  5,795,945

SD1 で Ai Nikkor 85mm F2 の f:4.0 です。周辺部にわずかな甘さを感じますが、全体的には良い描写だと思います。 撮影日:2011/10/19
マニュアル露出、MF、WB「曇り」、現像 SPP5.1「オールリセット」からのカスタム。シャープネス -1.0、輝度ノイズリダクション 0

space space

2012
Jan.-26
space

SD1画像 No.381 Σ SD1画像 No.381

 『Ai Nikkor 85mm @f:2.8』  5,284,065

S